神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2018年8月.9月.10月の記事はこちら

2018年5月.6月.7月の記事はこちら

2018年2月.3月.4月の記事はこちら

2017年11.12.2018年1月の記事はこちら

2017年8.9.10月の記事はこちら

2017年5.6.7月の記事はこちら

2017年2.3.4月の記事はこちら

2016年11.12.2017年1月の記事はこちら

2016年8.9.10月の記事はこちら

だいぶん溜まっとうなー 2018.07.31
今朝、テレビを見ていて驚いた
包丁を振りかざす犯人逮捕の瞬間が映っているではあ~りませんか
男女の制服コンビの制服警官、男の警官は警棒を奪われるも
果敢に犯人に立ち向かっていく
女の制服警官は離れた場所からへっぴり腰で、刃物を捨てろと甲高い声を出す
制服警官危うし、その時、私服の刑事が飛び掛かってきた
犯人を抑え込もうとする制服警官。家庭でのうっぷんがあるのか
それとも職場でのうっぷんなのか、ひたすら包丁男の後頭部を殴る私服刑事
ひたすら、後頭部から首の後ろを殴りつけるこの刑事、タダ者やない
私服 刑事をよく見ると、なんだか見慣れた服装
白猫プロジェクトじゃなく、宇宙戦艦大和でもなく、そうや!
あの服はクロネコヤマトの制服や!
当社にも、毎日のように来る、あの制服や
それにしても、勇敢な兄ちゃんや。無茶苦茶殴っとった
見ず知らずの男を警官の前で、あんだけ殴れるなんて
しかも、名乗りもせずに業務に戻った。うっぷんも晴れたやろうな
後で、デブの店員さんが記者の質問に答えて曰く
「必死で、犯人の足を押さえていました」やて、まぁ、ええわ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
家系ラーメン 2018.07.30
若い衆二人を従え、近所に新規オープンしたラーメン屋に行ってきた
家系ラーメン町田商店
家系と書いて「いえけい」と読むらしい
味噌ラーメンと塩MAXラーメンネギ抜きと味玉ラーメンネギ抜きを注文した
この場所は過去、2件のラーメン屋が撤退した曰くつきの場所である
時間も13時で結構な客が並んでいる
ようやく店に入ると、若い衆Aが何が根拠か知らないが「この店は続くね」と言った
席に着く前に、味の濃さとか麺の硬さとか背油の量を詳細に聞き取られた
詳細に聞いてくる割には「ネギはどうするのか」との問いが無いの は片手落ちであろう
もちろん、「ネギ抜きは」自主的に申告した
広いテーブルに三人掛けは気持ちが良い
車の為、ノンアルコールビルでのどを潤す「不味い」
ラーメンが運ばれてきた。どろどろの汁の中に太麺がとぐろを巻いている
一口食べた小生と若い衆二人が同時に叫ぶ
小生「不味い!」
若い衆二人「美味い!」
食べられたものじゃない。小生、完全にギブアップ
若い衆二人は完食
町田商店さんよ。安心しな!支持者が6割を超える勢いですぜ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
四竦み 2018.07.27
三すくみと言う言葉はよく聞く
三すくみの代表は「ヘビ」「カエル」「ナメクジ」であろう
真意のほどは兎にも角にも、「へび」は「ナメクジ」を嫌い
「なめくじ」は「カエル」を嫌い「カエル」は「ヘビ」を嫌う
この三者が鉢合わせをした際には、三者ともその動きを止めるというものだ
昨日、車の四すくみを経験した
警察にも知っていただきたいので実地名を明かそう
神戸市西区玉津町高津橋「坂下」の交差点での出来事である
時刻は19時20分、小生は西より東へと帰る道。いわゆる都会へと続く道
一方西行は、街 で働いた人々が田舎の我が家へ向かう道、いわゆる「こえたんご道」
南へ下る人々は漁村を目指し、北へ向かう人は炭焼き小屋へと向かう
その時、信号は「青」?西日が水平に信号機に当たり全く見えない 対向車線のオバちゃんも、直射日光を浴びサングラスをかけている関係上
恐らく、信号機は全く見えない。どちらも動けない
暫くすると、漁師と木こりたちの車が動き出す
「あっ、しまった!」と思うがもう遅い
信号機設置を決めている役所の皆さん。お願いです
信号機は電球式ではなく、お願いだからLED式に替えて下さい
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
お似合いの夫婦 2018.07.26
子供のころには、カップ麺のような下賤な食べ物をことが無かったんよ
10年ぐらい前かな~、つい最近カップ麺を食べてみたんよね

あぁ、これが庶民の味か~なんて感心しながら汁まで飲んだわけよ
それから、週に一度ぐらいかなぁ、ときどき無性に食べたくなるんよ
カップ麺にはコンビニのおにぎりが合うんよね
カップ麺🍵+コンビニのおにぎり🍙=糖質Vs糖質(お似合いの夫婦)
てなわけで、炎天下の元近所のコンビニまで歩いて行ってきました
コンビニに着くころには頭がぼーっとしてしまったよ
どれぐらい、ぼーっとしたかと言う と
明太おにぎりを買う予定がカツオおにぎりを買ってしまったぐらいさ
コンビニを後にし、再び、炎天下を歩き事務所の戻った時には
全身汗だらけで熱中症の一歩手前・・・・
そこに待っていたのは熱々のカップ麺
余りの暑さに、カップ麺🍵とコンビニのおにぎり🍙喧嘩をしそうになったよ
夫婦喧嘩は犬も喰わないって言うけど完食したよ。美味しかった~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
お互い耳が遠い 2018.07.25
御年90歳の大先輩との会話
翁「で、90歳になったからこの特約が切れるんやね」
小生「主契約は終身契約ですから、安心して下さいね」
翁「と言うことは、ガンだけは終身補償して呉れるわけやね」
小生「いや、ケガの補償が切れるだけで病気入院の補償は終身ですよ」
翁、ポンと手を打って
「分かった。病気入院の補償が切れるということやな」
小生「いやいや、ケガの補償だけが切れるのです」
翁「そこが良くわからん。がんの補償はどうなっているんや」
小生「がんの補償は入院日額25,000円残っ てますよ」
翁「やっぱりな。そうすると、がん以外の病気は出ないわけや」
小生「いや、ご病気で入院なさっても日額10,000円の補償は残っています」
翁、再びポンと手を打って
「分かった。病気入院の補償が切れるということやな」
小生、少し涙声で
「お願いです。何も考えないでください
ケガの補償が無くなったと繰り返し言って下さい」
大先輩、耳が遠い。その上、聞いたことを直ぐに忘れる
小生、右耳が聞こえない。その上、耳鳴りが酷い
それはそれは凄まじい戦いであった。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
がっかり
2018.07.24
辛明太子で有名な「やまや」へ行ってきたよ
昼はね何度か行ってるので、そのボリュームに、値段設定
まず満足。ご飯は食べ放題の上、辛子明太子も高菜のお漬物も
食べ放題毎月でも行きたくなる。夢のようなお店なんよね
夜は「もつ鍋」をやっていると訊いたので行ってきたよ
いつものように広々とした席に通されたが、何か違和感がある
何だろう?「あっ、そや。食べ放題の辛子明太子も高菜もない」
店員さんが出し忘れたに違いない
「あのぅ~、辛子明太子や高菜が出てないのですがぁ~」
店員さん、 答えて曰く「ああ。それは昼だけです」
「えぇ~、辛子明太子は食べられないのですかぁ~」
店員さん曰く「夜は、生明太子を提供しています」
どうやら、昼は冷凍の切れ子を、夜は一本物の辛子明太子に代わるようだ
この生辛子明太子、メッチャ高い
一本だけ頼んでみたが冷凍物の切れ子との味の違いが判らない
周知の通り、小生、しみったれでオマケにケチである
もつ鍋は美味しかったのだけれど、心の中で「切れ子、切れ子」と呟く
甚だがっかりな夕飯であった。この店は、やはり昼に来よう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
「野田 あすか」ピアノリサイタル
2018.07.23
夢がかない、リサイタル会場に足を運ぶことが出来ました
彼女は脳の障害である「発達障害」を持っている
右足も粉砕骨折の為、ツアーでは車いすを利用してい
彼女の語る一語一語が、彼女の奏でる「やさしいピアノ」が
多くの聴衆の心を打ったよ
多分、半数以上の人が泣いていたのじゃないかな
あちらこちらですすり泣きが聞こえたよ
小生の席は大きなホールの前から三列目の真中寄り
彼女のピアノを弾く指先までが鮮明に見えるんよ
第一部は月の光をテーマにしたクラッシックを
第二部は彼女のオ リジナル曲を5曲
愛犬ぴあちゃんを歌った「ぴあちゃんとおさんぽ」
そして「木もれびの記憶」最高だった
ぴあちゃんは大好きなピアノから名付けたんだって
「木もれびの記憶」は友達のいない小学生活
校庭にある大きな楠の下で
木漏れ日を見て時間を過ごしたその時間をテーマにした曲
まさかね、いい歳をしたおっさんがピアノにやられるとはね
熱波の街で夢のようなひと時でした
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
お尻ぐりぐり
2018.07.20
力技整体の続きね
背面をどこもかしこも力技でボキボキ云わせた、じいちゃん整体師
