神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2018年8月.9月.10月の記事はこちら

2018年5月.6月.7月の記事はこちら

2018年2月.3月.4月の記事はこちら

2017年11.12.2018年1月の記事はこちら

2017年8.9.10月の記事はこちら

2017年5.6.7月の記事はこちら

2017年2.3.4月の記事はこちら

2016年11.12.2017年1月の記事はこちら

2016年8.9.10月の記事はこちら

巨砲
2017.10.31
それにしても悔やまれるのは、昨日書いた紳士の件
一物が宝物か巨砲か、確かめなかったこと・・・
近頃量と勢いは、兎も角として小用の回数だけは人事に引けを取らない小生
無理からでも横に並べば多少なりとも放出できたものを
残念、無念。小用の前の入念な手洗い
どのような高貴なものであろうか・・・・
また、どなたが認定したものであろうか
妻か、恋人か、愛人か、はたまたその道のお嬢さんたちか
もしや、自分で認定したのではあるまいな
そのようなことを考察している間に
「腹に一物」と 言う言葉が浮かんできた。あまり、良い意味ではない
むしろ「股間に一物」の方が良いのではないか
「股間に宝物」ならば尚よい。「股間に巨砲」おっと、これは危険すぎる
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
宝物
2017.10.30
実に不思議な光景を見たので諸君にご報告したいと思う
先日、外食をする機会がありイオンに出掛けた
イオンのレストラン街を選択する辺り、なかなかセレブなチョイスではなかろうか
食事の前には手洗いから始めなければならない
小用も済ませ、石鹸で指の股まで丁寧に洗う
横で手洗いをしていた紳士も丁寧に指の股まで洗っていた
なかなか感心な紳士である
一足先に手を洗い終えたその紳士
乾燥機で念入りに手を乾かし、おもむろに小便器に向かい小用を始めたではないか
ななな何と言うことか、その紳士の一物は宝 物に匹敵するというのか
その宝物は、スケールなのか、持久力なのか
はたまた、どなたが認定するのであろうか
はてなの嵐が頭の中を駆け巡る、日曜日の夕方のこと
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋を出るみゃ~
2017.10.27
急ぎ会場を後にした二人、西も東もわからぬ名古屋の路上で右往左往
太っ腹な小生は「よし、タクシーに乗るぞ」
喜ぶ井長(仮名)何しろ、彼女は腹が減っているのだ
名古屋飯をご馳走するという手段もあったのだけれど
我が家では、たっぷりお肉と山盛り牡蠣のキムチ鍋が待っている
しかも、しかもしかも、名古屋の飯は何を食べても不味い
数年前、何度も泊りで名古屋に来て思い知った
ようやく、名古屋駅に着いた二人はホームへ駆けあがる
幸い「のぞみ」は停まっていたが、行き先を見ると『東京』の二文字
またも、 ホームを間違えた。二人は駆け下り、駆け上り、下りホームに到着する
あと10分で博多行の「ひかり」が来る
何を思ったか井長(仮名)駅のホームの立ち食い「きしめん屋」に飛び込む
仕方が無いので、言うも恥ずかし、自由席の順番とりをしておくからと言い残し
隔離された、貧民のための車両に乗るため、ホームの端っこへと早足でむかった
やがて「ひかり」は到着。二人分の席を確保。「ひかり」は西へと進む
井長(仮名)は来ない。どこかの車両に飛び乗り、隔離された自由席へと向かっているのか・・・
新大阪に着いた。多くの人が下りた。多くと言うよりも全 部が下りた
アナウンスが聞こえる。「この電車は車庫に向かいま~す。」
「ひかり」は無残にも、大人の男と大人の女の仲を引き裂いたのであった
ああ、たっぷりお肉と山盛り牡蠣のキムチ鍋はどうなるのであろうか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋に行くみゃ~⑤
2017.10.26
15分遅れで会場に着いた小生と井長(仮名)は会の責任者に謝り倒し
70名を前に保険の勧誘を始めた
充分にに汗をかいたお陰か、小生の舌も滑らかで
セールスそっちのけで、うんとこさ自慢話を聞かせてやった
残り時間が15分を切ったところで、井長(仮名)にバトンタッチ
井長(仮名)の舌も滑らかで、延々と演説が止まらない
イカン!このまま彼女を放置すると習近平の中国共産党大会における
演説時間を超えてしまう
彼女の演説を途中で遮り、名刺交換に回るよう指示をする
早く終わらなければ、帰りの新幹線に乗り遅れてしま う
しかも、今夜我が家ではキムチ鍋だ
キムチ鍋に、大量の豚バラと大量の生ガキを入れるように、自宅には発注済みだ
帰らねばならぬ
一刻も早くこの場を去らねばならぬ
ゆっくりと談笑を交わしながら名刺交換をする井長。焦る小生
ああああ、指定席を取った新幹線は会場にいる間に出てしまった
どうなるのだ!我々は、明日の完結編を待て
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋に行くみゃ~④
2017.10.25
名古屋駅へ降り立った二人は時計を見た16時
既に遅刻が決定した。本当は地下鉄で一駅。駅から5分の距離
当然、地下鉄に乗ろうと決めていたが、清水の舞台から、いや
名古屋のテレビ塔から飛び降りる思いでタクシーに飛び乗ったんよ
乗ったタクシーの運転手はもの凄い年寄り。多分、小生の父の父ぐらいの年だと思う
顔はもの凄く年老いた原始人に服を着せたような感じ
現代語が通じるかどうか不安であったが、こちらの言うことはわかる模様
だが、原始爺さんの言う言葉が、二人共一切聞き取れない
が、どうやら我々の行きたい目的 地(都会のど真ん中)が分からないらしい
井長(仮名)が地図を出して説明をする。原始爺さん、やはりわからない
駅前は渋滞しているんよね。原始爺さんカーナビに住所入力を試み始めた
小生も手が震えるが、原始爺さんの手の震えが半端じゃない
手の震えと言うよりも、腕の震えと言った方が的確なんよね
思わず、後部座席から声にならない声で「がんばれ~原始。がんばれ~爺さん」と叫ぶ
とてつもなく長い時間を掛け、住所入力を終えた原始爺さん
飛ばす。マンモスを追いかける勢いで飛ばす。ほとんど、死と隣り合わせの運転技術
会場には5分遅れで駆 け込んだ
まだまだこの道中は終わらない。嫌だろうが明日も名古屋のココロだみゃあ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋に行くみゃ~③
2017.10.24
自由席と言う貧民窟のような場所で二人は祈った
「のぞみ」が「ひかり」を追い抜きますように
二人して、足で床を漕いだりした。 しかし「のぞみ」には全くその気が無いようで、京都で停まったりしている
この調子だと会場には10分以上の遅刻だ!
