神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2018年8月.9月.10月の記事はこちら

2018年5月.6月.7月の記事はこちら

2018年2月.3月.4月の記事はこちら

2017年11.12.2018年1月の記事はこちら

2017年8.9.10月の記事はこちら

2017年5.6.7月の記事はこちら

2017年2.3.4月の記事はこちら

2016年11.12.2017年1月の記事はこちら

2016年8.9.10月の記事はこちら

行くと言ったから休んだのか
2017.07.31
テニスプレーヤーに復帰しました
テニス肘を患ったのが4月の末
伸び盛りの選手としては致命的とも言える3カ月のブランク
東京オリンピックも目の前に迫って来た今日この頃
「これではイカン!」たとえこの腕が折れようともラケットを振らねばならぬ
その思いで冷暖房完備、シャワールーム付き、屋内型テニスコートに足を運んだよ
テニスコートに足を運ぶと駆け寄って来るファンの方々は一人もおらんわ
「えっ、また来たん」とばかりのコーチの冷たい視線を気にもせず
颯爽とコートに立った時には「俺の故郷はここや!」と改めて実 感しました 以前、あり得ない程の偶然に電車で出会った件の女性を
ちらちらと探したが、何処にもいない
今日から復帰することは電車で伝えたはずなのだが・・・・
恥かしいのか、照れくさいのか、休んでいるようだ
何故か心に風が吹く、嗚呼!風が吹く
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
その処方危険につき
2017.07.28
不眠症の話をしたよね
山鍋(仮名)が家族で北海道旅行に行って
思いっ切り不幸が重なるストーリーを考えていたら熟睡が出来たって言ったよね
流石に百も二百も不幸のスト-リーを思い描いていたら
不幸もネタ切れになった訳さ
そこで、昨晩は早くからお酒の力と薬の力を借りることにしたんよ
お酒+レンドルミン=死んだように眠ることが出来る
当家では小生はとても大事にされているわけ
睡眠の邪魔をする奴なんて皆無だからね
多分、眠った勢いで死んでしまっても、発酵がすすみ
耐えられない臭気 が発生するまで、だ~れも起こさないと思うんよね
それ程、大切にされている訳よ
まぁ、腐るまでには目覚めたけど、危うく仕事に遅れるところだったよ
お酒+レンドルミンは休日前に限るよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
寝技
2017.07.27
昨日の続きである
早起きしなければならない時に限って眠れない
羊を数えてもダメ、美女を数えてもダメ
眠くなるような難しい話は、基から頭の中に無い
酒でも呑むか、否、今から呑めば確実に飲酒運転になる
睡眠薬・・・・5時には絶対に起きられない
仕方がない究極の技を出すことにした。技の名前は「寝技」
極、親しい人が木曜日、金曜日と会社を休んで家族で北海道へ行くというのだ
小生は連れて行ってもらえない。不思議なことだ
その家族が、楽しい旅行が出来ないことを願うことにした
北海 道の何処に行くのかは知らないが
もし、摩周湖に行くならば霧に巻かれてしまえ
遥々、函館に行くのなら、全ての鮨屋が休業日でありますように
大雪山に登るなら道に迷うが良かろう。ヒグマに追いかけられるも面白かろう
宗谷岬ではシャチに喰われるも一興よのぅ
なんて考えてたら、短い時間だったけどすぅ~と熟睡できたよ。いやホンマ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
不眠症
2017.07.26
こう見えて、不眠症である
羊の数を数えてみても、羊が途中から踊りだしたりするので始末に悪い