すると「代わります」の声が聞こえた
間違いなく、あの婆ちゃんだ
婆ちゃん、多分、自分の肘を使い小生の天使のような右尻を
ぐりぐりと揉みだした。多分、全体重をかけている
これが、若い娘だとどれだけ幸せであろう
ぐりぐりは続く。延々と続く
天使のような右尻は搗き立てのお餅のようになっているだろう
5分以上は経過をしただろうか、婆ちゃんは天使のような左尻にとりかかった ぐりぐりぐり。これが、若い 娘だとどれだけ幸せであろう
再び、詮無いことを考えてしまう
果てしなく続く尻揉み。これは何に効くのだろうか
頭揉みといい、尻揉みといい、これは果たして整体なのだろうか
まぁ、半額やからどうでもええけど
五十肩はどうなったかって? まだ痛いよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
力技
2018.07.19
整体師は思った以上にお爺ちゃんであった
当然のように奥さんはお婆ちゃんであった
どこが悪いのかと聞かれたので「頭と性根と背中を掻くと肩が痛い」と答えた
年老いた整体師「それは50肩やね」と言った
小生的には50肩と言われるより40肩と言って欲しかったと少しいじけたんよね
「治りますか」と聞くと「治るよ。毎日来ると早く治るよ」と宣う
小生、内心「毎日来ると、結局は高くつくやんけ!」と思ったんよ
90分一本勝負ではなく、90分3000円の幕が切って落とされた
この年老いた整体師、やたらと力が強い。肩を ぐいぐいと揉む
頭も思いっきり揉む。せっかくのセットがぐしゃぐしゃにされてしまい
怒りのピークが近づいたときに「この頭皮の硬さは頭が良い証拠」と言われ
怒りのピークは平常心に戻ってしまう
それにしても痛い。年老いた整体師は心に不満をため込んでいるに違いない
小生の身体を使い、そのストレスを発散させているのであろう
この後、もっとびっくりすることが起こるのだが続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
整体
2018.07.18
テニスの練習前には準備運動をするんよね
その時感じた違和感・・・・
先日も背中を掻こうとした時に感じた違和感・・・・
両方の手がね、どうも背中まで回り難いんよね
週に一度、通っている理学整体320円の先生に訊こうかとも思ったんだけれど
やれ、梨状筋症候群だ、やれ、右膝が痛いだなんて言っている上に
更に肩も痛いだなんて、言いづらくてね。ホトホト思案に暮れていたの
先日、ポスティグされたチラシに近所の整体が半額セール実施中との文字が
45分で2,000円。70分で3,000円とある。これは安い
理学整体は320円 だが10分である。しかも、健康保険を使っている
ご近所の整体院は70分で3,
000円である。行かぬ手はない
早速、電話を掛けてみる。今、外出中で予約状況が分からぬとのこと
一時間後に、電話を頂きたいとのこと
一時間後に電話を掛けることを忘れていたら、整体院より電話があった
予約をし、出掛けた結果は驚くべきものであった
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
お願いです
2018.07.17
朝から35℃を超える酷暑の中、5.3㎞のウォーキングに出掛けた
一周、2.3㎞の貯水池は歩く人とていない
貯水池にも水鳥の影さえ見えず、たくさん居た亀たちさえ水底に姿を隠している
日陰のない貯水池の外周は遠くに陽炎が見える
暑い! 唯々熱い!
頼れるものは一本の日傘のみ。両足の踵にできた靴擦れが痛い
股関節も悲鳴を上げている
こんな思いをして何故に歩くのだろうか
ダイエット? 否、小生は標準体型である。多分・・・・
お腹を減らして美味しく昼食をとるため? 否、昼食はフルーツ・バー2本である
そりゃ、たまに、セブンイレブンのおにぎりとカップ麺を食しはするが・・・・
体力をつけモテるため? 否、否、否
夏に女は要らぬわ。暑苦しいわ!
それでは何ゆえに歩くのか、それを探しに歩いておるのよワッハッハッ
でもね、当社スタッフの皆さんにお願いです
定時までに戻らなければ、自転車で探しに来てね。その際、氷水も忘れないでね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
炭旬
2018.07.13
880円のランチを食べた
どのランチも最低価格が880円と高級店である。客は少ない
ランチで880円を使うのはよっぽどの事やと思うて頂きたい
「焼き魚定食」である。もちろん、みそ汁はネギ抜きね
焼くのに時間がかかると言われたので
「了解!おとなしく待つね。でも、ネギ抜きはきっとだよ!」
文庫本を読みおとなしく待っていた。やがて定食が届く
みそ汁には、青々とネギがのっている
ここで、-20点。心を籠めれば客の注文を間違いやしない
魚は大きな鯖の半身で、油がのり美味しそう
入れなおしたみそ汁の量がメッチャ少ない。-10点
小付は業務スーパーで売っている、めっちゃ甘いレンコンのきんぴら。-10点
香の物は、99%の人が食べない業務スーパーで売っている、しば漬-10点
ご飯の量。小生は女の子か!-10点
「炭旬」さん。残念!40点。修行をし直してきなさい
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
匂いおこせよ梅の花
2018.07.12
仕事で電車に乗ったんよ。JR西明石~神戸駅までね
新快速には乗りそびれ、その次に来た快速電車に乗ったんよ
運良く二人掛けの椅子の窓側を確保「こいつは端から縁起がいいやぁ!」
早速、文庫本を取り出し短い時間の読書に没頭
新快速だと目的地までには1駅しか停まらないのだけれど
快速だと止まる駅が途中に6駅。二つ目の駅で若い女性が隣に座ったんよ
この女、臭い! 女性の皆さんには理解が出来ないかも知れないけど
コロンやヘアースプレーを含む、化粧品って臭いんよ
特にこの女、特別に臭くって息が詰まり、女の方を向 くことすらできやしない
そうこうする内に、電車は神戸駅に。
なんと!この女小生の横で化粧をしてやがる
思わず心の中で「*※ΔΔЮ〇▼・・・・」って罵詈雑言を浴びせてやったよ
帰りの電車は普通電車、空いてて快適、快適
隣の駅で乗ってきた太ったおっさん。
汗と加齢臭に男性ホルモンエキスを足したような匂い
これがまた、猛烈に臭い。まともに嗅げば悶絶死間違いなし
梅雨時の電車はホンマに苦手やわ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
下剋上 2018.07.11
観賞魚を飼っているんよね
かなり、高貴な趣味と言わざるを得ないよね
魚類は近くの池や川で獲ってくるわけ
何故って? そりゃ、タダだからでしょう
何しろ、タダとか無料って言葉が大好きだからね
観賞魚用の水槽は二つあってね。一つは屋内のガラス水槽
もう一つは野外用の大きな発泡スチロールの水槽
屋内水槽には、上品なイモリやタイリクバラタナゴにスジエビ
屋外水槽にはドジョウとメダカとドンコにヌマエビ
このヌマエビを獲る時に、1cmほどのザリガニの赤ちゃんが1匹混じってた
まあ、 ドンコの餌にでもなるだろうと放っておいたんよね
この度の豪雨で、水槽の水もすっかりきれいになってね
今朝、久しぶりにゆっくりと外の水槽を観察したの
睡蓮の鉢の横に何やら大きな赤いものが見える
しかも、動く。やがて姿を現す
な、なんと巨大なアメリカザリガニが居るではありませんか
あのチビ助が今や水槽の王者
恐るべし、アメリカ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
国境を越えた英雄 2018.07.10
タイ・チェンライの洞窟に閉じ込められていた少年ら13人のうち
このブログを書いている現在、8人が救助されたよね
本当に良かった。残る5人の無事の救出も信じて疑わないのだけれど
最初に5キロ先まで辿り着いた英国人消防士リチャード・スタントンさんと
ITエンジニアのジョン・ボランセンさんの底知れぬ勇気に感銘を受けたよね
また、洞窟内で取り乱すことなく整然とカメラに向かって合掌する
少年たちの姿にも美しい魂を感じたよね
日本人もJICAから3人の技師を派遣したとのことだが・・・・
このよう な場にこそ、日本政府は人もお金も潤沢に出すべきだと考えるのは間違いだろうか
分けの分からぬお金を世界にバラ撒くより、もっと国民の同意が得られると思うのだが・・・
彼ら全員が無事に家族の元に帰れますように心から願ってやまない
最後に酸素欠乏により亡くなった英雄
元タイ海軍特殊部隊のダイバー、サマン・グナンさん38歳のご冥福を心より祈ります
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
心からのお願い 2018.07.09
先ずは、この度の大規模な豪雨により被害を受けられた方に
心よりお見舞い申し上げます
凄い雨でしたね。雨も凄いし、風も凄かった
雷も半端なく雷鳴を響かせたし、おまけに地震まであったね
数十年に一度のって気象庁は言うけれど
ここ数年、毎年のように言っている言葉だと思う
一つは、排気ガスの排出量云々は兎にも角にも、
地球温暖化の影響は否定できないと思う
今後、毎年、数十年に一度の災害が日本のあちらこちらに
起こるのでは無いかと思うと
生きることへの虚しささえ覚えるんよね