与えられた時間は60分。聴衆は70名
10分×70名=700分。つまり11時間以上も聴衆の時間を無駄にすることになる
小生「こうなりゃ仕方が無い。言い訳を考えよう」
井長(仮名)「・・・・・・」
小生「親が急死したと言おう」
井長「それなら ば、名古屋に向かうこと自体が、おかしいじゃありませんか」
小生「電車が込み合っていて遅れたことにしよう」
井長「・・・・・・」
もう、混乱して上手な嘘が思いつかない。本当に正直者は辛い
そうこうしていると、井長がおもむろにメールを打ち出した
暫くして、会場の責任者より返信メール。「いいですよ」だって・・・
どんな嘘をついたのだろう。誰が死んだことにしたのだろう。知りたくない
やがて「のぞみ」は名古屋駅に到着。続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋に行くみゃ~②
2017.10.23
走り去ってしまった「ひかり」を追いかけ「のぞみ」に乗車する二人
「のぞみ」に望みを掛けた訳やね。なかなかナイスなセンスやね
さて、「のぞみ」には乗ったものの指定席がない
生まれて初めて乗る『自由席』。自由という名は付いても
自由ではない。大の大人が席の取り合い、罵りあいをする場やからね
当然、血の雨が降ることもあるよね
要は貧乏人を詰め込む車両が『自由席』
しかも、16両編成の1号車から3号車が『自由席』
言わば、貧乏人を隔離する目的で作られたのが『自由席』というわけ
この辺に、JRの 陰湿な体質が浮かび出ているよね
幸いなことに、血の海を泳ぐことなく席を確保した二人
ようやく、貧しい中にも安らぎを得たんよ
後は、「のぞみ」が「ひかり」を追い抜いてくれることを祈るだけ
生まれて初めての『自由席』で気づいたことが一つ
車内販売のお姉さんの歩く速度が速い
「けッ!この貧乏人どもめ。間違ってもビールなんかは買うめぇよ」
と思っているんやろうね。この続きは明日のココロだみゃあ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名古屋に行くみゃ~①
2017.10.20
井長♀と一緒に名古屋に出掛けた。老いらくの恋ではなく、日帰り出張ね
17時には指定の場所に着かねばならず、雨が続く天気の中
綿密に計算をし、緻密なスケジュールを組んだんよ
予定通り15時に会社を出発し、珍しくも空いている高速道路を走り抜け
地下鉄の駅前にあるパーキングにゴールイン
ゆっくりと車を駐車位置に停めた時、隣の席から井長が叫んだ
「あっ、新幹線が出る」乗車予定の新幹線は新神戸(15:29)→ひかり474号→名古屋(16:34)
駐車場に着いたのは15時25分。ここから新神戸までは走って転んでも30分掛かる
諸君、考 えてもみたまえ、会社から新神戸駅まで90分は掛かる
どうして、15時に会社を出て、間に合うかどうか、小学生でもわかる
井長に説教しようかと迷ったが、説教は5分だけで済ませ
地下鉄のホームへと向かった。地下鉄車内では落ち着きを取り戻し、いつもの紳士に戻る
隣に座っていた男が、次の駅で降りた時、傘を忘れたことに気づいた小生は
落ち着き払い「傘をお忘れですよ」と優しく手渡した
その時、気づいた。小生の傘が無いことに・・・
どうなりますやらこの出張。続きは月曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本当にお腹周りはすごいよ
2017.10.19
商品名を実名で書くのは気が進まないがあえて書こう
「エースコックのワンタンメン」はちょっと美味しい
「エースコックのワンタンメン」が生まれたのは、小生が生まれる以前
多分、1963年だと思う「♪ブタブタこぶたおなかが空いた♪ブー」のCMソングは有名だ
この「♪ブタブタこぶた♫」を漢字に置き換えてみると「豚豚子豚」なんと生々しい事か
肉屋の店先に吊るされた、子豚の丸焼きを思い出すのは小生だけだろうか
さて、本題に入ろう。この度「エースコックのワンタンメン」を箱買いした
何も、自分一人で食べようと思ってのことではない
急な残業で帰るに帰られず、腹を空かせた社員たちのためにドーンと購入した
世間でいう、福利厚生っちゅうやつでんな
なんと太っ腹な社長であろう。太っ腹な社長に幸いあれ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ボラボラ
2017.10.18
外回りの仕事が早く終わり、安らぎを求めて垂水駅前の商店街をブラブラとね
ブラブラと言ってもブラジャーのことではない
まして、金時計の振り子のことでもない
目的もなく歩くことをブラブラ歩きという
タヒチではボラボラという
覚えておいて損は無い知識だと思うよ
その商店街で衝撃が・・・・先日東山商店街で見つけたバナナ
包装も同じのそのバナナが12本で100円で売っていたんよ
東山商店街では8本で100円。同じものが12本で100円
お金の細かい事を言うのは何だけど、この差って何よ!
あの喜びは何だったって言うのよ!
もう怒った。今後、少々のことでは感動しない
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
奇族と後続の遭遇
2017.10.17
これだけは真剣にお願いしたい
下手な報道をされると日本中が大混乱する恐れがある
世間の人は信じないかもしれないが、それは全くの偶然だったんよ
京都駅は新幹線のホームへと続くエスカレーター
登戸下りのホームを間違え、上りのエスカレーターに乗ってしまった
数段先を見上げると、畏まった京都駅々長の姿が見える
駅長の視線の先を何気なく見ると、そこには高円宮妃のお姿が
まずい、こんなところを、フライデーやら週刊文春、はたまた週刊新潮の記者に見つかりでもしたら
日本を揺るがすスキャンダルになるだろう。スキャンダルになるにしても
せめて、名刺交換だけでもと思ったが、5名のシークレット・サービスに阻まれ近寄れない
ならば、侍従の方との名刺交換をとも思ったが鉄壁の守り故それすら叶わない
シークレット・サービスの方との意見交換をとも思ったが、怖くて近寄れない
「示し合わせていないなら、何故、岡山へ向かう筈のお前が東京方面のホームにいるのか」って
うちの社員に聞いて貰えりゃ分かるけど、そんなこと、しょっちゅうなんよ
その日もね、過去三回も宿泊したことのある「新・都ホテル」へ向かう道中。
雨の中、足を引きずるほど逆方向に延々と歩き、同行の長井女史には 心の中で切れられまくっていたほどなんよ
それにしても、なんやね。小柄な高円宮妃、凛とした威厳には周りを圧倒するオーラだあったよ
もう一度言う。示し合わせた約束じゃないからね
ああ、そうそう。シークレット・サービスの方にはねぎらいの言葉をかけておいたからね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
爆買い
2017.10.16
庶民の皆さんこんにちは
昨日、市場に行ってきました
我が街神戸では、大きい規模に入る湊川商店街です
やはり、庶民の皆さんを理解しようと思えば
イカリスーパーばかりではアカンのです
買い物の目的は、一本60円の串カツの大人買いです
金に糸目はつけませんので40本買いました
店の人はさぞ驚いたことでしょう
盆と正月が一緒に来たと思ったかも知れません
ついでに、8本で100円のバナナも買いました
白菜もひと玉100円でした。
10枚買うと1枚おまけがついてくるという平天も10枚買 いました
余りの安さに、興奮してしまい、爆買いに次ぐ爆買い
決して、羨まんといてください
一生懸命頑張れば、皆さんにもこんな日が来ることでしょう
今日は朝から、京都で仕事です。もちろん、新幹線ではなく新快速です
なぜなら、新幹線は電車賃が高いのです。どちらに乗っても『新』が付いているしね
では、出発進行
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
爪の汚れは勇者の印
2017.10.13
キノコを狩るのに素人は手袋をはめる
われら、ハンターは素手で狩る
爪の間に山の土が忍び込む
しるしじゃ、勇者の印じゃー
本当の闘いは、帰宅後に待っている
落ち葉がへばりつき、キノコ虫が這いまわるキノコを
一本一本、洗う。ヌメリイグチは丁寧に菅口(かんこう)を取り除く
管口が残っていると、腹を下しやすい
手がだるい。肩がこる。これも勇者の印じゃ
少々のキノコ虫は気にしない。むしろ、良質のたんぱく源と言えよう
山歩きの疲れもあって、精も根も尽き果てたころ下準備が完了
後のことは、下々に任せ風呂に入り、キノコまみれの山を振り返る
まさに、極楽である。爪を洗っても土は落ちない これを勇者の印と言わず何を勇者の印というべきか 日本酒の準備に入る。キノコ鍋には辛口の燗酒がよかろう 諸君も休むがよかろう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
きのこの山
2017.10.12
平成29年10月8日日曜日この日は六甲山再度公園周辺は
後世に語り継がれる日となるであろう
久しぶりに参加した「きのこ観察会」
神奈川県川崎市に居を構えるリーダーの元、我々キノコハンターは粛々と集まった
その数、約20人。多すぎる。余りにも多すぎる
昨日の雨が我々の期待を一段と高める
集合場所周辺にもキノコがちらほらと散見できる
彼らの希望は、キノコの種類数
小生は、食用菌。ただそれのみ
なんと、10月だというのにタマゴタケを見つけた強者(つわもの)もいる
暫くすると 、目も慣れてきてキノコ目へと変貌を遂げる
至る所にヌメリイグチが生えているではないか
食べられぬキノコ及び毒キノコは他人の籠に放り込む
小生の籠は、ヌメリイグチ、オオギタケ、ハッタケ、アミタケ
多分、ムラサキフウセンタケで溢れかえる
過去、信州以外でこんなに大漁はあっただろうか。祭りじゃ、祭りじゃ
今宵はキノコ鍋じゃ。キノコご飯じゃ