それならば、気を取り直して美女の数でも数えてみるかと やってはみるが、ホントに怪しからんことに
美女たちが服を脱ぎだしたりするので、眼はらんらんと冴えわたる始末
究極の手段として、難しいことを考えようとするが
肝心の難しいことが元々インプットされていない
仕方が無いので身の回りの色々な人を呪ってみる
田中君の禿がもっともっとスピーディに進むようにとか 同棲カップルの鈴木さんに一刻も早く破綻が来 ますようにとか
あれこれ努力をしていると、午前2時を回ってしまった
いかん、明朝は5時に起きなきゃならないことを思い出した
もう絶望である。絶望の果てに何があるのか。続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
相性が悪い
2017.07.25
永年連れ添ってきたが、やはり相性が悪かったのだろうか
最初からそう感じたわけではないんよね
こちらの思うほど相手が思ってくれなかったから・・・
もちろん、そのことも否定はしないよ
ある日、プイっと小生の元を出て行って
翌日には普通の顔をして戻って来る
長い時には、黙って三日も小生の手元を離れたことがあったよ
愚痴になるけど、これを書いている今も二日ほど顔を合わしていないんよ
別に浮気を疑っている訳ではないんよ
他の奴が手を出したってどうにもならないようにはしてあるからね
でも、いつも傍にいる奴が急に居なくなると本当に困るんよね
今回ばかりは、他の奴に乗り換えようかと真剣に悩んだよ
会社の仲間は、宥めると思いきや、乗り換えるならばお勧めしたい奴がいるなんてね
他人事だと思って、本当に無責任な仲間たちだ
でも、乗り換えるのも悪くないかな。アイフォンってそんないに良いのかな
指紋認証のロックが出来ればいいのだけれど
今度、auに行ってみることにする。ギャラクシー今度消えたらお払い箱だからな!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
来世
2017.07.24
松居一代氏の毒がドロドロドロとテレビの画面から流れ出て来る
どう転んでも夫婦の痴話喧嘩。ことの真意はどうでもよい
ひと時は「このハゲー!」の罵声が毎日、毎日テレビから聞こえてきた
来世、人間に生まれ変われるものならば、出来れば男に生まれたい
そして、絶対、絶対、絶対に結婚はしたくない
愛し愛される人と巡り合えたとしても
絶対、絶対、絶対に結婚はしたくない
もしも、子供が出来てしまったら、全力で子育てはするけれど
絶対、絶対、絶対に結婚はしたくない
最近、来世の予定を計画中
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
奇跡
2017.07.21
テニス肘の為、3カ月以上もテニスを休んでいるが
そのテニスで、同じクラスに気になる女性がいる
昨夜のこと、所用で三宮に出向き夜遅くの電車に飛び乗った時の事
混んでも無く、空いてもいない、そんな電車のソファーに腰かけて数駅
隣に座っていた女性が、スマホを鞄に仕舞い、にこやかに声を掛けてきた
「横田さん、お久しぶり」ななな~んと
よくよく考えてみれば、テニスで同じクラスの気になる女性では
あ~りませんか。しかも、苗字まで思い出したではあ~りませんか
勤務先も、自宅も知らない、気になる女性と夜遅くの電車 で一緒になる
これは「奇跡」かも知れませぬ
今度食事に誘おう。連絡先を尋ねようと固く心に決めたものの
奇跡の再開に話が盛り上がり、気がつけば降車駅
慌てて飛び降りた為、聞こうと心に決めたことは
車外で呟くのみ・・・・
来週から復帰しよう。テニスの世界に
たとえ、この肘が折れようともわが青春に一片の後悔も無し!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
安心してください
2017.07.20