命が無事ならそれでいいなんて無責任な ことは言えない
人間には住むところも、働ける職場も要るのだからね
せめて、保険に入ろうよ。ちゃんとした代理店を選び、
ちゃんとした保険に入れば
思い出は流れても、新築の家は建つよ。
借金をせずとも、家財を揃えることはできるよ
ケガをしても、十分な医療を受けることが出来るよ
保険代理店は当社じゃなくてもいいんよ
まともな代理店も探せばいっぱいあるからね
今日だけはね、おふざけなしで、心からのお願い
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
万引き家族② 2018.07.05
劇場は結構空いていてね。希望の席に座れたよ
トイレも済ませたし、アイスコーヒーも買ったし
観る気満々でスクリーンを見てたんよ
最初に、どうでも良いコマーシャルが延々と流れ
コマーシャルが終わったと思えば、またまた、長々と予告編を見せつけられるわけ
こんなことやから映画業界は衰退するんよね
家のテレビでHuLuの映画を観た方がよっぽどいいよ
月額千円ちょっとで何百本の映画が見放題だしね
極めつけは、「映画泥棒」の注意喚起動画
これも失礼な話でね。客を泥棒と決めてかかっているよな態度やね
スーパーマーケットが来店客に「万引きは犯罪です」ってチラシを配るようなもんやからね
本編が始まるまでにすっかり、疲れちゃったよ
映画は、流石に大きな賞を獲るだけの作品ではあったと思うけど
どうして、映画監督って小道具に煙草を使うのだろう
否、煙草を使うというよりも煙草に頼っているのだけれど
煙草の煙を見るだけでも不愉快になる小生、ちょっと辛いね
日本の成人男性の70%、成人女性の91%が非喫煙者で
非喫煙者も、常日頃から煙草以外で心の襞を表しているのにね
映画の題名の「万引き家族」あんまり、内容とは関係な かったよ
単に、盗癖の抜けない男の物語やったよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
万引き家族① 2018.07.04
フランスのカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した映画なんよね
普通、ロードショウの映画は見ないのだけれど
今回は、タダ券をゲットしたからね。身近な女性と二人で行ってきたよ
映画館の受付で、そのタダ券を渡すとね、やたらとじっく
りタダ券を眺めまわすわけ
そんなに見ると穴が開くよって言うぐらいね
もしや、映画チケットの偽造団が暗躍しているのかっと身構えたとき
窓口のお兄ちゃんが「お客さん、この券は明日からしか使えないですよ」っと
有効期間が印刷された箇所を指さしたわけ
ガーン😨 一瞬、家に帰ろ うかとも思ったけれど
女性の手前ね。帰ると、後の復讐が怖いので思い切って現金でチケットを買うことにしたんよ
最近の映画料金のタイプには「夫婦50割」って言うのがあってね
夫婦のどちらかが50歳を超えていれば二人で2200円で見れるんよね
今回、どちらが50歳越えかはさておいて、住民票の提出を求めれれるわけでもないので
お似合いならば誰でもオッケー見たいよ
ただし、50歳を超えている証明は必要みたいだから免許証の提示なんかは要るみたいよ
さて、映画の話に入る前に紙面が尽きたよ。続きはまた明日ね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ムシャクシャして無駄遣い 2018.07.03
極めて温厚で紳士な小生にもイライラとすることがある
台風が近づいている影響もあるかもしれない
昼時に飛び込んだのが、CoCo壱番屋
知っている人は知っていいる。知らない人は知らないカレーの有名店である
ここで、ポーク三昧カレーを注文した
何と、税込み1,441円である。ランチに1,441円、信じられないかも知れないが本当である
本当は、120円追加してジュースも頼もうかと思ったが罰が当たると思い止めた
カレーには豚のカツが2枚と、ルーの中には豚バラが泳いでいる
よく見ると、原形を留めた嫌いな玉ねぎも泳いでいる
先ずは、玉ねぎを避ける作業に掛かる
時間を掛け丁寧に玉ねぎを避ける。時間を掛けたがため少しカレーが冷めてしまった
味もいつものポークカレーの方が美味しい
高くて、それでいて期待ほど美味しくなくて悔しさが募る
こんなことなら、吉野家の牛丼を食べて、命の母でも買えばよかったよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
警報のバカヤロー 2018.07.02
先週の金曜日、家族の一部とディナーに行くと言ったよね
「もっこす兵庫店」( ^ω^)・・・天気は悪かったんだけど
家族との食事は大事なことだからね。何としても行こうと思ったの
雨は時間と共に酷くなり、天をつんざくような雷鳴もゴロゴロドッカーンってね
とりあえず、車を家まで置きに帰るとしたわけよ
何しろ、ディナーにアルコールはつきものだからね
高速道路を理由し、自宅への道を急いだのだけれど
高速道路の上は、まるで川。ワイパーも役には立たず
焼け石に水。豪雨にワイパー。そうするとラジオから「大雨洪水警報 発令」
冷静沈着な灰色の脳を持つ小生。光速で脳を回転させたよ
最寄りの駅から「もっこす兵庫店」までは徒歩8分
車を自宅に置いて向かうことは無謀にも等しい
ならば、アルコールを諦め車で乗り付けるのは如何なものか・・・・
最寄りの駐車場から、「もっこす兵庫店」までは50m
豪雨の中の50m。ズボンも靴下も濡れるだろう・・・・・
風邪をひいてお客様に迷惑を掛けるかもしれない。従業員も困るだろう
断念した。小生のきれいな瞳から涙が一粒「警報のバカ野郎!」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本日のディナー 2018.06.29
今夜はね、華族の一部の人と兵庫で中華ディナー
あっ、華族じゃあ無く「家族」のほうね
仕事帰りに寄るので正装では行けないけれど、それは許してもらうとして
朝から、わくわく感が半端じゃないんよね
もちろん、アルコールも少しは頂くので車は駐車場に置いておきます
一週間、一生懸命に働いて週末にレストランでディナーを楽しむ
自分で言うのもなんやけど、セレブ感が半端じゃないんよね
中華レストランの名前は「もっこす兵庫店」
そう、あの有名な神戸の中華そば屋さん
最近の店はどこも「〇〇らーめん」なん てしゃれた名前をつけているけれ
頑なに「中華そば」と言う呼び名に拘るところに深い共感を覚える次第であります
もっと、もっと頑なに「支那そば」などと名乗って頂けるお店があるなら
毎週でも大枚をはたきたいぐらいだ
「な~んだ。中華そばか」とおっしゃる、そこの庶民「ちょっと、待たれぃ!」
庶民の皆さんとは違って、我らが食するはチャーシュウ麺ならば、おのずから格が違う
庶民の皆さんも、一生懸命働けばいつの日かチャーシュウ麺を食べられるからね
がんばりや~~~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
暗殺されるかもしれません 2018.06.28
こんなことを言うたらなんやけど
サッカーのワールドカップたらいうやつ、早く終わらへんかなぁ
毎日、毎日、サッカー、サッカーて五月蠅うてたまらんねん
こんなこと願ったら、非国民やと命を狙われるかも知れんけど
今夜、日本がポーランドに負けてくれることを、心より願っている
時間があるんやったら、湊川神社にお百度を踏みたいぐらい嫌やねん
別にポーランドが好きという訳じゃないんよ
そりゃ、ボン・キュッ・パ な金髪娘に関心がないというたら嘘になるけど
そんなんと違うねん。マスコミに踊らされる、にわかサッカーフ ァンに吐き気をもよおすねん
皆~な、マスコミが「踊れ」と言うたら踊るし、「泣け」と言うたら泣く風潮
話は変わるけど、警察官を襲い、二人の人命を奪った男
マスコミは元自衛官って盛んに言うけど、正しくはアルバイトが正解やと思うねん
小生の従兄弟のこうちゃんは40年前に自衛隊を辞めたんやけど
何か事件を起こしたら、やっぱり「元自衛官」って報道されるのかな
拳銃の撃ち方が云々って言われるけど、海外で幾度も射撃の練習をしてきた
小生だって、あのぐらいの構えは知っとったよ
でも、暗殺だけは堪忍やで
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
white shirt 2018.06.27
庶民の皆さんは知っとった~?
「ワイシャツ」の語原を・・・・
小生はワイシャツの襟の部分がY字型に見えるから
ワイシャツって言うのだと思っていたんよ
この40数年間ずっーとね。でも、これは違うみたい
どうやらね、ワイシャツを最初に作ったのが大阪は河内の縫製工場で
その時の会話がねヒントみたいよ
工場長「どや、このシャツ」
従業員「襟の部分がかっこええな」
工場長「そやろ。これ、売れるで」
従業員「そやな。ほんで、そのシャツ誰のや」
工場長「ワイのシャツや !ワイシャツや」
まぁ、こんな説も・・・あるわけないか
white shirtをNative Englishで発音してみてみ
小生は出来へんけど( ^ω^)・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
傲慢と言われるより高慢と言われたい 2018.06.26
傲慢って言われちまったぜ!