紙面が尽きた。続きは明日のココロじゃ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ロシアンフェア
2017.10.11
席を立とうとしたその瞬間、主催者の女性が前に立ち
「皆さん、この後、○○監督による処女作映画の解説と案内があります」と叫んだ
実は主催者の女性、四半世紀以前からの友人である
席を立つに立てない。会場の後ろでピロシキなどの準備をしている間に
監督に話をさせようという魂胆だ
もちろん、ピロシキはただではない。結構高い
昔に食べたが、パルナスのピロシキの方が安くて美味しい
パルナスのピロシキをご存じない方のために、少し解説をしよう
1947年に神戸で創業。ピロシキなどのロシア風菓子を中心に製造販売していた
小生が口にしたのはずーっと後になってからだが、初めて出会ったロシアであった
話を元に戻そう。監督は一人の「このハゲー」と
出演しているロシア人二人を引き連れてやってきた
この監督、話が長い上に面白くない。ロシア人㊛が綺麗から我慢した。
ようやく終わったと思えば、ほかの3人もしゃべるという
しかも、ロシア人㊛は日本語を話すがロシア人㊚は日本語ができない
この男、日本語が話せないくせに話が長い
要約すると、滋賀県で撮影したけどロシア人がいっぱい出ているアクション映画
観に来てね。と4人が4人とも言っているの だ
ようよう、話が終わったところで小生は逃げた。この上、ピロシキを
買わされちゃたまんない。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ミレナ・ヌル 2017.10.10
元町までミニコンサートを聴きに行ってきた
歌手はカザフスタン共和国のミレナ・ヌル
30人が定員の、小さな会場で開かれたコンサートなんよね
小生に与えられた席は、最前列の真ん中
歌手との距離は1m20cm
足を前に伸ばせば、青いドレスに当たってしまうので
膝を直角に、腰を直角に、まるで絵の下手な小学生が書くような姿で畏まったんよ
歌は、多分、カザフ語かロシア語、一言の単語すりゃ分かりはしない
カッと目を開けてミレナさんを見つめて必死で聞いたよ
目をつぶると猛烈な睡魔が襲ってくるよ
何しろ、歌手との距離は1mと少し、船でも漕ごうものなら
ばれることは請け合い。痣ができるほど膝をつねったり
来たことを後悔したり、神様、早くコンサートを終わらせてと、いきなり入信したり
まぁ、大変な一時間。やがてコンサートが終わり席を立とうとしたその時
第二の悲劇が・・・・続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
秋の夜長の麦酒 2017.10.06
諸君、夏の盛りのビールのシーズンも終わりを告げようとしています
やって参りました、ビールの秋。待っていました秋の夜長の🍻ビール
ビールを語る前に、諸君に知って頂きたいことがあります
「とりあえず、生中」と頼み、ジョッキに入ったビールをありがたそうに押し頂くあなた
実は、「生ビール」と「瓶ビール」の中身は全く同じものなのですよ
現在、大手ビール会社で「生」ではない「熱処理」をしたビールは
キリン「クラッシックラガー」サッポロ「サッポロラガービール」
そして、「アサヒスタウト」だけなのですよ
ジョッキ のビールはビアサーバーの手入れやビールの注ぎ方で味が大きく変わってしまうという理屈
しかも、ビールの樽は業務用で8~20ℓ程で営業中はサーバーに接続されている
つまり常にガスが徐々にぬけている状態なのです。これを私はビールのすかしっ屁と呼んでいる
そして、中ジョッキと中瓶の価格は500円前後で、瓶の方が高い場合があっても、20~50円程度だ
生ビールの中ジョッキの容量は約350cc
対して瓶ビールの中瓶は500cc諸君、「取りあえず、生中」と言う生き方を改めようじゃないか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ケチで言うのじゃないが、今月はチト苦しい 2017.10.05
おばちゃんが一人でやっている小ぶりな総菜バーに行くと
必ずと言って良いほどビールをせびる
他に客がいないときは最悪である
2本も、3本もせびろうとする。本当に嫌になる
客にビールをせびらんでも、店にあるお酒は全~部、あんたのやさかい
好きなだけ飲んだらええねん
そりゃー、長い、長~い付き合いかも知れんよ
でもね、昔、むか~しは、あんたも若かったんよ
もちろん、小生も若かった。今は互いに齢を取ったよね
酒を奢りたくなる年齢は、遠~い昔におわったんよ
小生はどうなんやてか 。大丈夫、今も昔も誰も相手にしてくれへんさかいに
そうして店は廃れていくんやろうなー
ついでに教えといたる。ビールの小瓶は置くな。小瓶を見ると悲しくなる
餃子の王将で瓶ビールを頼んでみるがよい
大瓶がでーんとくる。大瓶を見た瞬間疲れが取れ明日への希望が湧こうってもんよ


拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ゲリラ戦 2017.10.04
それはそれは悲惨な戦いじゃった
ゲリラ戦は午前1時32分に始まった
一戦目は余りに素早いゲリラ戦の為、危うく一線を越えてしまうところじゃった
危機一発で駆け込んだものの、装備を整えるまでに攻め込んでくる敵
何とか、危機を脱し、再び宿営地に戻る
次に下痢ラが攻めてきたのが午前3時30分丁度のこと
流石に小生も馬鹿ではない。ちゃんとパンツ一枚で待機しておった
攻める下痢ラ、守る小生
午前7時に最新兵器「モビプレップ」とやらを装填した後から始まった
激しい戦い。トイレに駆け込むこと7回、つ いに小生は勝利した
お尻から出るのは透明な湧水
今日は大腸の健康診断日。病院のスタッフの皆さん楽しみにして居てください
新鮮で美しい大腸をお届けします
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
小生も陰湿な環境が好き 2017.10.02
最近、コケに興味を持ちだしたんよ
「こけにする」じゃなくって、本物の苔。そこの、あんた「舌苔(ぜったい)」でもないよ
舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患が考えられるから
早めに病院へ行くか、口を清潔にしてね
関心が湧いてきたのは『苔』スギゴケやヤマゴケの苔
苔には大きく分けて二つの仲間がいるんよね
「地衣類(ちいるい)」と「蘚苔類(せんたいるい)」があるみたいよ
そこに敢えて加えるなら「苔じゃない苔」
「地衣類」は菌類のうちで、藻類を共生させることで自活できるようになったものらしいよ
一見ではコケ類などにも似て見えるけど、形態的にも異なり、構造は全く違うものなんよね
小生が惹かれているのは「蘚苔類」なんよ。京都の苔寺にあるのが「蘚苔類」
水中に生活する藻類と陸上に生活する維管束植物との中間に位置し
陰湿な環境を好む小型の植物で植物界の両生類ともいわれるらしいよ
ポケット顕微鏡も用意したよ。時折、ブログに登場すると思うけど覚悟してね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
旅情 2017.10.02
史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮するであろう
慎重に考慮した結果、小豆島までの一人旅に出かけた
もちろん、車は家に置いてきた
史上最強の超高速日帰り旅を断行したのだ
岡山駅から両備バスの乗り、約40分で新岡山港
フェリーの乗り継ぎにはバス乗車券とフェリー乗車券がセットになった
「かもめキップ」がお得で便利。その「かもめキップ」をしっかと握り
一路、新岡山港へ。新岡山港から船に乗り土庄までは70分
ビールを入手したかったが、時間がないので港のコンビニで買うことにする
港に着いた 。コンビニを探した。コンビニどころかポストすらない
焦る、焦る、焦る
こんなことなら、もっと慎重に考慮すればよかった
泣きそうになりながら、船に乗る
なんと、船内にはきつねうどんの暖簾が・・・
もしやと思って駆けつけてみるとスーパードライがずらり
高かったけれど3本を購入。今回の旅は成功
もう、何も言うことはない。

拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
◎謹製 〇金星 △金性 ×禁制 2017.09.29
昨日は残業でね、たった一人で事務所を死守したわけよ
この広くも狭くもない事務所をたった一人でだよ
手元に緊急時に押せばザ・ガードマンが飛んでくるスイッチを握りしめてね
まぁ、当社ほどの規模になればざ・ガードマンが飛んできても当たり前なのですが
何?「楽天カードマン」の間違いじゃないかって・・・
違うわい。あんなのが飛んできても借金が増えるばかりじゃい
でね、腹が空いては戦ができぬと思い、庶民の皆さんがよくいく
セブンイレブンで大きなコロッケとおにぎりをを2個買ったわけであります
そのコロッケには『謹 製 Deliソース』なるものがついておりまして
しかも、2個もついておりまして『謹製』ではなく『金性』なら男性限定なのにな
なんて考えながら一個だけ絞り出し、もう一つは家族へのお土産としたのでありました。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
アベック 2017.09.28
出た出た月がではなくて
有効期限が明後日までの「神戸港散策チケット」が出てきたのである
神戸人は恥ずかしくって絶対に登らない、あの神戸ポートタワーの入場券2枚と
観光客がいっぱいの神戸港遊覧船神戸ベイクルーズのチケットが2枚
しめて4,200円分である。なんということか
4,200円あれば丸亀製麺で釜揚げうどんが15杯近くも食べられる金額である
考えただけでも眩暈がするではないか
明後日までに小生が動くことは至難の業である
チケットが各二枚ということはアベックで行けるのである