愛しく育てた小鳥の雛もやがて飛び立つんだよ
大地に根を張るタンポポだって、綿毛になって飛び立つんやね
小学校の頃、菓子の入っていた紙箱で飼っていたミミズも
干からびて、遠い世界に逝っちゃた
中学生の頃、大切に大切に育てたシオカラトンボのヤゴも
ある朝、いきなり飛び立っちゃった
で、ヤゴと並べて何ですが
本日、池本愛子(本名)が飛び立っちゃいます
母親の介護です。このハゲ~議員のように子供を親に預け放しにして
「子育てを語る」のとは訳が違います。本当に介護の為です
この 2年間、数々のボケと天然な愛嬌を残してくれました
粗品に付ける変だけど味のあるコメント
企画提案書のポップの作成
変だけど味のある仕事はぜ~んぶ池本がやっておりました
ただ、安心下さい。池本は社外スタッフとして
今後も、社外から、変だけど味のある仕事を引き受けてくれます
ただ、事務所に来ても会えなくなるので
センチメンタルな気持ちでお知らせしちゃいました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
製造元は「あじげん」
2017.07.18
庶民の皆さんは知らないと思うが
高級なシリアルの一つに「グラリッチ」と云うものがある
あちゃら語で書けばGRARICH
多分、リッチなグラノーラと云う意味だと思う
何しろ、袋には高貴に香る極み、専門店テイストと迄、書いてある
グラノーラに専門店があるとは、パリに40時間ほど暮らしたことのある
小生でも知らなんだ
グラノーラの専門店を探しに世界を飛び回るのも面倒なので
取り寄せて食べてみた
中身はオーツ麦、オレンジピール、アーモンド、バナナ、チョコクランチ
メープルシロ ップ、ココナツオイル 等々
おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ)ゴージャスではないか
我ら奇族には相応しいではないか
牛乳をじゃぶじゃぶと注ぎ、まずは一口「か、固い」
いつまでたっても「固い!」歯の丈夫でない部族は食べぬ方が良い
それにしても箱買いをした残りを何としよう( ;∀;)
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ちゃんとしたサイ
2017.07.14
三本角のサイなんて書いてしまったがために、話が嘘っぽくなってしまった
反省である。大いに反省である
ちゃんとしたサイの話である
本格装備で未知のルートを辿り、渓流を登ってゆく
そんな、大人の冒険に夢中になっていたころの話だ
その時も、サポーターと共に軽快に渓流を登って行った
登り始めは、これが未踏のルートなのかと思うほど穏やかな渓流であった
段々と厳しくなり、悪戦苦闘の末、漸く川幅が広がり流れも緩くなってきた
川の中央付近は、泥が堆積しているかも知れないな
ルートを間違うと、泥沼に足 を取られ命を失うかもしれない
目測で渡渉ルートを計測する
沼の中央に、足を掛けるのに便利な小山がある
先ずは、そこで一息つこう。そう決めた瞬間、サポーターが叫んだ
「サイや!」なんと足を掛けようと思った小山は本物のサイだったのだ
沼から立ち上がったサイは大きな角を持ち、角の横には2本の筒を生やしていた
サイは小生を睨むや否や、2本の筒で泥爆弾を打ち
それが外れるや否や、猛然と突進してきた「危ない!」と足を反転させると
そこはベットの下、思いっ切り床に足の裏を叩きつけた
この時の恐怖を、小生は一生忘れな い・・・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
三本角のサイ
2017.07.13
諸君はサイに追いかけられたことがありますか
「うちの妻(サイ)がね~」それは、夢路 いとし・喜味 こいし師匠の漫才です
若い人にはピンと来ぬかもしれませんね
それならば、中田ダイマル・ラケットはわかりますよね