「誰に?」そりゃ、数少ないファンの中の一人にさ
ところで、傲慢って何さ「他者に対して優越を覚えるほどの自己満足の状態を意味する」
実に解釈が難しいよね。諸君にも理解し易いように小生の趣味であるテニスに例えよう
自分ではサーブが上手いと思っている。同じクラスの下手な奴よりは数段に上手いと思っている
その下手な奴のプレーを見ながら、なんて自分は上手いのだろうと一人満足している
残念ながら、何年経っても「初級クラス」で踏ん反り返っているボクチン
こうやって書くと「傲慢」って可愛いよね
数少ないファンの中の一人は、小生に「可愛い」って言いたかったのかな
でもね、出来れば傲慢と呼ばれるよりは高慢と呼ばれたい
「自分の才能・容貌などが人よりすぐれていると思い上がって、人を見下すこと」
残念ながら人より優れた才能は皆無だし、容貌は間違いなく怖いしね
むりかなぁ、無理だろうね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
国別世界選手権 2018.06.25
サッカーのワールドカップをやっとるらしいね
テレビでは矢鱈と大きな声の人や、はしゃぎまくる出演者たちで大騒ぎ
関心持たなきゃ、時代に乗り遅れる??? 応援しなきゃ国賊???
どこを見ても、同じ顔、同じシーン、同じ大声
どこのチャンネルも同じ内容、全体主義ってこういところから生まれるのだろうな
テレビも新聞もラジオも、サッカー、サッカー、サッカー
中には、世界のサッカー選手のイケメンアンケートってほざいたりね
思わず「写真だけじゃ、何にも分かんねえよ」なんてつぶやいてしまう
体臭がきつかったり、口臭 がきつかったり、性格が悪かったり、バカかもしんないよ
しかも、多くの選手が入れ墨者と来たもんだ
さぞ、良い子のみんなは入れ墨に憧れるのだろうな~
入れ墨者は温泉にすら入れやしねぇ。早く終わってくんないかな
負けろ、負けろ、負けろと毎日、祈っているのだけれど
祈ると負けない。あぁ~あ昨夜の祈りも、日本チームに貢献してしまったよ~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
禁煙喫茶店見っけ 2018.06.22
我々はA氏の奥様の到着まで国道を渡って直ぐにある喫茶店に身を寄せた
この「喫茶店、」表に大きく禁煙と書いてある
我々非喫煙者二人は「おっ!そいつはありがてぃ」と店に飛び込んだ
なにやら、悩んだ末に四年前に思い切って全席禁煙にしたらしい
そしたら、なんと、売上が30%もアップしたと嬉しそうに話してた
店内は引き立てのコーヒー豆の香りで満ち満ちている
さて、何を飲もうかな、二人同時に指をさしたのが「ウィンナコーヒー」
温かいコーヒーをウィンナでかき混ぜて呑むやつだ!と言うのは嘘で
オーストリア発祥の「エ スプレッソの上にクリームをのっけたものだ」
普通、おじさんは飲まない。なぜなら、絶対に似合わないからだ
飲むと口の周りにクリームがつく。これもまた不気味
だが、我ら二人は飲む。そうこうして居る内に奥様の運転する車が到着した
奥様は小生の自宅まで送ってくれるという
こんなところで天使をみっけた
しかも、高速道路を利用し、ガソリン代も高速代も請求しない
こんなことなら、先ほどの喫茶店での支払いをしておくのだった
焼き鳥は不味かったけれど、今夜の首尾も上々である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
言ってはならぬ言葉 2018.06.21
帰る手段のない我々は途方に暮れた
A氏は膝に爆弾を抱えている。小生はお腹に脂肪を抱えている
しかも、二人は酔っている。ここは西明石、明石まで出れば山陽電車が動いている
塩屋まで辿り着けば、タクシー代も千円程度で帰宅できる
あっ!個人情報を話し過ぎた。塩屋というのは嘘で山陽電鉄沿線の某駅が正解です
そうこうする内に、A氏は奥様に電話を掛け「〇〇ちゃん、迎えに来て欲しいの」
なんて、恐ろしいことを言うではないか・・・
殺される!一瞬身構えたのは小生だけか・・・
「迎えに来て」云々は禁句中の禁句ではない か
だが、奥様は迎えに来てくれると言う
もしや、もしや、小生が好きなのか・・・
けれども、普段の態度を見ると「嫌いなタイプ」に分類されていると思う
我々二人は駅前の喫茶店で待つことにした
そこで、我々は目からうろこの体験をする
紙面が尽きた。お楽しみは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
地震の夜に考えた 2018.06.20
弊社社員、本森(仮名)は親切である
西明石に送ってもらう際「社長!JRは17時から動きますから、安心してください」
そのように抜かした。更に、17時30分に電話を掛けてきて
「社長!JRは20時には動きますので、ゆっくりと食事を楽しんでください」
そう、言いやがった。その言葉を信じ、我々二人は白木屋のドアを開けた
A氏も小生も禁煙派である。どんなに美女が現れようが
タバコを吸う奴は蹴り上げる。ついでに空手チョップもお見舞いする
金髪の汚ったない店員の兄ちゃんが、タバコを吸うか否かを問う
当然、禁煙席を 希望する。広い広い店内の
遠い遠い隅のスペースに案内される。そのスペースはガラスで仕切られていて
4つのテーブルだけがある。何十もあるテーブルの内、4テーブルだけなのだ
しかも、広い広い店内に客は我々を含め3組だけ
金魚の水槽のような、狭い禁煙席には二組
だだっ広い喫煙席には、タバコを吸っていない男の二人組がぽつんと一組
何かがくるっている。20時を過ぎ早々に駅に向かう
券売機はクローズ。駅員もいない。本森(仮名)のおでこにデコピンを
3発否、5発喰らわすことをきめる
家に帰る手段がない。かといってタ クシーも嫌だ。なぜなら・・・ケチだから
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ああ地震の夜なのに
2018.06.19
上得意のお客様より夕飯に誘われた
「まさか、こんな日に」と小生が驚くと
お客様は平然と「こんな夜だから行くのです」以後、彼の事はA氏と呼ぼう
電車が止まり、三ノ宮には行けそうもないので、西明石で済ませることにした
西明石までは弊社社員の本森(仮名)が送ってくれた
西明石にはA氏の溺愛する娘の推す焼き鳥屋が在るという
探し当てたその店に客はいない
取り合えずビールで乾杯する。焼き鳥に肝刺し
何本か頼んだが、美味しくない。と言うより不味い
小生は、焼き鳥は「トリドール」か「鳥平」でしか食 べない。
この二つの店では失敗はないのだ
その禁を犯した罰なのか美味しくない
A氏と二人で愚痴りながら、大衆居酒屋「白木屋」へと向かう
普段は「白木屋」などへ足を向けないのだが、A氏のたっての願いで禁を破る
禁を破った為に、またまたドツボに・・・ドツボの中身は明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
自信につながりました
2018.06.18
今朝、午前8時前大阪を震源とした大きな地震がありました
小生は出勤途中の自家用車の中、ちょうど信号待ちをしておりました
ガラケーの大きな警報音とともに、小生の車がゆっさゆっさと大きく揺れます
ラジオからは「安全を確保してください」と繰り返されるアナウンス
1995年1月17日、6400名を超える死者を出した阪神淡路大震災を直に経験した者にとって
地震は本当に怖いのです。「安全を確保してください」と言われても
車の中で、どう、安全を確保するのか・・・・
車から離れるのか? 祈るのか? 気を失うのか?
頭をよぎる は家族のこと、従業員のこと、お客様のこと
幸いなことに、自分のことより、自分以外の人たちに心が動く自分がいました
自分以外の心配が出来る自分に自信を深めました
地震にびくともしない、建物を作りましょう
地震に対する備えをしましょう。地震保険には必ず入りましょう
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
帯状疱疹のその後
2018.06.14
2週間ほど前に帯状疱疹(ヘルペス)に罹った
ブログにも書いたので知っている人は知っていると思う
2週間たった今、疱疹も枯れ左腕の景色は、まさに枯山水のようで趣がある
が、しかし、疱疹の痛みは癒えたが、腕全体の神経痛が常時続きこれが厄介
いつも左肩から手首までが痛いのである。神経に触る痛みなのである
「キャー!笑顔が素敵」なんて言われていた笑顔も出ない
お酒も欲しくない、人と会うのもおっくう。
ひょっとしてこれが噂に聞く『鬱』???