昔、王と長嶋がアベック ホームランを打つ度に涙した記憶がある
アベックで神戸ポートタワーに登って
神戸港を眺め、遊覧船で沈む夕日を見た後にアベックに何が起こるのか
一線ですよ、例の超える超えないの一線・・・・チクショウ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
久しぶりの台湾マッサージ 2017.09.27
日々の激務に耐える体づくりのため
久しぶりに台湾マッサージへ行ってまいりました
頭をよく使う仕事のため、頭のマッサージをお願いしました
やってくれたのはナナちゃんです
前回もお願いしたので手順はあらかた覚えているのですが
なんだか、前回とちょっと違ったので書いてみます
頭のマッサージと言いながら、半分以上は顔のマッサージを続ける
「お兄さん、痛くないですか」と訊かれるのですが
小生は「ナナちゃんのお手々はだるくないですか」と思ってしまいます
頭髪を二つまみほど纏めて引っ張り、そのあとグ シャグシャにかき回す
これを繰り返す。これは自毛か植毛かを確かめているのだと思います
この技は前回には無かったように思います 右耳に人差し指を突っ込みかき回す。これは不思議です 最後まで左耳には、指を突っ込まれませんでした この技は、前回には絶対にありませんでした やはり、不思議の世界の台湾ワールドでした
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
knocking 2017.09.26
燃料切れの恐怖を体験なさった方はいらっしゃいますか
庶民の皆さんはご存じないだろうけれど
高級車も、ガソリンや軽油がなければ走らないのだよ
自慢が嫌だからあまり言いたくないのだけれど
小生の車は軽油で走る中途半端な高級車なんよね
で、昨日から燃料ランプが点いていて、給油しなけりゃやべぇなって思ったの
朝にエンジンを掛けて、フロントの表示を見ると30㎞の走行が可能と出ていたの
会社までは17㎞、いつものガソリンスタンドまでは10㎞だから余裕、余裕と思ったよ
あぁ、ちょっと解説をしておくね。中途半端な高級車は ね
後、何㎞走ることができるかが表示されるんよね
話を元に戻すと、余裕を持って家を出て、いつものガソリンスタンドまで1㎞の所でね
走行可能距離が0㎞と表示されたんよね
その内、ガス欠寸前のシンボルknockingも始まってね、冷や汗が足ら~り
体でハンドルを押したりしながら、ガソリンスタンドへ滑り込みセーフ
ビジネスホテルに宿泊すると、夜中に謎の女性がknockingして来ることが
良くあるって聞いたけど。ドアを開けると2万円出せって言われるらしいよ
良くは知らんけど・・・・いずれにしてもknockingは怖いね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
アトリ 2017.09.25
昨日、家族に疎まれながらも自宅に引きこもっていた時のことです
外がなんだか騒がしい。スズメの声ともちょっと違う
空を見上げると電線に沢山の小鳥がとまっているではありませんか
慌てて、わが愛用の双眼鏡を取りに階下へ走り
双眼鏡をむんずと掴み、はやてのごとくベランダへ
小鳥たちに双眼鏡の焦点を合わそうとするものの
階段を駆け上ったおかげで、息はキレるわ、手は震えるわ
鳥を見るどころではない状態。5分後ようやく正常な状態に戻ったので
舐めるように彼、彼女たちを観察した結果、なんとアトリの大群
集団になるために集まる鳥だからアトリ。嘘のような本当の話
やった~、久しぶりに出会えたアトリ~
スズメを一回り大きくした愛らしい姿にしばし恍惚
自然はね、偉いよね。季節の便りを確実に届けてくれるよね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ロス疑惑 2017.09.22
アムロスなる言葉が生まれたらしい
歌手の安室奈美恵さんが来年9月に引退することが言葉の生まれた原因らしいよ
考えてみた、もし、小生が来年9月で引退すると発表したならばと
多くの方がショックを受け『ヨコロス』と言う言葉が生まれるであろう
そういや、昔、米国のロサンゼルスで起こった殺人事件の嫌疑を掛けられた三浦和義
には『ロス疑惑』って呼ばれていたな、な~んて関係ないことを思い浮べたりしたよ
で、『ヨコロス』はニュースに取り上げられるであろう
まぁ、当社の発行する新聞「ほけんやニュース」にだけどね
ま た、多くの人が涙を流すことだろう
特に、保険会社の担当者は歓喜の涙を。社員たちは安どの涙を・・・
多くのお客様は来年9月と言わず、来週にも引退しろと言うだろう
ひょっとすれば、不安で悲しくて何も手に付かず悲しみの涙を流すのは
収入の道を断たれた家族だけかもしんない。だから、意地でも引退しない
だれが辞めてやるもんか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ウメ~ 2017.09.21
庶民の皆さんこんにちわ
今日のお昼は庶民の皆さんの気持ちを理解するために
1枚108円の肉無しお好み焼きを買ってきました
自分だけ食べるのは気が引けたので社員たちの分を含めて6枚買ってきました
6枚買っても648円です。普段の昼食は35,000円位の何たらコースを食べているので
屁でもない額でございました。むしろ、小銭がはけてせいせいしました その時、事務所には6人しか人がいませんでした
その内、二人は昼食を終えていましたが、食べる!絶対に食べると主張し
一枚ずつ、奪って行きました。残った二人は昼食を食 べていません
昼食を食べていない女性、井長(仮名)が3枚強奪して行きました
小生は事務所に、これ以上居ると危ない、もうすぐ本吉(仮名)が出社して来ると判断し
社長室に飛び込んで、庶民の味を貪り食いました
斉藤由貴様は「この頃、飯が不味い」とおっしゃいましたが
小生は、滅多に食べぬ、庶民の味が「うめぇ~」とヤギのような声を出してしまいました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ストレス 2017.09.20
庶民の皆さん。ストレス対策はしていますか
我々、奇族も高い次元でストレスを抱えています
マルエーのお米も10㎏辺り100円も値上がりしました
業務スーパーの白菜も1/4単位でしか買えません
これらのことを、経済の根本に遡り高い次元で考えるだけで憂鬱になります
我ら奇族は、詠い、茶の湯、フェシング、乗馬、テニス等で
ストレスを解消しています。小生はテニス🎾です
ところが、コートが悪いのか、ラケットか、はたまたコーチのせいなのか
中々、上手くなりません。先週は、ラケットを持たずにコートに行き
借り物のラケットで、練習&試合をしたところ
ラケットが小生の腕に付いてこず、4試合の内4試合を落としました
相手の中には、庶民の女子中学生もいました
ちょっと綺麗な三十路の女性もいました
いつもは1勝3敗のペースなので、ラケットが変わるだけで
こうも成績が落ちるのかと不思議な思いでいます
最近はテニスのことを考えるだけでもストレスなので
テニスを止め、ふぇっ寝具に代わるかも知れません
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
トドのつまり 2017.09.19
『海獣トドが便秘で苦しむ様』と思っていたあなた
もう一度、小学校からやり直すが良い
小生などは、20歳のころにはその意味を知ってたもんね
おぼこ⇒いな⇒ぼら⇒最後は「とど」(地域によって呼び名は変わるが)
この出世魚、随分と人々に親しまれていたらしく
成長過程のそれぞれに我々と関りを持った言葉に置き換えられているんよね
おぼこ=幼女
いな =「いなせ」の元となった言葉、江戸日本橋の若者の間で流行した髪型
それが、いなの背びれに似ていたかららしいよ
ぼら=ボラはまぁ言うまでもないのでこ こでは触れない。絶対に触れない
メスの卵巣からはカラスミがとれるよ
とど=とどのつまり、これ以上難しいことを述べても諸君には理解できまい
連休明けの頭の体操はこのぐらいでお開きにしよう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
これまでにない強い言葉で非難します 2017.09.15
いじめっ子の北君がぼくに向かって石を投げたり
米村先生がしちゃいけないって言っている爆竹をしているので
ぼくは、中村君を介して何度も注意しました
何故、直接北君に言わないのか、その理由は簡単です
北君は何をするかわからないからです
中村君は体も大きく力も強いので大丈夫だと思いました
ぼくは、いつか先生に見せようと思
って、北君に注意したことを書き留めています
爆竹をしているのを見た時には ・「そんなことは危ないよ。米村先生に言うよ」
石を投げてきたので
・「やい、白豚! アッカンベーだ」
ロケット花火を撃って来たので
・「ヘロヘロベー、お前のかあさん出ベソ。もひとつお前も出ベソ」
ぼくの家の上を跳び越すようなロケット花火を撃って来たので
もっと強い言葉で言いたいのですが「この、朝鮮が」なんて言葉は差別言葉だし
どなたか、これ以上、北君が悪さをしなくなるような強い言葉を知りませんか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
「うん。はい」 2017.09.14
耳鼻科に行った時のこと
その耳鼻科は次に診察を受けるものが、診察椅子の真後ろで待機するんよ
だから、診察台の人の鼻へ内視鏡を入れてる際にも
患者に見せるための画面で丸わかり。まさにリアリティショー
でね。その時はジーンズを超ミニサイズに切ったようなショートパンツのお母さんが
赤ちゃんを連れてやって来たんよ。その時の会話
医者「熱は夕べから出たのですか」
はは「うん。はい」
医者「今朝も熱があったのですね」
はは「うん。あっ!はい」
医者「下痢も止まらんのですね」
はは「うん。あっ!はい」