「青火がポー、ボヤがパー」でおなじみのと言えば若い人でもわかるよね
分からなければ、おじいちゃんに「きてみてみ」
それでもわからんあんたはアホです
アホのことは放っておいて、肝心の超ど級「サイに追いかけられた話」に戻ろう
サファリパークで、てか・・・・それは動物園とおんなしやがなぁ
そんなんと違って、本物のサイに本気で追いかけられたことがあるかと
聞いとんですよ
今 日は、その話を諸君に聞かせてあげようと思う
結構、怖いよ。読む前にはトイレを済ませておいてね
あっ、紙面が尽きた。結末は明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
オアシス
2017.07.12
風呂上がりにフェイスマスクを利用するんです
最近ハマっているのは「リシャン フェイスマスクDBさくらの香り」
冷蔵庫で冷やしてね、お風呂で火照った顔をパックするの
説明書には、ローションを塗ってからって書いてあるのだけれどね
オカマじゃないので、そこまでしないわ
馬プラセンタ配合でとっても肌に馴染むんよ
ただ、欠点が一つあるんよ
それはね、小生の顔に比べてマスクの面積が小さいこと
例えるならね、昔の日本家屋では誰もが使っていた丸く小さなちゃぶ台を
カラフルに塗りなおそうと白い塗料を真ん中から塗り始めたところ
クレープ生地が出来た辺りで塗料が尽きた段階
だからね 必然的に顔に砂漠とオアシスを持っている
まぁ、朝にはあちらこちらにサボテンのようなトゲが生えているけどね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
そんなつもりはなかったんですぅ♪ 2017.07.11
当社のお客様且つ「ほけんやの独り言」の読者と言う
人生の無駄を存分に堪能している読者ならご存知だと思うのですが
「ほけんやニュース」別名「便所の友」を季刊発行しているのですが
実は本日がその締切日。原稿の進み具合は1/8
書けなかったことにはそれなりの訳があるのです
大人の事情というやつです。大人の情事じゃないですよ
情事なら書きます。胸を張って書きますとも
昨夜は深く反省をし、徹夜をしてでも書こうと考えました
いざ、パソコンの前に座るとある言葉が思い浮かんだのです。
「早起きは3文の 得」よくよく考えてみますに最近は尿意式目覚まし時計のお陰で
午前2時半にはシャッキっと目覚めるのです
「そうだ!これや!夜更かしをする子は身長が伸びんと言うし、早朝より一気に書き上げよう」
ところが、目覚めれば、世間は立派に朝の気配
♪そんなつもりはなかったんですぅ~♬
豊田真由子様。どこか入院できる病院を教えてほしぃのですぅ~♫
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
馬油が主成分の保湿フェイスパックは冷やして使いたまえ
2017.07.10
出かける時間が迫っているときに限り、スマホが消えるんよ
先日もあと五分でタイムリミットというときにスマホが消えた
仕方がないので、事務所に残っていた女性全員に号令をかけた
「スマホを探してチョーだい」「ピアノ売って頂戴」
まぁ、「ピアノ売って頂戴」は嘘やけどね
ぞろぞろと社長室にはいるもの、車の中を探しに行くもの
何故だか、皆さん小生のカバンの中を見たがるんよね
A女史が見た後にB女史がまたまたチェックをすると言う具合にね
なんだかちょっと疑いたくなってきたときに決定的な事態が発覚した
本池(仮名)がソファーの上に置いてあった
馬油が主成分の保湿フェイスマスクを見つけ、目を輝かして叫んだ
「社長、サラブレッド馬プラセンタ配合って効くんですか!」
社長室のソファーの上にそんなものを置く小生にも問題があるが
タイムリミットが2分を切ったのにそんな質問を投げかけてくる
本池(仮名)も本池(仮名)である