それとも、更年期障害・・・・まさか閉経ではあるまい
と言うわけでブログ を書くにも時間がかかる
しかも、内容が面白くない。文豪も痛みには勝てぬ
これもすべて「帯状疱疹」のせいである
仕事終わりには今日も医者に行く。
皆の衆、完全復活を待たれよ
6月中には完全復活の予定である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ソーラーパワーのブクブク
2018.06.14
庭にね発泡スチロール製の小さな水槽を置いて魚類を飼ってるの
魚類って言っても鯉やナマズじゃなく、メダカとね小さなドジョウとタニシにヌカエビ
でね、少しでも快適な環境で彼らに暮らして欲しくって、酸素発生装置を仕掛けたんよ
俗にいうところのブクブクって言うやつね
ここで問題が一つ、水槽の近くにはコンセントがない
電池式のモーターのあるけれど、直ぐに電池は切れるしね
乾電池代もバカにはならないしね。そこで見つけてきたのが
ソーラー発電タイプの酸素発生装置、スマホほどのソーラー発電機で発電してね
酸素を供 給するわけ。使ってみてわかったのだけれど
この発電方式には幾つかの欠点があるんよ
もちろん、この世の中に欠点のないものなんてないってことは100も承知
なにしろ、小生にだって欠点はあるぐらいだからね
一つ目に、夜間は発電をしない。だから、勝手に切れる
雨の日も発電はしない。曇りの日も発電をしない
要するに、池の中の住民はしょっちゅう停電の憂き目に合うってわけ
電力事情の悪い、後進国並みなわけ
でもね、池の中の住民は小さな奴らばかりだから、割とへっちゃらみたい
良かったよ。いや、ホンマ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
自画自賛
2018.06.13
トランプ大統領は自分のことを誉めまくり
安倍首相も自分のことを誉めまくり
ミサイルマンも自分のことを誉めまくり
テレビに出る人たちも、自分のことを誉めまくり
♫誉めまくりったら誉めまくり♪
皆さん、自分が好きなんだなぁ~
その自信ってどこからくるのかなぁ~
早々負けてもいられないので
小生も自分のことを誉めることにしてみるよ
尿意式体内時計で毎朝5時には起きることができる
お酒を飲まずとも午後9時半には眠ることができる
毎食後、歯磨きをする
自分の靴は自分で磨く
「どゃ!」って言いたいけれど、書けば書くほど惨めになってきたよ
「痔我痔惨」の経験ならあるけどね。誰か、誉めてくんないかな
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
米朝いうたら、やっぱり人間国宝を思い浮かべるわ 2018.06.12
今日は米朝の初めてのトップ会談が行われる日
マスコミは姦しく、金委員長が笑顔を振りまいただとか
スーツを着るのか、人民服を着るのかだとか、まるでアイドルの追っかけ、お祭り騒ぎ
ゲストで呼ばれる人たちもギャラが入るし、会社経費でシンガポール旅行を楽しむ人も出る
ただね、絶対に忘れてはならないことは、彼は暴君であること
叔父を処刑し、兄を暗殺し、自分に逆らう者たちを投獄し、または刑死させ
万人を飢えさせた罪は消えない。2012年には金独裁者の政権就任を祝う
「どんちゃん騒ぎ」用の食料を徴発したしたことで黄海南道では極 度の食料不足に陥り
数万単位の餓死者が出たとの報道もある
日本人の拉致被害者も忘れてはならない。拉致被害者を解放することは当然のことなのである
感謝をする筋合いもない
某日日本で誘拐犯が捕まりました。子供は無事でした
両親は誘拐犯に感謝状を贈りました。そんな、アホな
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
脱走 2018.06.11
イモリ(あかはら)を5頭飼っている
井森美幸ではない。正真正銘のイモリなのだ
井森美幸ならば、5頭もいないであろう。もし居れば食費も高くつきそうだ
家族全員となかよしだ。お風呂で一緒に泳いだりはしないが、間違いなくなかよしだ
我が家のイモリは結構アホである
5頭ともアホである
その証拠に、餌の冷凍赤虫を入れると、仲間の足であろうが顔であろうが噛り付く
そのイモリが家出をしたとの連絡が自宅よりLINEで届いた
ガラス蓋を上げ2頭が脱走したらしい
1頭は、瀕死の状態で見付かったがもう1頭 が見つからない
ご存知の方もあろうかと思うが、井森美幸は哺乳類でアカハライモリは両生類である
河童と同じく、水がないと生きてはいけない
水槽はリビングにある。最寄りの池までは200m
アホなイモリは地図も読めまい。今はただ、ひょっこりと出てくるのを
事務所より祈るばかりである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
無事ネスマン 2018.06.08
ビジネスマンの休憩は短い。通常我々は3分を目途に昼休みを取る
「私は60分取っているわ!」だと、60分もあれば
家に帰って、セットランチを食べて、昼寝をして再度出社できるわ!
何しろ、3分を目途にお昼休みを取るものだからチキンラーメンすら食べる時間がない
そこで考えたのが。アイスコーヒー+フルーツたっぷりのケーキバーだ
これだと、1本に10秒もかからない2本食べても20秒
アイスコーヒーを流し込んで、更に10秒合計30秒
余った2分30秒で午睡が取れる
この、江崎グリコの 毎日果実 フルーツたっぷ りのケーキバーは実に美味い
しかし、1本当たりのカロリーが152キロカロリーもある
2本で304キロカロリーだ。ご飯茶碗一杯のカロリーが、だいたい250キロカロリー
かなりの高カロリーと認めざるを得ない。もちろん、我々、ビジネスマンは
ダイエットなんて考えない。ただひたすら、働く時間が欲しいだけだ
今日一日を労働に捧げ、無事に過ごせればそれでよい。そんな穏やか系
無事ネスマンのひとりごと
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
入梅 2018.06.06
梅雨入りしましたね。気象学でいうところの「入梅「」です
雑節上の「入梅」は6月11日ですから、少し早い梅雨入りとなりました
お百姓さんにとって梅雨は「慈雨」となりますが
小生も、草花の水やりの手を抜けるので「慈雨」であります
ただね、ナメクジの数が物凄いのです
住宅地に居るのは、大方がチャコウラナメクジという種類で
1950年代に日本に侵入してきたヨーロッパ原産の外来種って知っていましたか
ナメクジの繁殖力は凄まじく、早急に対策せねば
雨上りの庭がナメクジたちに占領されてしまいます
誤解 を恐れずに言うならば、中国人に占拠された「心斎橋」「祇園」「北野異人館」になるのです
もちろん、ナメクジにも天敵はいます。代表格はコウガイビル
ヌメヌメと長く、長いものでは80cmにもなります。頭はハンマーヘッドで
ナメクジをむしゃむしゃ喰います。ある意味ナメクジより気持ちが悪いです。
無理!
オサムシ、雑木林に住んでいます。住宅には来てもらえません
マイマイカブリ、ナメクジも食べます。ここ5年程見たことがありません
昆虫ファンが飛んできます。入手、不可能です
梅雨時の朝はナメクジ退治から始まり、夕方のナメクジ退治で終わります
仕方なく、今朝も「ナメクジ退治スプレー」なるものを咽るほど撒いてきました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ロシア課長 2018.06.06
外務省の毛利ロシア課長がセクハラで停職になったってね
多くの女性から、動くセクハラマシン、息をするようにセクハラをする男との冠を頂いている小生
セクハラについては話す資格はないのだけれど、ロシア課長って何なのよ
今年3月に天に召された月亭可朝なら分かる
「ボインは~・・・」の歌声が脳裏に浮かびさえする
神戸支店 営業一課 課長 伊〇大〇 なら、よく理解もできる
「ははん、神戸支店には幾つかの営業課があり、そこの責任者なのだな」って具合にね
ロシア課長って大きすぎない・・・・
客   「もしもし、毛利課長はご在籍です か」
ロシア課「あ、毛利はただいま席を外しています」
客   「いつ頃、席に戻られますか」
ロシア課「そうですねぇ、エカテリンブルク迄、手洗いに行きましたので、席に戻るのは明後日になります」
広大なロシアを課で括るなんて、外務省って本当にクール
ひょっとして、正しくは、北半球局 アジア部 ロシア課 課長が正式な肩書なのかな????