延々と続く「うん。はい」を中心とした言葉の繰り返し
きっと、家でもどこでも「ハイ」という言葉を使わんのやろうね
お前はどうだって?「「うん。はい。大丈夫です」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
拝啓、豊田 真由子 様 2017.09.13
あなた様の「文芸春秋」誌による反論に呼応するかのように
またまた、暴言テープが出ましたね
どのような理由を述べようと、あなた様には品位の欠片も無いのです
あなた様は東大を出て厚生省に入ったのですよね
世間で言うところのエリートですね
赤門をくぐるぐらい、少し努力すりゃ誰でもくぐれるのですよ
私も赤門はくぐりました。昨日お話をした、パンティを頭に被せてくれた女性とですが
いえいえ、赤門をくぐった時にはパンティは本来あるべきところに戻っていました
赤門はくぐっただけですよ。そういや、浪人中は京大の学食 にお世話になりました
ある日、食堂のおばちゃんに「あんた、此処の学生と違うやろ」と見抜かれ
それ以来、足が遠のいてしまいましたが・・・・
さて、話を元に戻しましょう。中々、品性の有る政治家なんていないのですが
あなた様は飛び抜けて、下劣な方なのですよ。姿見で御身をご確認ください
学問は積んで来たのでしょうが、謙虚さや優しさや思いやりの勉強をしなかったのですね
どうかお願いです。これ以上無駄な血税を使わないで下さい
辞職が今のあなたにできる国民への最大のプレゼントなのですから
                                 不一
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
拝啓、斉藤 由貴 様 2017.09.12
色々とお疲れ様です
今回の週刊誌報道までは貴女のことは存じ上げませんでした
今回の報道であなたのお姿を見てファンになりました。
あくまでも私見ですが、今のあなたに言い寄られると
10人中8人の男はイチコロでしょうね。はい、私もイチコロでやられちゃいます
最近、台湾式マッサージの綺麗なお姉さんに、施術中、額にあごを乗っけられやられちゃいました
あなたのパンティを被った男性医師も素敵ですね
私も若かりし頃は、交際中の女性のパンティを被った経験が一度や二度ではありません
あなたはモルモン教徒だそうですね 。私はホルモン教徒です
不倫が罪かどうかは知りません。もし、罪ならばご安心下さい。
神は罪びとを許すために存在しているのですから
あなたは政治家ではありませんから、社会の規範を示す必要はないのです
あなたを非難する人たちも、きっと心に曇りを持っています
男女を問わず、美男美女はモテます。お金を持っていてもモテます
言葉がうまく優しくてもモテます。これは変わることの無い真実です
最後に、写真はだめですよ。絶対にダメです。それよりも
心のシャッターを押しなさい。御身お大事に  敬具
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
男は肉丼 2017.09.11
男は肉丼。男は絆
日曜日の午前中。九月と言うのに夏日の中、行って参りました
そう、知る人ぞ知る。知らぬ人は知らぬ
あの、肉屋の営む肉丼屋へ「おぼや」へね
11時に行くと、11時半開店だと冷たく言い放たれ
元町高架下で時間をつぶし、11時20分に行くと既に列が出来ている
一人ならば諦めて帰るところだが連れが居る
固い絆の男三人組、生まれる時は別々でも
北朝鮮がミサイルを撃って来た時ゃ~、一緒に死のうと誓った三人
裏切る訳にはいかぬ。渋々列の最後に並ぶ
11時30分になっ ても案内が無い。炎天下に並ぶ人たち
一人ならば諦めて帰るところだが連れが居る
固い絆の男三人組。じっと堪えて時を待つ
11時35分、ようやく店内へと通される
名前は呼ばれるが、席への案内は無い。笑顔も無い
怒りは頂点に達しかかる。好きな席へと言われてようやく確保した四人席
怒りに燃えた目で瓶ビールを頼む
出てきたビールはアサヒ スーパードライの大瓶。しかもキンキンに冷えている
怒りのメーターが急激に落ちる。散々待たされて出てきた「おぼや丼」「から揚げ」
うっ旨い!三人の男たちの顔に笑顔が戻る
店員さえ居なければ紹介したい店の一つである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
掲載は無理だろうな~ 2017.09.08
有名人の不倫報道が相次いでいるよね
山尾志桜里衆院議員も一線は越えていないって釈明しているしね
山尾議員が立候補した時に『検事の経験を活かし社会を変えて行きたい』
なんて言ってたけれど、一夫一妻制を変えるってことなのかな
もし、小生が有名になって不倫写真を撮られた場合を想像してみたよ
文春「横田さん、斎藤由貴さんとラブホテルに入りましたよね」
小生「撮られちゃいましたか。いやぁ、面目ない」
文春「一線は越えられたのですか」
小生「一戦どころか二戦も頑張っちゃいました。疲れたけど気持ち良かったですよ」
文春「ご家族に申し訳ないと思わないのですか」
小生「記者さん、あなたはご自宅以外で食事は、とらないのですか」
文春「・・・・・・」
小生「食事はね、出来るだけ自宅でとろうとは思うのですが
たまにはね違う料理も食べたいのですよ」
文春「と言うことは、斎藤由貴さんと愛し合っているのですね」
小生「愛し合っているかどうかは二人だけの問題ですから
お答えする義務はありませんな。ワッハッハッ」
なんて答えるだろうな。間違いなくね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
早起きについて考えよう 2017.09.07
庶民の皆さん、庶民から脱却する術を教えよう
それは「早起き」をすると言うことなのだ
午前5時起床を習慣づけ給え
もちろん、土曜日も日曜日もだ
部屋の窓を開け、ウォーキングに出掛けよう
もちろん、家族は起こしちゃいけない
起こしてしまった日にゃ、後のトラブル処理が半端ない
速足で歩こう。ジョギング中の太ったおばさんを徒歩で抜かそう
帰宅後はシャワーだ。お腹の減り具合もMAXで食卓に向かおう
ホカホカのご飯を期待してはいけない
家族にそんなことを求めると、後のトラブル処理 が半端ない
昨日の残りご飯に、鮭ほぐしを振り掛け、生卵を投入
わっさわっさとかけこもう
次は仕事だ。朝早くに会社に行こう
ゆっくりとメールをチェックし、本格的に始動する
そうこうする内に昼ご飯の時間だ
大盛りカップラーメンを腹いっぱい食べよう
昼ご飯の後は眠くなる。13時眠気の開始
14時眠気との戦い。15時眠気のピーク。16時本格的な居眠り
さあ、17時になった。帰宅の準備だ。明日も早起きの為
夕食後にはすぐに寝よう
諸君。こうやれば庶民の暮らしから脱却できるであろう
職も失い自由人間違いないからね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
異業種交流会。思った以上に良かったよ 2017.09.06
知人の紹介で異業種交流会に行ったよ
だいたいがね苦手なんよね。人と接するのがね
何しろ目標は、日本一の引きこもりのほけんやだからね
何とか、お断りをしようと思ってね
その日のスケジュールを見なけりゃ何とも言えんよと言ったらね
「大丈夫よ♪朝の6時半開始だから・・・・」
なんだって・・・・までの経緯は以前に書いたよね
でっ、行って来ましたよ。指定された目的のホテルの2階についたら
会議室が二つ、片方には「企業オーナーの為の倫理法人会」
もう一方には、「サムライチャプター」の看板が
迷わず企業のオーナーの為の「倫理法人会」の会場へ
中は50人ほどの人たちが熱心に講演を聴いている
もう既に始まっているようだ。席に案内される
倫理が倫理がの公演が終わると割れんばかりの拍手
何だか、宗教にも似た異様な熱心さ・・・・
30分程聴講していたが、何だかおかしい
何かが違う。隙を見て会場から飛び出す
そう、入る部屋を間違えていたのでした
「企業オーナーの為の倫理法人会」皆さん堪忍やで~チャンチャン
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
串勝つ 2017.09.05
9月4日は「串の日」らしい
このことは串カツを愛し、コレステロールを恐れる者達の常識である
と言うわけで二人で「串乃家」に行った
誰とだって? 残念ながら串カツ好きのおじさんと行ったのでありました
「串乃家」では、客が好きな串カツを注文するのではなく
「串乃家」の決めた串カツがストップと言うまでどんどん出て来るシステムで
料金もどんどんどんどん加算されると言う、甚だ恐ろしいシステムなのであります
しかも、出てくるペースが速い為、連れとの会話を楽しむ余裕もなく
串との格闘を余儀なくされる、孤独な戦場 なのでありました
暫くすると店員が「今日は、食事料金が2割引きの上、じゃんけんで勝つと3割引き」
などと、粋なことを云うではありませんか
その後の二人は会話も少なく、頭の中はグーを出すか、チョキに掛けるかパーはどうだろう
更に、どちらが勝負に出るか課題が山積みの状態
結局、体調の頗る良い小生が代表選手として女将と対戦したのでありました
女将の顔を見た途端に、この女は切れると分かりハサミを砕く石で勝負に出ました
結果は小生の勝ち。「女将よ、小生に戦いを挑むなど100年早いわ」
3割引きじゃわっはっは。これが真の串勝つで ありまする
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
恐怖の午前6時30分 2017.09.04
姫路にある焼き鳥屋へ自動車保険の新規契約の手続きに行ったんよ
今後の展開を考え井長女史(仮名)を伴ってね
その日に限ってお店が暇だったので、契約手続きはとってもスムーズ
あっという間にね終わったよ
その後は、店主とその奥方を交えて軽くね、呑み始めた訳よ
軽くが、だんだんと重くになり、その後は宴じゃ! 宴じゃ!