要するに彼女たちは宝物探しをしたかっただけなのである
もちろん、その日にスマホは出てこなかったよ。トホホ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
リリカ
2017.07.07
リリカと深いお付き合いを始めて数日が経つ
深いお付き合いってどんな付き合いかだって?
そりゃ、身も心も許しあえるお付き合いに決まっているじゃないか
そろそろ日本名を付けてやらなくっちゃね
離里家:何か人里離れた一軒家のようなイメージやね
痢痢下:下痢でトイレに駆け込むお・ん・な
痢痢香:あまり良い匂いじゃなさそうやね
狸璃禍:落語の「まめだ」みたいやね
凜々花:いきなり結婚宣言をされてもなぁ~
花咲りりか:宝塚花組の娘役やんか。好きやけど
りりか:AV女優やんか(見た こと無いけど、噂で知ったよ!!)
鈴鈴香:やっぱりこれやね。鈴鈴香、ぼかぁ治るまで君を離さないぞ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ハエトリグサ
2017.07.06
事務所には食虫植物が2種2鉢ある
一つはおなじみの「ハエトリグサ」
一定の年齢の方にはカネゴンの口で通じるよね
もう一種類はサラセニア
サラセニアは説明が難しいので忘れてね
あっそうそう、サラセニアの花言葉は「ちょっと変人」
食虫植物は男心をくすぐる何かがあるよね
進化論で有名なダーウィンも夢中になったらしいよ
虫を食べる処を見たいよね
ヒアリなんかと闘わせたいよね
大きく育てて豊田 真由子なんかとも戦わせたいよね
まぁ、ハエトリグサに勝ち目は無いだろう けどね
「このハゲー!」なんて叫びながら鉢ごとむしゃむしゃと食べてしまいそうやね
男心をくすぐるこの植物の花言葉は「魔性の愛」だって
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
横田 善弘様が言うよ
2017.07.05
医者と一緒に画像を見たよ
腰のあたりの脊柱に白い影が一つ
これが、自慢の右臀部及び、更に自慢の右太もも裏側を
苦しめている原因やったんやね
病名は「脊柱管狭窄症」。この横田善弘様が言っているのだから間違いがないよ
で、この異物をどうするのかと言う問題なのだけれど
リリカと言う薬を飲み続けることで、2~3か月程度で消える事も有るのだって
リリカはおもに神経が原因となる痛みに対して効果が期待 できるお薬らしいよ
それにしても可愛らしい名前やね
「リリカ、今夜淋しいの」「リリカ、甘えちゃおうかな~」なんて言ってきそうな薬やね
この可愛い薬、大きな欠点があるんよね
飲むと、凄く眠くなるんよ
まるで「リリカ、善弘さんと一緒に眠ねむしちゃおうかな」って言われているようにね
もう一つの方法は手術、手術だと一週間は入院しなきゃならない
当面はリリカに夢中でやっていくよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
MRI
2017.07.04
Magnetic Resonance Imaging
磁気共鳴画像を撮って来たよ
ひと月ほど前から右臀部から右腿に掛けて痛くってね
とうとう病院へかかったよ
MRIにはトンネル型とオープン型の二つの種類があってね
小生が受けたのはオープン型
両サイドが開いているので、閉所恐怖症の方にも優しいってうたい文句だけれど
上下はぎりぎりまで狭いので、圧迫感が半端ないって感じ
げぼが出そうなぐらいにお腹を締め付けられてね
両手も括り付けられるんよ
その後、一人っきりで大きな機械と共に部屋に閉じ込められるの
この機械に挟まれてい る時に大きな地震が来たらどうしようとか
この部屋にハイヒールを履いた豊田真由子が入ってきたら
到底逃げられないな!なんて、最悪のことばかりを考える30分間
検査結果がどうなったかは明日のココロだ!

拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
明日、東京に行くからには♪
2017.07.03

🎶何が何でも勝たねばならぬ♪
と言うわけで、明日は東京に出張です
新幹線に乗るんだよ。グリーン車じゃないけれどね
庶民の皆さんは知っているかな
グリーン車も普通車も目的地に着く時間は一緒だってことを
違うのはグリーン車ではお弁当の食べかすをパーサーが持って行ってくれること
もう一つ、挙げるとすればグリーン車はホームの階段付近に停車する事ぐらいかな
小生も昔は、無理をしてグリーン車に乗ったりしていたんだけれど
弁当も見栄を張って高いのを頼んだりすることに疲れちゃって
今は、庶民の皆様 と同じく普通車オンリー
東京がもう少し近ければ自転車で行くのだけれどね
結構、遠いからね
じゃあ、い行って来るね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
拝啓、豊田真由子様
2017.06.30

豊田真由子様、否、豊田真由子女王様、現在もご入院中とのこと、謹んでお見舞い申し上げます
一回りも年上の人間を屁とも思わぬ豪胆さ、感服いたします
攻めにめっぽう強く、守りに弱いその性格、さぞその道では名の通った女王様とお見受けします
一度バッジを外せば再び議事堂に登壇することは無いとは思いますが
代議士をおやめになった後はバラエティー番組などにご登場なさるのは如何でしょう
コメントを求められるたびに「そんなつもりはなかったんですぅ~♪」って答えれば爆笑間違いなし
芸人にはマゾも多いと聞きますので、存分に本性を活かすことも可能かと存 じます
ダチョウ倶楽部あたりにお入るになることも良いのではないでちょうか~
上島竜平君あたりが、バブバブと甘えてきて、女王様の鞭で恍惚の表情を浮かべる
1年はブラウン管の人気者間違いなし!
ぜひ、ご一考賜りたく、お手紙を認める次第です
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ハズキルーペ
2017.06.29

ハズキルーペを買ったよ
ハズキルーペを知らない人に教えて進ぜよう
眼鏡型のルーペのことだよ
誤って踏んづけたって壊れないらしいよ
そういや、昔、像が踏んでも壊れないアーム筆箱ってあったよね
小学生の頃、母親に随分しつこくお願いして買って貰った覚えがあるよ
もちろん、筆箱に片足立ちをするためにね
それにしても、像が住んでいるような場所に、筆箱の需要は有ったのだろうか
話を元に戻そう。ハズキルーペは像に踏ませたりしないから
良心的な会社だと思う
使ってみると、頭は良いけ ど心と視力の弱い小生には実に便利でね
保険約款の小さな文字もスラスラと読めるんよ
ただ、約款から目を離し壁の時計を見ようとすると
クラクラクラ~と眩暈がするんよね
馴れるとこれが快感で、何度も何度もクラクラクラ~
本物の薬中の皆さん、クスリなんて止めてハズキルーペを試して見るがいいよ
癖にはなるけど、警察のお世話にはならないよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ゆかたまつり
2017.06.28

先週ね、姫路の「ゆかたまつり」に行って来ました
もちろん、一人じゃないよ
若い娘とね。えっ!、若いと言っても三歳児じゃないよ(# ゜Д゜)
20代の血縁、親族関係の無い娘さんとね
介護関係者でもないよ。最近、徘徊はしていないしね
こんな事を書いて、家族の目は大丈夫かって
てやんでぃ。こちとら江戸っ子でぃ
家族の目が怖くって蕎麦が食えるかよってなもんだ
で、その若い娘はゆかたは着ていなかったんだけどハイヒールは履いていなかったよ
まつりに参加する前に先ずは酔わそうと思ってね
姫路で有名な焼き鳥屋「みこはち」へ連れ込んださ
喰えや、飲めや、飲めや、飲めや、でもこの娘一向に酔わないの
飲む尻からトイレに入ってすっきりした 顔で戻って来る
こっちはすっかり酔いが回ってね。千鳥足で「ゆかたまつり」に参加したよ
ざっと見たところ、ゆかたの着用率は8%、消費税並みだったよ
「ゆかたまつり」と言ってもただ、屋台の並ぶ通りを歩くだけ
歩き疲れたので帰ることにしたよ。電車の中ではすっかり寝込んでしまって
若い娘に起こされる始末。しかも途中の駅で一人降ろされてしまったよ
まぁ、姫路の「ゆかたまつり」はこれが最初で最後の体験になるやろな~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
その職業、危険につき
2017.06.27

未だ父が生きていたころにね、よく言われたよ
「善弘、やくざと議員にだけはなるな!人の道を踏み外すな」
以来、やくざも議員も似たようなものだと思っている
ちょっとだけ共通点を比べてみようか
やくざ:平気でサクサクと噓をつく
議員:平気でサクサクと噓をつく
やくざ:どこかの組に所属している。一匹狼には発言権が無い
議員:どこかの派閥に所属している。無派閥には発言権も無い
やくざ:普段は温厚。己の利益の為なら牙をむく
議員:普段は温厚。己の利益の為なら牙をむく
やくざ:組織 の力で暴力行為を行う
議員:警察力をもって一般市民を懲らしめる
ねっ、一緒でしょう。
だから、やくざ屋さんの犯罪件数に比べりゃ阿部チルドレンの問題行為なんて
可愛いものだからね
良い子のみんな!やくざと議員にはなっちゃだめだよ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
「このハゲェ~」
2017.06.26