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
問診票 2018.06.05
鉄人、神の子などと言い続けられてきた小生であるが
身体の調子が悪い時もある。鉄人は木人であり、即ち神の子は人の子だからだ
少し、禅問答的な展開になってきた。流れを変えよう
誰でも、歳を取るとポンコツになるということなのだ
で、ご多分に漏れず、小生も医療機関のお世話になることがある
そこで思うのだが、何故に「問診票」なるものを書かせるのか
医療機関に罹る人は、身体や心に不調があるに決まっているのだ
「今日は体調が良いので先生に診てもらおうと思いまして・・・・」てな奴も
診療科さえ間違えなければ間違い なく病人なのだ
熱がある、腕が痛い、歯が腫れたという患者に何故「問診票」なるものを書かせるのか
しかも、不安定なクリップボードの上に小さな字で書かれた紙きれを置かれ
歯医者「どこが痛いのですか」
患者 「歯に決まっとうやろ!」
眼医者「どこが悪いのですか」
患者 「目に決まっとうやろ!」
肛門科「どうされました」
患者 「俺のケツに聞け」
てな具合に、ろくに読みもしない「問診票」そろそろ止めにしませんか
本当に医者が多忙で、その手助けをしたいなら、受付事務の女史よ
雑談は 止め、君たちが書けば良いではないか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ホタル観賞会? 2018.06.04
小生の幼少期、父方の田舎は神戸市兵庫区にあった
今でいうところの、神戸のチベット「北区」のことである
夏になると、用水路でのドジョウ掬いや、ホタル狩りが恒例行事であった
日が暮れると、田舎の家屋の前の用水路には平家ボタルが群舞していた
幼い小生にも、団扇で扇いで容易に捕れるほど群舞していた
捕った蛍は、蚊帳に入れて光を楽しんだりキキョウ科の多年草「ホタルブクロ」に
入れて楽しんだ。蛍雪の功って言葉があるけれど、本当にたくさんのホタルを集めると
暗闇でも字が読めるんだよ
さて、久しぶりにホタルが見た くなった。紀州は熊野に向かえば源氏ボタルも見られるけれど
平家ボタルで良いので、楽して、ホタルの乱舞が見てみたい
そこで、ターゲットにしたのが、宇治森林植物公園。この地で繁殖させている
宇治森林植物公園はその名の通り、京都府宇治市にある
情報によれば、ホタルも最盛期にあり乱舞しているとのこと
行きました。行きましたとも。植物園は物凄い人。人、人、人
ホタルもいたけど、ホタル一匹に人百人
ホタル狩りはもちろん禁じて、ホタル観賞すら人の頭越し
きっと、ホタルたちの「人間鑑賞会」に違いないと思うよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
初めての帯状疱疹 2018.06.01
左腕一面に疱疹ができたんよね
皮膚科に行くと、帯状疱疹とのこと
先生は触りもしないで「帯状疱疹」と一言
「よほど、仕事が忙しいのですか」「大きなストレスを抱え込んでいるのですか」
仕事が忙しくないことがストレスだし、プライベートもごちょごちょとね
診察室にいたのは3分ぐらいだろか。会計も含めると待つのは1時間。診察は3分
3割負担で1070円。3750円の儲け。ええ商売や~
因みに「帯状疱疹」ってウィルスの引き起こす病気らしいけど、うつんないらしいよ
だから、会っても逃げないでね。逃げたら間違いな く追いかけて
疱疹部分をなすりつけるからね
ひょっとしたら、ここ5日間の耳痛はウィルスが脳に入ったからかも知れないね
大丈夫、少々、ウィルスが入ったぐらいでは、例え、脳にダメージがあったとしても
諸君よりはまだまだ上だからね。安心したまえ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
判決を言い渡す 2018.05.31
梨状筋症候群の治療に週に2回、整体に通っているんよね
当然、服装はジャージにTシャツ
整体師の先生が施術をし易い様にと、これが大人の思いやり
帰り路でのこと、小用がしたくなった
小用とは何か・・・・そう、諸君の位置する階層の言葉では小便
もっと、砕けて言うならばションベン。幼児はシッコと言う
我々の階層にとって立ちしょんなどはもっての外
座りションベンも同じこと
幸い、大きな立体駐車場に立派なトイレを見つけた
トイレに駆け込む。アサガオは二つ。我々の階層では小便器のことをアサガオと呼 ぶ
が、トイレの外側のドアは開放型
どちらのアサガオも外から見える。ジャージには社会の窓がない
当然、ひざ下までジャージを降ろさねば用は足せぬ
結果として、小生の玉袋まで見えるやも知れぬ
「ええい!ままよ」思い切ってジャージを降ろす
可愛らしい美尻が一般公開される
見られれば、犯罪なのか「半ケツを言い渡す」なんてね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
躍進したいと考える毎日であります 2018.05.30
強い薬のおかげで耳の痛みは随分と増しになったのだけれども
左腕の皮膚に異常が出てきたよ
薬疹か~ぁ!
痒くはないのだけれども、こりゃ酷い
躍進したいと日々思っているのだけれども、まさか薬疹してしまうとは
♪知らぬ仏のお富さん(^^♪
小生の大切にしていた仕事用のパソコンも壊れました
まぁ、8年も使っていたのだけれどね
泣きっ面に蜂とはこのことだ
業者を呼んで修理もやってみたよ
業者さん、直ぐに匙を投げてね
その匙が小生の額に直撃。まさに泣きっ面に匙
今月も不意の出費。痛いな~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
特効薬は無人島での一人暮らしか 2018.05.29
自分で耳掃除をしたんよね
何故、自分で耳掃除をしたのか・・・・
答えは簡単。誰もしてくれないから
10代、20代の頃は、いろんな娘が膝枕をして耳掃除をしてくれたのにね
今や、お願いをしようが土下座をしようが誰もしてくんない
だ・か・ら膝枕も無く自分一人で耳掃除をしたよ
耳掃除をしてから1時間後、左耳が痛いんよね
小生にとって、左耳はとっても大切なんよ。何しろ、右耳は全く聞こえないと来たもんだ
右耳は単なる飾り。左耳は優秀な集音器
万が一にでも左耳も聞こえ無くなれば、仕事も出来ないしね
時間が経つにつれて、左耳の症状は酷くなり
夜中に目が覚めるほど痛み出したんよ
慌てて耳鼻咽喉科に飛び込んだ結果「耳も喉も鼻もきれいですよ。
否、美しいと言ってもよい」とのこと。「恐らく、心因性の神経痛でしょう」
心因性・・・・誰も膝枕をしてくれないストレスか
原因らしきものは10も15も浮かぶんよね
結構きつい薬を貰い、家路についたんよ
効いてくれることを祈りながら左耳を押さえる毎日が続くよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
運転免許更新 2018.05.28
運転免許の更新に行ってきたよ
公安委員会からのお知らせはがきをめくると
「初回更新者」「2時間講習」「青色」「違反歴無」の文字が・・・・
「初回更新者」? 小生、大型免許も大型特殊免許も自動二輪免許も持っているよ
確か、大型免許は運転履歴が3年以上なければ試験を受けることも出来ないはず!
しかも、小生この8年間「無事故」「無違反」
何故に・・・・「初回更新者」で「青色免許証」なのか・・・・
教えて進ぜよう。それはね、前回の免許更新時に有効期限を1週間過ぎてしまったからさ
皆も気を付けようね。うっか りさんに乾杯!
2時間の講習は退屈だったよ。アサリのような感じのおじさんが、早口で延々としゃべったり
安全運転啓発ビデオを見せたりね。何年間も同じことを言っているんだろうな~
声も小さく、早口で、何を言っているのかまるっきりわからない
確か、3年前の講習時にはシジミのようなおじさんが、もごもごしゃべっていたような気がするよ
今夜は、お味噌汁が飲みたいな~。もちろん、アサリが一杯入ったやつをね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
蒲郡オレンジパーク 2018.05.25
午後二時過ぎに「蒲郡オレンジパーク」着いた我ら一行
事前にグレードアップの食事を申し込んでいたのは我ら二人と、おばちゃん一人
後の40人は、追加料金の要らない食事です
更に、驚愕の事実が判明。四十余名の内、30名は一人での参加
なんと、30名はバス代も、食事代も、この後にある「いちご狩り」も無料なのです
なるほど、先ほどアクセサリーショップで缶詰にされた意味が分かりました
昼食でビールを頼んだのも、我ら二人、ビールの追加注文も我ら二人
他の人々はお金のかかることはしません
昼食を終えると、間髪入れ ずにマイクロバスに詰め込み
イチゴ狩りへと向かいます。ご飯とビールでお腹はパンパンです
なるほど、主催者の腹が読めてきました
「昼食時間を遅らせる」➡「ガツガツとご飯を食べる」➡「イチゴは無理」
でも、そんなことに負ける二人ではありません
死んでも食べる。腹が裂けても食べてやる。呪いのように繰り返し食べたのであります
二人で50個は食べたでしょうか.
勝ち誇った我ら二人車中の人となりました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
即売会場 2018.05.24
即売会場の扉が開かれました
奇麗なガラス張りの工房では加工をしている人たちが並んでいます
工房を過ぎると、手ぐすねを引いた売り子さんたちが目を爛々と光らせ待っています
私共二人は、決死の形相で売り子さんたちを押しのけます
横から来るやつには肘打ちを、後ろから来るやつには背負い投げ、前の奴には強烈なアッパーを・・・
ようやく、出口のレジ付近にたどり着いた私共は、レジの姉ちゃんにコンビニの場所を聞き出しました
理由を訊かれたので「煙草が切れてイライラしている。吸えばすぐに戻ってくる」と約束をしたのであります
我ら、二 人は自他ともに認める『嫌煙者』煙草を見れば蹴りを入れるぐらいであります
コンビニまでは片道5分、往復で10分、余裕である。宝石よりビール、磁気ネックレスより唐揚げくん
キンキンに冷えたビールと、ピーナッツ、唐揚げくんをゲットした我ら二人
緑に覆われた日陰に陣取り、餌食になった人たちが出てくるのを悠然と待つのでありました
さあ、お昼ご飯の場所迄、バスで移動です。ここから更に1時間以上かかります
お昼ご飯の場所にたどり着いて、驚愕の事実が判明
その訳は、明日の「日帰りバス旅行最終回を待て」のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ホントに本題?