宴の最中に、店主の奥方が軽~く小生に言った
「横田さん、今月6日に異業種交流会があるんよ。来てね」
小生、異業種交流会や同業者の集まりは大っ嫌い!
「奥方よ、その日はスケジュー ルの調整がつくかどうか・・・」
奥方「大丈夫よ、午前6時半に始まるからね」
6時半開始だとぅ、それならば家を午前5時には出ねばならん
我家の水遣りは誰がする、朝食は・・・・
寝坊すれば・・・・
宴の後の虚しさよ。独り途方に暮れるボクチンでありました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
海鮮丼② 2017.09.01
ふと思ったが、海鮮丼ならよだれが湧くが
開戦丼なら北朝鮮を思い浮べるのは何故だろう
疥癬丼なら、よだれどころか虫唾が湧くよね
で、その特盛海鮮丼890円の内容であるが
本森(仮名)が選んだのはいかにも貧乏人が選びそうな「甘エビとイクラ丼」
小生が選んだのは「満腹丼」。イカにもタコ、通好みの弁当である
早く、事務所に帰りたい。シャリ大盛り、ネタ大盛りの
丼にむしゃぶりつきたい
本森(仮名)も同じ気持ちだったらしく、助手席で手提げ袋の中を覗いている
確かにネタは大盛りである。シャリも大盛 りである
そして、ガリも邪魔な位大盛りである
ワサビに至ってはチューブ一本は使用したであろうと思うほど大盛りである
おまけにマグロのすり身をぐちゃっぐちゃにしたやつはメガ盛りである
丼の中はまさに海のつわもの達の海戦丼でありました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
海鮮丼① 2017.08.31
ごく一部の人たちには密かなブームになっている海鮮丼を買った
店舗内でシャンパンなどを抜いてゴージャスにやろうと考え
運転手兼、荷物持ちとして本森(仮名)社員を伴った
さて、店主が気を失うぐらい、ゴージャスにお金を使おうと
店の扉を探したが、扉などどこにもない
壁にぽっかり穴があいているだけなのだ
どうやら、テイクアウトの専門店らしい
一番高価なものをと探したが、全品お値段均一590円
やっ安す~。普段、1万円以下の丼以外食べたことの無い小生にとって
気が抜けてしまうような料金であった 。唯、庶民の皆さんと同じでは
小生のプライドが許さない。必死で探すと
シャリ大盛り690円 ネタ大盛り790円 特盛890円
もちろん、迷うことなく特盛を二つ
消費税別なら嫌だなと考えながら注文をした
幸いなことに税込み890円で、胸を撫で下ろした
味はどうかって?それは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
プールでも泳ぐよ 2017.08.30
猛暑の夏も終わりを告げようとしていますが
今夏はお気に入りの短パンで過ごすことが出来下半身は比較的快適でした
いつもの夏はジーンズで過ごし、足にまとわりついて困っていただけに
短パンにアロハシャツは、休日には夏の暑さを和らげてくれる最高のアイテムでした
短パンにアロハシャツ姿を見た知人は口を揃えて『海パンみたいな短パンやね』
と馬鹿なことを云います。その言葉が少し気に掛かっていました
繁華街も映画館も飲食店もこの姿にサンダル履きでした
ある日、バトミントンのシャトル(羽根)を買いに大きなスポーツ店に行きました
通路を歩いていると・・・
なっ何と海パン売り場にわたくしの愛用している短パンがあーるじゃありませんか
恥かしい、本当に恥かしい。穴があったら入りたい。海があったら泳ぎたい

拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
1.2.3.4.5.6.8.苦 2017.08.29
「何~、台湾に帰っただと~」
ななちゃんの居ないこの店など、腐りかけたトマトのヘタ程の値打ちも無い
残酷な事実を突きつけた、そこそこ綺麗な台湾おばさんが続けて言った
「ななちゃん、いないと忙しくって困るよ」
「でも、今月31日までの辛抱ね」
「何~、台湾へ里帰りをしていただけなのか!」
ななちゃんが帰って来るこの店って、川底に潜む砂金のようにキラキラと輝いて美しい
残りの30分、心静かに、そこそこ綺麗な台湾おばさんの
ヘッドマッサージを受けることにする
そこそこ綺麗な台湾おばさんの名前もついでに聞いたので以後「さくら」と呼ぼう
さくら「わたし、ヘッドマッサージ下手です。ななちゃん以外、みんな下手」
と高らかに宣言しヘッドマッサージを始める
矢鱈と顔をもみほぐしにかかる。まぁ広い意味では首から上は頭部だが・・・・
日本の常識では、頭部と言えば毛の生えているところ、若しくは毛が抜け落ちている砂漠を指す
おまけに、眼も遠慮なく揉みに掛かる。コンタクトレンズが心配でならない
少しだけ、毛の生えているところももみほぐし、苦しい頭部の戦いを終えた
9月になったら、ななちゃんに揉み直してもらうことにしよう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
1.2.3.4.5.6.8 2017.08.28
濃密な愛を語る前に、中国娘のマッサージを振り返ろう
この中国娘、幾つかの単語に近い日本語は覚えている
中国娘「お客さん、何処が辛いか」
小生、得意のおじさんギャグで「心」
中国娘「・・・・・・?????」
慌てて小生「肩」と答える
この中国娘、凄い力で肩を揉むと言うか壊しに掛かる
いつまでたっても、ひたすら肩を攻撃する
時折、背中を攻撃し、肩に戻る。臀部も攻撃し、肩に戻る
もちろん、無言である。すっかり、肩を破壊し尽されて
全身もみほぐしと謳った、肩攻撃破壊作戦はおわ る
辛かった。この思いも頭部マッサージの綺麗な台湾娘に聞いて貰おう
同情をして、小生の額に顎を載せて聞いて呉れるかも知れない
やがて、やって来たのは綺麗な台湾娘ではなく、そこそこ綺麗な台湾おばさんである
「ななちゃんは台湾に帰ったから、私がするよ」
そうか、あの娘は「なな」と言うのか
その後はほんの少し気を失っていたのでよくは覚えていない
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
1.2.3.4.5.6 2017.08.24
自宅に戻り、車を置きバスに乗り、電車を乗り継ぎ
息を切らし♪、指を冷やし♬、台湾まで駆けつけて行く
あっ、台湾じゃなかった。台湾式マッサージの某店である
勤め人の帰宅時間、午後7時前に重なるので、混んでいるかと心配したが
ぎりぎり、一つのベッドが空いていた
ここで大切なことは、90分全身もみほぐしを選ばぬことである
理由は後ほど説明しよう。当然のように全身60分と頭30分を選んだ
予感は的中、台湾人の中に一人だけいる中国人の女性に当たった
拝見したところ、生足にミニスカートを穿いている。それは良い 、しかし
彼女は台湾語が話せない。台湾語を話せないことは許せる
小生も台湾語を話せないからだ。が、彼女は日本語も話せない
小生は日本語なら多少は話せる。ここが問題なのだ
台湾式マッサージの二番目の楽しみである会話ができないのだ
一番の楽しみは、綺麗な台湾娘と愛に満ちたひと時を過ごすことだ
この辺で先程からの疑問にお答えしよう。全身60分+頭30分にした訳を・・・
全身のマッサージは在籍の女性なら誰でもできる。が、頭のマッサージが出来る娘はただ一人
そう、あの、綺麗な台湾娘、唯一人なのだ
ワッハッハッ! 庶民の諸君。この深い読みを理解できるかな
出来ないだろうな、綺麗な台湾娘との濃密な愛のひと時は月曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
災い転じて福となす 2017.08.24
小生の仕事はお金は溜まらぬが、ストレスはたっぷりと溜まる仕事なんよね
そのストレスを解消する唯一の方法は幾つかある
幾つかある唯一の方法の一つに、毎週水曜夜に開催されている
バトミントン教室があるんよね
だから、水曜日は職場の皆さんにお願いして、定時に帰らせて貰うんよ
昨日のこと、定時丁度に全ての帰宅準備を終え、自分の部屋で待機していたんよね
ところが、営業の本森(仮名)が定時間際に、お客様を招き入れて
ごちょごちょとやりだしたわけなんよ
お客様のいらっしゃる席は、事務所出入り口の近く
王手を掛けられたように小生、身動きが取れなくなったんよね
これは、本森(仮名)の嫌がらせだと思うんよ
時間は刻々と過ぎ、ストレスは爆発寸前
「そうだ!台湾式マッサージに行こう」キラッとひらめいた小生
その後は余裕のよっちゃん。さて、台湾式マッサージの続きはどうであったのか?
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
セニの声が姦しいですね 2017.08.23
小生が個人的によく利用するべんり屋さんがある
べんり屋なんて聞くと何だか怪しげな人たちを想像するけれど
極めて、極めて、まともな人たちがやっているんよ
毎月、カラー印刷で冊子を作り仕事のこと、プライベートのことを満載で
読み応えのある、冊子を作るぐらい一生懸命にね
そこの従業員に高尾さんって言う
優しく、笑顔が素敵な巨漢が居るんよね
自称、174cm、100㎏と言っているが、これだけは
さばを読んでいるように思うんよね
多分、170cm、120㎏はあると思うよ
まぁ、そこん とこは可愛い嘘だから許すとして
この高尾さん、習字が得意。お客様からもお褒めの言葉を頂くらしいんよ
高尾さん、社長から冊子の壱ページを貰って自慢の習字を披露したわけ
送られてきた冊子を見ると、綺麗だが訳の分からん漢字らしきものが一文字
多分、季節を反映し「蝉」って書きたかったんやろうね
残念なことに虫偏の6画目が抜けているんよね
これでは、セミならぬセニやね
A4一枚分の失敗作、顧客に飛び行く夏の空
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
月の内、10日はスマホを探しています 2017.08.22
長いようで短かった、大人の夏休みも大方の方は終えられたことと思います
庶民の皆さんは、何をしてお過ごしになられましたか
小生は、紛失したスマホを探したり、2本立ての映画館に行ったり
その内の一本、「キングコング 髑髏島の巨人」を見てコングに男の悲哀を感じたり
忌々しいスマホを探したり、スマホを探し疲れて、もう一本の映画
「グレートウォール」を思い出して、ストーリーはどうでも良いけど
リン・メイ司令官役のジン・ティエンがあまりにも美しかったなーなんて思ったり
糞忌々しいスマホを探したり、糞忌々し いスマホに呪いの言葉を掛けたり
もしや、糞忌々しいスマホを会社に忘れたのではないかと
猛暑の午後に会社に駆けつけたり、やっぱり無いことを確認し
車の中も探しながら汗みどろになり
汗をかいたついでに、会社の近くの精肉店でコロッケを大量に購入したりしていました
と言うわけでLINEが繋がりません。LINEを送信してくれた皆さん
申し訳ありませんが諦めて下さい。密やかに温めてきた恋の花も散るかも知れません
恨 むなら、あの馬鹿スマホをお恨みやす
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
新臭線 2017.08.21
新横浜駅で乗って来た若い女性
体格が立派。女子プロレスの志田 光のような体格なんよ
どう見ても高いやろうと言うスーツに
これまた、高級なビジネスバック
ハイヒール姿も颯爽と、少し、靴には同情したけどね
ビジネススーツとは逆の手にマクドの大きな袋
多分、3人前はあったと思うよ
「ああ、誰か同乗者が居るのかな」っと思ってみていると
小生の通路を挟んだ反対側の窓側へどすこいと腰を下ろしたんよね
グリーン車のACコンセントの位置はちょっと解り辛い
彼女は慣れた手つきでコンセントにスマホの電源を差し込み
左手でスマホ、右手をマクドの袋に突っ込みポテトを食べだ した
グリーン車はお絞りも出るし、ゴミも集めに来てくれるんよ
彼女、次から次へと食べるわ食べるわ。車両はハンバーガーの臭いで満たされたよ
小生、ジャンクフードは嫌いだけど、マクドの臭いは好きだから
大丈夫だったけどね。それだけの話
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
トンボ 2017.08.18
会社には一番早く出社して、ドアの開閉、エアコンの始動
植木たちへの水遣りをしているんよね
普通、社長がそんなに早く出社すると、社員の負けじと
早朝出勤をしなければならず、パワーハラスメントに繋がるのじゃないか
という、考えを世間ではしているらしいね
でもね、当社に於いては大丈V
会社まで徒歩1分45秒のところに住んでいる田山(仮名)ですら早くは来ないし
ベテランの田池(仮名)に至っては始業3分前にしか出社しないと来てやがる
こんな状態だから、小生がいくら早くに出社してもパワハラの心配はゼロ
植木たちへの水遣りをしていて思うのだけれど
いつもね、トンボ(ナツアカネ)のつがいがやってきて
ガレージのコンクリートにできた小さな水たまりに産卵を始めるんよね
1時間もすれば完全に干上がるのにね。無駄な努力なんよね
それを見ていると、当社営業の本森(仮名)の姿が
なんとなく目に浮かんできた猛暑の朝
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ(最終回) 2017.08.17
上を向いた小生のおでこに顎を載せ、頭のマッサージをするという
曲芸か、軟体動物なのか、途轍もなく器用な技に
純情な小生は恥ずかしくって眼も明けられない
しかも、普通に話しかけて来る
しまった、お昼ご飯後、歯を磨き忘れた
小柄でミニスカートの似合うお姉さんの吐息が遠慮なく小生の顔面に襲い掛かる
お姉さんの口からは、担仔麺の臭いも、炒めビーフンの臭いも、炒青菜の臭いすらしない
無臭だが、敢えて表現するならばその吐息は桃色吐息とでも言うのであろうか
こうして、夢のような2時間が過ぎ去ったのであった
もう、飲み屋さんなんかに行けない
男性諸君、考えてもみたまえ。飲み屋さんで高い金をとられて
清水の舞台から飛び降りるような気持ちでキープしたボトルを
地獄の亡者のような形相で貪り飲まれ
化粧を落とすと不細工組に入る女性がせいぜい、肩に触れるか、膝に手を置くぐらい
決して、猫の肉球のような柔らかなあごを、そっとおでこには乗せては呉れまい
だから、この店の場所も名前も誰にも教えない
   
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ⑧ 2017.08.16
頭のマッサージにやって来た台湾人の女性を見て驚いた
臀部とかお腹とかをマッサージしてくれたお姉さんよりもっと綺麗なのだ
小柄でミニスカートが似合う。このお姉さんになら頭を踏まれても笑っていられる
思わず言ってしまった「私の家庭の婚姻関係は4~5年前から破たんをしております
だから、貴女と交際をしても不倫には該当しないと思います」
小柄でミニスカートの似合うお姉さんは、キョトンとしている
些か難しい日本語であったようだ
さて、頭部のマッサージが始まった。「頭が固い」部分を入念にもみほぐす
暫くすると 、小生のおでこに猫の肉球のようなものが当たるではないか
どうやら、肉球と思ったものはお姉さんの顎で
小生のおでこに顎を載せてマッサージをしているのだ
これは日本のマッサージでは絶対にない
恐らく、台湾のマッサージでも絶対に無いだろう
昔、台湾でマッサージを受けたことがあるが、鬼のような形相で
足裏を痛めつけられた記憶しかない
この後の二人の恋の行方は・・・・次回は最終回のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ⑦ 2017.08.10
最後に頭をぐりぐりっとし、指先を力任せにパチンと摘み上げ終了
その時、台湾人の綺麗なお姉さんが一言「延長するか?」
実はこの台湾式マッサージ、実に安い
クラブで一回遊ぶならこの店には12回は通える
スナックでも、3~4回は通えるのだ
思わず、「ハイ!」と元気よく答えてしまった
「何処がこっているのか」と尋ねられたが、何処もこっていない
ましてや、臀部もお腹も全くこっていない
仕方が無いので「頭」と答えた。近頃、家でも会社でも「頭が固い」
と言われるので、こっているのかも知れない
台湾人の綺麗なお姉さんが「頭ならば、頭が上手な人と変わる」とのたまう
「えっ、こんなに親しくなれたのに、貴女は去ってしまうのね」
「別れろ切れろはお客のときに言う言葉。今の私にはいっそ死ねと言って下さい」