2018.05.23
我々、四十余人を小ぎれいで、それでいてさほど広くない部屋に閉じ込め
きれいなお姉さんの、お話が始まりました
どうやら、前に飾ってある奇麗なネックレスは磁気ネックレスのようです
このネックレスの磁力がいかに強いかをパチンコ玉を使って説明しています
お姉さんが、質問をし、おばさんたちが答えるとアメちゃんをくれます
多分、五個ぐらい入っていると思います
何を答えても、アメちゃんをくれます。おばちゃんたちは夢中になります
希望するおばちゃんたちの首にネックレスが掛けられてゆきます
高いネックレスはダイヤモ ンドが間に入り300万円と言っているようです
分割払いも出来るし、クレジットカードの使用も出来ると言っているようです
小生にとって、1万円以上は1億円でも一緒です。単に高いで終わります
久しぶりに、本格的な催眠商法を目の前にし、小生感動しまくりです
もちろん、買う気なんてありません
磁気医療器の磁気は35ミリテスラ~200ミリテスラと決められています
MRI機器などの1テスラ~3テスラと比べると、非常に小さい力であることもわかります
1ミリテスラの1000倍が1テスラですからそのため、永久磁石磁気治療器ぐらいの磁力によって 良いにしろ悪いにしろ健康に影響があるとすると、
MRIなどの医療機器由来の強力な磁気では身体的影響が 見られないという事実との整合性が無いのです
お姉さんの話の間にトイレを使うことにしました。
予想通り、トイレもむっちゃ奇麗です
快適、快適、感謝感激雨あられ
さて、いよいよ即売会上の扉が開かれます
ここで我々がとった行動は・・・・・続きは、またまた、明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
さて、本題
2018.05.22
たかが日帰りバス旅行。されど、日帰りバス旅行
バスの旅は続くのであります
チャバネナナフシ添乗員が「お昼ご飯の前に、アクセサリーショップによります」
なんて、ほざいています。しかも、アクセサリーショップではたっぷりと時間を取るので
お昼ご飯は午後2時を回るとほざくのであります
腹を立てたとて、帰る手段は無し。我々、四十有余人は囚われの身となったのであります
バスに揺られること30分。バスは何やら怪しげな建物前に停まります
バスの中でチャバネナナフシ添乗員から注意事項を述べられます
ここで、ありがた い話を聞いて買い物をするにさいし
勝手に建物を出て散歩に行く人が居るが、バスは予定時間より随分と早く出発する可能性があり
断じて、バスより離れるな。出来ればアクセサリーショップより出るな!とほざきます
怪しげな建物はとても清潔でありました
小さなホールに通されると、30代でしょうか奇麗なお姉さんが出てきました
目の前には胸元から首までのマネキンがずらり
いずれも、きらきらと輝く宝飾品を首に巻き付けています
さて、ここから何が始まったか・・・続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ジェットバス
2018.05.21
先週の続きである
車線規制のある新名神を降りたバスは一般道を通り信楽を目指す
バスは次第に山間部へと入ってゆく
小生「道幅がごっつい狭いな~」と独り言をつぶやくと
運転手「こんなもんではあらへんで、今からや」
とつぶやく。黙って運転して欲しい・・・・
バスは両側を川に挟まれた狭い道をずんずんと進む
結構、スピードも出ているので迫力満点
特に、対向車と出会うと、どちらかが川に落ちるのではないかとハラハラドキドキ
出来ることならば、対向車に落ちて欲しいと心から願う
道幅は 小型車同士でもすれ違うのが難しい
まるで、レールの無いジェットコースターに乗っているような心持
ジェットバスである。決して泡風呂のことではない
もちろん、川に落ちればブクブクと泡を吹くだろうが・・・・
途中、対向車と出会い、何度も立ち往生したが
何とか、目的地の信楽たぬきの里へとたどり着いた
運転手の文句も垂れ放題。いゃぁ、迫力がありました
たぬきの里は何の値打ちもないけれど、ジェットバス。迫力が御座いました
バスの旅はまだ続きます。続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
取り合えず申し込んでみた
2018.05.18
バスは一路、信楽焼の故郷、滋賀県甲賀市を目指します
甲賀市は甲賀忍者の発祥の地として有名ですが、コウガ忍者ではなく
コウカ忍者と読むのが正しいのです。また一つ、余計な知識が増えたね
江戸時代には伊賀の「服部半蔵」甲賀の「望月三郎」と並び称される忍者の家系で有名です
今回の旅は忍者屋敷に立ち寄ることもなく、信楽焼「たぬきの里」を目指します
信楽焼は備前、丹波、越前、瀬戸、常滑と並び日本六古窯の一つとされていますが、
備前や、丹波程の技法の発達も無く、たぬきの陶器だけが有名になった
つまらん、窯の地位を確立しています
数年前にも行ったのですが、驚くほど、つまらなかった記憶が鮮明に残っています
信楽には、新名神を通っていくのですが、15日から新名神は一斉点検に入っており
渋滞は必至でありました。茶色い羽根のナナフシ添乗員と大たぬきの運転手が揉めています
最前列の席からはその言い争いの声が丸聞こえです
どうやら、運転手は渋滞であっても、高速道路は通りたいと主張しナナフシは
時間短縮の為「一般道を通れ」と主張しているようです。結局、ナナフシの不気味さに負けた
大たぬきが一般道を通ることを承諾させられてしまいました
ここから、大スぺクタル 、とんでもないことが始まります
乞うご期待! 続きは月曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
取り合えず申し込んでみた
2018.05.17
無料のバスツアーへ参加した
目を惹かれ、気を惹かれたのは、次のようなうたい文句だった
「あなた様は無料。お連れ様がある場合は、その方だけの参加料金を戴きます」
むっ、無料! 小生、無料という言葉に滅法弱い
気が付いた時には参加申し込みはがきをポストに投函していた
内容はよく見ていない。いちご狩りが、どうたらこうたら・・・
信楽焼が、なんたらかんたら・・・・・
神戸の住人が「いちご狩り」と言えば神戸市北区二郎を思い浮かべる
我が家からは車で30分の距離なんよね
当日は、午前7時10分に湊川神 社前に集合とのこと
えらく、朝が早い「そうか、イチゴは朝摘みが美味しいからな」と納得
朝が早いため、服装のコーデネートもそこそこに、湊川神社に駆け付ける
しかも小生、すっぴんである
我らは複数参加の為、現地で差額料金を徴収される
差額料金には、昼食のグレードアップ分、前方席確保の座席キープ料金も含まれている
バスは最前列。追加料金1,000円を払っただけのことはある
チャバネのナナフシのような添乗員から行程の説明を受ける
今から、信楽の「タヌキ村」へと向かい、その後
蒲郡のオレンジパークでいちご狩りをお楽し みいただきます
「し、信楽。信楽焼と言えば滋賀県。蒲郡と言えば愛知県ではないか・・・・」
イチゴを食べに、愛知県。信じられないたびに我々は旅立ったのでありました
続きは、明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本森との誓い 2018.05.16
当社の営業職に本森(仮名)と言う若い女性がいる
顔立ちは、なかなかキュートである。性格も頭もよい。惜しむらくは
ぷっくり系と言うか、豚まん系と言うか、ブラウスのボタンがはじけ飛び系、と言うか
ドスコイ系と言うか、将軍様系と言うか、要するに三桁系である
尚、三桁系の真贋は本人はきっぱりと否定していることはお伝えしておく
この本森(仮名)が今週末からジムに通うと宣言した
「事務」に替わるのではない営業のままだ。「寺務「」に転職するのでもない
ましてや、「ジャングルジム」に通うことはあり得ない
スポーツ ジムに通うらしいのだ。しかも、週に3回以上
小生は断言した「続かない」と
もし、年末まで継続して続いたならば2,000円のお小遣いをやろうと
続かなければ、2,000円のお小遣いを頂戴ねって
賭博ではない。お小遣いだからね。通報は無用である
考えてもみたまえ、本森(仮名)が痩せでもすれば、妊婦系の小生のお腹が目立つではないか
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
本態性震戦は治る 2018.05.15
当社には、田山(仮名)と言う心優しい美人の社員がいる
極めてノーマルな女性ではあるが、趣味が階段の昇降と言う不思議な女性である
兼ねてから、小生の持病を気に掛けて居て呉れたらしく
新聞記事の切り抜きを持って来てくれた
その前に小生の持病について説明せねばなるまい
「意地が悪い」「助平」「頭が悪い」「気持ちが悪い」・・・・
違う!違う! 勝手に人の病気を作るのは止めて頂きたい
ましてや「助平」は病気ではなく「生きがい」の問題である 小生の持病は「本態性振戦」つまり、手が震える病気である
この持病、なかなか厄介で、アル中と間違えられる
だが小生、決してアル中ではない。そのへんはTOKIO の山口達也と同じである
「助平」であることもTOKIO の山口達也と同じである
唯、小生は熟女が好みである。そのへんはTOKIO の山口達也とは違っている
ここまで書いて、気が付いた。この話、ブログで披露するにはあまりにも勿体ない
当社の「お客様」にだけ郵送している「ほけんやニュース」に載せることにしよう
今なら未だ間に合う。「Officeほけんやでほけんに加入しようではないか」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ランニングママ
2018.05.14
五月晴れの中、朝のウォーキングに出掛けた
この日は、長袖でも寒い
いつものように、野々池の貯水池を回ろうと定位置に着いた
ふと、前方を見るとランニングをしているスリムな若い女性が見えたんよ
その女性、ランニングファッションをばっちりと決め颯爽と走る
颯爽と走る両手には乳母車のハンドル。なんと幌付きの乳母車を押してのランニング
小生の歩く速度は時速6㎞。その内、追いつくだろうと頑張ったが
その差は広がるばかり。いったい何者なのか
まさか、増田明美ではあるまい。彼女は余りに歳を取り過ぎている
運が良ければまた出会えるであろう。明日からの楽しみがまた一つ増えた
追うのを諦めたとき、右前を上半身裸で歩く真っ黒に日焼けした爺ちゃんを追い抜いた
髪は短髪である。半ズボンを穿いている。まさか、裸の大将、山下清画伯???