ここから、次なる地獄が始まるのか続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ⑥ 2017.08.09
小生の「アンッ!」の声に味を占めた、台湾人の綺麗なお姉さん
喜ぶこと、喜ぶこと。もう一人の台湾人の若い女性を呼び
「見てみなさい」的なことを台湾語で喋り、実践してみる
もう一人の若い女性も大喜びで、小生のウィークポイントを触りに来る
顔が見たい。その顔を覚えて、呪ってやりたい
「この恥辱にまみれたマッサージの恨み。晴らすにおかろうぞ!」
が、顔はマッサージ台に埋もれたまま
やがて、マッサージはふくらはぎを終えた
台湾人の綺麗なお姉さんは「上を向くか?」と尋ねてきた
もちろん、答えは「 うん!」
上を向くと向う脛から腹部へ
なっ、何とお腹を揉みだした。日本のマッサージでは絶対にお腹は揉まない
普段から、余りお腹がこらない小生、気持が良いのか悪いのか分らぬまま時を過ごす
マッサージも終わりに近づいた。諸君、もう少しだけ付き合い給え
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ⑤ 2017.08.08
小生が訪れた時にはこの店には多分、女性が3人
台湾人の綺麗なお姉さんと
姿を見せぬ台湾人の若い女性。
そして、一週間前に日本に来たばかりの日本語を話せぬ中国人の女性。
台湾人の女性は、台湾語と北京語と日本語を話す。
中国人の女性は北京語しか話せぬらしい。
台湾人の綺麗なお姉さんは、もう一人の台湾人の若い女性とよく喋る
どうやら、台湾語で話しているらしい
当然、中国から来たばかりの中国人には通じない
時折、中国人にマッサージを受けている客との会話を通訳している
つまり、店の中は台湾語、北京語、日本語が飛び交い
混沌としているのだ。
中国人の女性はどんな人かって?
女性だし、若いよ。力も強そうだよ
唯、背中に乗られることは遠慮申し上げたいね
できればミニスカートも禁止したいね
さて、地獄の話に戻そう。あっ、紙面が尽きた
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ④ 2017.08.07
やがてマッサージは背中から臀部に移ったんよ
さすがに臀部は足踏み式マッサージには無理があるんよね
自慢の臀部は言うならば、二つのそびえたつ峰
峰と峰の間は深淵の淵
うっかり深淵の淵にでも足の指先を突っこまれると危険だからね
下りてきた、台湾人の綺麗なお姉さん
小生の尻を揉みだした。言っておくが日本のマッサージは尻は揉まない
まぁ、揉まれるのは良いが、尻ってあんまり、こらないんよね
尻から腿へとマッサージは続く
下手とは言え、プロの手技。気持が良くてうつらうつらとする
小生がうつらうつらとすると、台湾人の綺麗なお姉さん
脇腹に指を突っこみ起こそうとする
小生、脇腹が弱い。もちろん、頭も弱いがちょっと意味合いが違う
脇腹に指を入れられると、こそばゆくて「アンッ!」声が出てしまう
これが悲劇の始まりであった
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ③ 2017.08.04
「川崎宿」での出来事を語ろう
川崎宿に着いた我々旅人一行は、指定されたビジネスホテルに入り
風呂を済ませ、三々五々と食事に出かけた
食事を済ませ宿に戻ったものの時刻は午後8時、することも無い
ホテルから前を見ると、多国籍ラウンジの看板が目に留まった
日本人の爺婆相手の旅に疲れていた小生は、一つ国際交流でもしてくるかと
多国籍ラウンジに潜入。時間が早いせいか大ぜいの女性が暇そうに座っていた
その内のミニスカートを穿いた可愛いフィリピーナに2階席に連れて行かれた
2階席も広く、ソファーが何セット も置いてあった
2階の客は小生一人。暫くビールを飲み国際親善を深めていたが
マッサージをしてやるからソファーにうつ伏せに転べと言う
何と、ラウンジでマッサージを受けられるのだ
ミニスカートを穿いた可愛いフィリピーナは小生の背中に跨り肩をもみ
肩が終われば、腰の上に立って背中を踏み出したではないか
上を向きたい。上を向きたい。どうしても上を向きたい
「神様、良い大人でいますから一つだけ願いを叶えて下さい。」
何だか、頭に電気が走ったので、今だ「首を360度回して下さい」
何だか、首がグキッといっただけで 何も変わらない
焦って180度と言わねばならぬところを360度と言ってしまった
愚かな私、その時の状況と今回のマッサージは、あまりに状況が似ているではないか
紙面が尽きた。続きは来週のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ②
2017.08.03
担当のミニスカートを穿いた綺麗なお姉さんに案内され
マッサージ台へと向かう。ここでパジャマのようなものに着替える
マッサージ台にうつ伏せになりマッサージの開始である
「弱いのがいいか?強いのがいいか?」と尋ねられる
小生的には弱くも強くも無い、ほど良い加減が好きなのだが
台湾では強いか、弱いしか無いらしいので仕方なく強めを選んだよ
どこが凝っているのかと尋ねられたので『肩』と言っておいたよ
マッサージが始まる。なかなか下手であると言うかかなり下手である
その内、マッサージの部位が背中に移った時
なっ、何と背中に登って来たではないか
背中に立って、うどんの生地を練るように背中を踏む
綺麗なお姉さんは、ミニスカートである。生足である
上を向きたいが、顔面はマッサージ台の顔面穴にすっぽり嵌まっている
上を向きたい。上を向きたい。小生の求学心が半端なく上昇思考を刺激する
これは、かって経験したぞ
そうだ、東海道五十三次を歩いて旅していた時の「川崎宿」と同じだ
「川崎宿」で何があったのか?続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
台湾式マッサージ①
2017.08.02
肉屋の丼「焼肉丼」を食べようと歩いている途中に見つけたんよね
怪しげなビルの5階にある『台湾式マッサージ』の店
「焼肉丼」も食べたいが、マッサージ後に食べる「焼肉丼」のほうが
断然旨いに決まっている。なんだか天の啓示を受けてね
くそ熱く且つボロイ、エレベータに乗り込んだわけさ
店は、透明ガラスの引き戸になっていて
何故だかノックをしろとの掲示板が貼っているんよ
ノックをすると店の奥から若い女性が飛び出してきてね
笑顔で迎え入れてくれたんよね
女性はミニスカート姿でね。美人なんよ
片言の日本語でソファーに案内され「何分コースがよいか」と聞かれたので
思わず「付き合って下さい」と言いたくなるのを我慢して
「60分コースでお願いします」と真面目に答えた小生
ここから、かって一度しか経験したことの無い天国と地獄が始まったのでありました
天国と地獄の内容は明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
プレゼンターがこのブログを読まないことを祈りつつ
2017.08.01
最近、会社宛オーストラリア土産を頂いた
一つはコアラのチョコレート
社員全員でありがたく頂く「手強い」
口の中で溶けたチョコレートが暴れまわる「ホントに手強い」
アントニオ猪木をチョコレートにして口に放り込んだみたいなんよ
お土産はもう一つあってね、可愛いコアラの写真の小箱に入っているの
マカダミアナッツとナチェラルチーズを塩味で絡めたやつなんよね
小生、ナッツもチーズも大好物。酒飲みの多い会社やからね
皆が手を出したわけよ。「うっ、もの凄く手強い」
鼻に抜ける臭みと、口に残る塩辛さ ・・・
敢えて例えるならば一週間お風呂に入っていない松居 一代を
チーズにして口に放り込んだみたいなんよ
でもね、超手強いマカダミアナッツとナチェラルチーズ
バーボンウィスキーに会うかも知んない
試して見よ~っと。プレゼンターさん本当にありがとう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。