否、彼は47年前に死んでいる。しかも、この爺ちゃん
スケッチブックではなく、両手に鉄アレイを持っている
「ぼっ、ぼかぁ、怖いんだな、鉄アレイが・・・・・」
春のウォーキングは色んな人が出没するので、ぼっ、ぼかぁ、楽しいんだな
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ラ・べべドール 右隣は23歳であった
2018.05.11
木曜日の続きである
小生の、左右を挟む女性は二人。若い!
齢を重ねて良いことの一つに
夜の世界の女性はママを除いて皆~んな「若い」
この娘はどう見ても小生よりは歳を喰っているなって女性に巡り合わないことだ
これは実にありがたい
アラフォー世代の女性だってかわいこちゃんに見える
左に座ったホステスは22歳ぐらいであろうか
ちょっと、抜けているように思う
右に座ったホステスさんは20代後半か、しっかり者の感がある
左のホステスに歳を訊いてみた
ヌケ嬢「あたし~31歳」
小生 「えっ 、ホンマに31歳なん。大丈夫??男に騙されたらあかんよ」
ヌケ嬢「あたし~、信じやすいねん。もう、既に横ちゃんのこと信じてるぅ~」
小生 「まぁ、騙さへんけど、横に座って未だ30分も経って無いねんで」
ヌケ嬢「うん、わかったぁ~。あたし、ウイスキーは炭酸で割りたいけど怒られるかなぁ~」
小生 「ボーイさん、炭酸一本持ってきて」
小生 「あかん、勝手に客のスマホをいじったらアカンよ」
世の男性諸君!このような天然の記念物のような女性を保護しようではないか
彼女があまり傷つけられることなく、無事に一生を終えることを心より祈念する
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ラ・ベベドール
2018.05.10
昨日の続きである
鰻で腹を満たした我々は、再びA社長の奢りで次の店を目指すことになる
目指すは雨に煙る夜の街、三ノ宮である
連れて行かれたのは、ラ・ベベドールつまり、スペイン語で「酒のみ」
まさに、我々二人にはお似合いのラウンジではないか
店に到着したのが午後7時20分
諸君!考えてもみたまえ。夜のお店が7時からやっているわけなど無いではないか
開店準備で忙しい、ベベドールに押しかけたベベドールな二人
A社長の顔か、小生の顔に惚れたのか・・・とりあえずはボックスへと通されたのである
広い店内は内装も美しく、ゴージャス
今宵のホステスは20人を超えるらしい。そうこうして居る内に
きれいどころが我々を、取り囲む
A社長の金が目当てか、小生の身体が目当てなのか・・・・用心せねばなるまい
そこでの会話の一端をご披露しようと思ったが、紙面が尽きた
続きは金曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
目に青葉山 ホトトギス 初ウナギ
2018.05.09
実は、初ウナギでは無いんよね
何と、今年に入って鰻屋の鰻は2度目
小生にとっては日本ハムの清宮幸太郎内野手が
プロデビュー6戦連続安打を達成したのと同じ位凄い記録なのだ。
しかも、2回連続でA社長の大盤振る舞いと来たもんだ。アア、コリコリャ
場所は神戸は元町。90年近い歴史を誇る名店「青葉」
A社長は、「鰻肝」と「鰻」小生は「鰻肝」と「うな重」
A社長が此処の「うな重」は、ご飯が多く、胃には結構来るよ!と言う忠告を無視して
鰻にはご飯🍚と頑なに信じている小生は、「うな重」を頼んだんよ
鰻が焼きあがる までは、鰻肝を肴にアサヒスーパードライで喉を潤す
テーブルに「うな重」が並べられてからは、キリンラガーに切り替え
絶品の「うな重」を頂く。鰻は一匹、丸々載せなんよね
うっうっ、マンボ。じゃあなく、うっうっ、旨い。さすがは「青葉」
ただ、鰻も大きいがご飯の量も多い。これ以上、ビールを飲むと腹が持たぬ
小生「おなごし、これ、おなごし。ご酒はござらぬか。日ノ本の酒を所望じゃ」
「はっはー、ご酒は大関でござりまする」
小生、灘の酒は好まぬ。名店にも欠点があったとは
画竜点睛を欠く。これもまた、面白し、あっぱれである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
オペラ座の塵芥
2018.05.08
いよいよ開演です。予約をした座席はS席ながら可もなく不可もなく
ただ、オペラグラスを忘れた小生には舞台の人物の可をは判別も儘ならず
舞台はいきなり、甲高い女性の歌声から始まります
その後も、何を言っているのかよく分からない歌詞の歌が延々と流れます
その歌も、昭和歌謡のような分かり易い歌ではなく
聞いたこともない、面白くもない曲ばかりが続きます
一言で言えば、ナルシストたちが歌う塵芥のような歌です
不覚にも、急いで飲んだビールも回ってきました
夢の世界と、気持ちの悪い曲の間を、行ったり来たりの時間が 流れます
そうこうするうちに前半が終りました。高いお金を払って来たのだし
これではいけないと、コーヒーを買い求め胃に流し込みます
後半は寝ませんでした。でも、面白くも何~にもありませんでした
カーテンコールで何回も顔出しをするのもウザイって感じました
一昨年、キャッツを観、最低の舞台やなと思ったのですが
キャッツをも凌駕する、ナルシスト集団によるおナルな舞台でした
総括「金返せ!」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
オペラ座の芥塵
2018.05.07
京都まで足を運び「オペラ座の怪人」を観てきました
連休中の京都は観光客でごった返し
駅の構内を歩く事さえも人混みに疲れてしまう状況でした
幸い「オペラ座の怪人」を上演している京都劇場は駅構内にあり
辛うじて人に酔う前にたどり着くことが出来ました
開演までは1時間少々あります
先ずは、腹ごしらえをせねばなりますまい
街中に繰り出すには、時間がいささか心細い
仕方が無いので、京都劇場一階の「そば酒房 徳兵衛」へ
ここも店の外まで客が並んでいます
待っている間にメニューを見れば 、掛けそば800円の文字が・・・
掛けそば3人前が800円ではなく、一人前が800円
掛けそばと言えば、出汁の中にそばが泳ぎ、その上にネギを散らしただけの物
ネギ嫌いの小生が頼めば、出汁の中にそばが寂しく泳いでいるだけの代物
そうなりゃ、定食を頼まざるを得ないので、ビールも頼むことになる
駆け付け2杯のジョッキのビールがこの後、悲劇をもたらすとは
誰が予測できたでしょうか
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
日曜漁師になる
2018.05.02
ドームの形を想像してもらいたい
大きさは東京ドームをグーンと小さくし直径1m20cmと云うところでしょうか
このドーム、八角形になっていて、八か所の穴が開いているのだよ
このドームの中心に海の生き物たちを惹きつけてやまない秘密の餌を置くわけさ
餌の種類を公開しよう。「マルキューのパワーイソメに桜イソメ」を使うわけだ
もう、池なんてちっぽけなものは相手にしない
男は海、海が勝負!夜の内に魚の居そうな場所にこいつを仕掛ける訳さ
人の通行の多い場所は駄目
夜になると立ちションをする奴がいるからね
他人のション便を飲んだ魚なんてまっぴらごめんだからね
朝には、ウナギ、アナゴ、タコ、エビ、カニがどっさり
もう、魚が高いなんてぼやかさないからね
何しろ、8箇所も入り口があるからね
どこから来ても大丈夫。これでまた、男の心に火がついた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。

2018.05.01
エビと小魚を捕る罠は夕闇の迫る時刻に行われた
高さ1m50㎝ほどの柵を越え、澄んだ水の中へと罠カゴは沈められるのであった
もちろん、小生は柵を越えない。柵の外から指示をする係である
柵を越えるには、あまりに歳を取り過ぎてしまったのである
同行の身軽な者はぴょんと柵を越え、いとも簡単に計画は実行された
翌日に罠を引き上げたのだが、何にも入っていなかった
メダカの一匹すら入っていなかった。枯葉の一枚も入っていなかった
罠の横には大きな魚が悠然と泳いでいる
余りに悔しいので、たも網で池の中を掬うように頼んだ
一生懸命に頑張った成果はヌカエビが2匹
我ら、精も根もつき果て再び柵を乗り越え帰路に着こうとしたその時
池の横の幅40cmほどの溝に、エビの影が見える
しかも、うじゃうじゃと居るではないか
こうなれば3歳児でも取れる。あの罠は何だったのであろう
深く傷ついた我々はエビの入ったバケツを下げて帰路に着いたのであった
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。