日本人、成人男子の薄毛、ハゲの割合は約2割
豊田真由子代議士は2割の男を敵に回してしまった
このデータが間違っていても「違うだろぉぉぉっ!!」 と絶叫はしないで頂きたい。
最近、寝不足でシンゾウが弱っているんよ
シンゾウで思い出したが安倍晋三チルドレンの2回生議員が
よく問題を起こすと叩かれているが
●中川郁子 (北海道11区) 門博文と不倫路チュー
●門博文 (和歌山1区・比例近畿) 中川郁子と不倫路チュー 政治活動費不正支出
●山田賢司 (兵庫7区) ネトウヨ暴言、秘書給与ピンハネ、元公設秘書自殺
●石﨑徹 (新潟1区) 女性秘書セクハラ&二股交際疑惑
●武藤貴也 (滋賀4区) 未公開株詐欺&未成年男性買春
●宮崎謙介 (京都3区) 育児休暇不倫
●務台俊介 (長野2区) 被災地のおんぶ視察&「長靴業界儲かった」発言
●中川俊直 (広島4区) 重婚&ハワイ挙式不倫
●大西英男 (東京16区) 「巫女のくせに」「マスコミを懲らしめろ」など暴言・失言多数
たったこれだけなんよね
なんで、「たったこれだけ」と発言するかという説明は明日にするね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
坐骨神経痛 2017.06.23

忘れもしない、平成29年4月25日の事
ちょうど、テニスで肘を痛めて1週間後のことだった
片道1時間ほどの道程を車で走る仕事があった
帰路に着く頃、右太もも裏側に何とも言えぬ痛みが走った
右太もも内側と言えば、小生の誇るセクシー・ラインである
すれ違う女性の大半が振り返り、うっとりとした目で見つめる
その右太もも裏側に異変が起こったのだ
最初は筋肉を変なことに使ったことが原因かと思っていたが
日増しに痛みが増し、今や、第2のセクシーポイント右臀部にまで広がった
臀部がデーンブ痛いので はなく右臀部のみが痛いのだ
右利きだからだろうか・・・・A型だからだろうか・・・・
目まぐるしく思考は巡る。痛散蕩を飲んだが一向に痛みは去らない
りょうしんJV錠も小生には効かない
止む無く、病院へ行った。医者曰く「座骨神経痛です」
「次回、MRIを撮って調べてみましょう」
来週の金曜日が最新機器MRIの刑に処せられる記念日となった
乞う、ご期待!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
天国と地獄 2017.06.22

運動会の定番曲の話ではない
天国と地獄を味わった男の話である
バトミントンの練習終わりに先生が叫んだ
私が通うバドミントンは「コーチ」と呼ばず「先生」と呼ぶ
「先生」と呼ぶと「先生~、おしっこ」と叫びそうになるのは小生だけなのか・・・
その先生が叫んだ話に戻ろう「おーい、みんな7月の第一金曜日は懇親会をするぞ」
「居酒屋を使うから車は乗って来るなよ~」
えっ、お酒を呑みながらの懇親会!
前にも書いたが、小生のクラスは男が二人、もう一人は陰気なちび眼鏡
こ奴は小生の脳内で既に消去済み
会費は幾ら高くともよい。バトミントンについて、愛について大いに語ろうでは無いか
行く、行く、行くったら行く~
家に帰って、カレンダーに書き込むことにする
カレンダーを見て愕然。その日は絶対に絶対に変更できない出張が入っている
しかも、前日からの泊りでだ・・・行くではなく逝った
これが生き地獄を味わった男の話である

拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
昼顔③ 2017.06.21

浜村淳では無いので、映画の筋をお話しすることは控えよう
ただ、結末は予想もしない展開に、衝撃ですらあった
一食抜いても、仕事を休んでも観る価値はあった
だが、観終わった後に残る重さは観たことへの後悔だろうか
主人公、紗和と北野。終わりは紗和への祝福だろうか
それとも終わらぬ悪夢なのだろうか
その日は、映画を思い出して寝付けない事
酒の力を借りて眠りについたものの、早朝には悪夢で目覚める
早朝より、そっと家を飛び出し、歩く、歩く、歩く
庶民の皆さん、観るが良い
特に、不 倫中のあなた。観るが良い。そして全てのことを考えるが良い
裸の無いラブシーンはこの上なくエロチックだったよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
昼顔② 2017.06.20

それは突然やって来た
その名は「尿意」。ビールを立て続けに2本も呑んだことが災いしたのか
過っては、尿意を覚えてから3時間は普通に我慢できたものが
管が老化したのか、蛇口のパッキンに問題があるのか
今やウルトラマンの胸に光る3分間サイン
映画はクライマックス。多くの観客は固唾をのんでスクリーンにくぎ付け
小生の顔も涙でグシャグシャ。しかし、胸のシグナルは既に赤の点滅
このままだと、顔だけでなくズボンもグシャグシャになる
やむを得ぬ、サッと行ってサッと帰ってこよう
ほぼアウトの状態でトイ レに飛び込む
判定は・・・・・セーフ。微妙な判定ながらセーフ
ただ、気持ちよく出るのは良いが止まらぬのよ
一向に止まらぬのよ。涙は止まったというのに、止まらぬ放水
水不足の空梅雨、こんなに無駄に放水をして良いのか・・・
漸く戻った映画館、画面は知らぬ光景を映している
元の席に戻るには、また多くの人の迷惑になるので
一番前の空き席に身を沈める
映画は信じられない展開に・・・・続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
昼顔① 2017.06.19

何故だかテレビのコマーシャルに強く惹かれて映画館に足を運んだよ
上映の1時間以上前だと言うのに残りの席は少し
男女ペアのどちらか一人が満50歳を越えていれば
二人で2200円也のチケットを慌てて入手
運よく、二人並んでの席をゲット
ミント神戸で時間潰しのウィンドウショッピング
入場の際に年齢確認の資料を見せろって言われて
慌てるやら、腹が立つやら、嬉しいやらで、てんてこ舞い
延々と続くコマーシャルや録音、録画は犯罪ですって言う
客を元から犯罪者扱いをしている嫌な画面に辟易し
立て続けにビールを2本空けたんよ
映画は最初から、ぐいぐいと惹きつけられ
10分も経った頃には涙が抑えきれない
不倫の愛を題材にした作品だったのだけれど
「不倫」が善だとか悪だとかを超越した内容で
ただ、ただ、切なく、観ている側も心が痛い
会場内のあちらこちらから漏れる忍び泣き
その時、事件は起こった
何が起こったのか・・・・続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
最後の恋 2017.06.16

事務所の受付カウンターの上には丹波立杭役の一輪挿しの花瓶がある
朝のウォーキング時に路傍の花を活けるのに置いているんよ
もちろん摘む花は、よそ様の花壇に植わっている花ではなく
世間で雑草と言われている草花であることは申し添えねばなるまい
花盗人に罪は無しなんて言う人もいるけれど、泥棒は泥棒だからね
で、先日はタンポポに似た黄色い花を数輪摘んできたんよね
一緒に歩いている本森(仮名)は「あっ、社長タンポポですね」
この、頭の中が年中お花畑の女は、黄色い花は何を見てもタンポポとのたまう
実はこの花は、 『ブタナ(豚菜)』が正式名称なんよね
鼻炎の原因となるブタクサとは違う種類だから安心してね
花はタンポポよりも可憐なんだけれどね
豚菜じゃねえ。まあ、青い可憐な花を咲かせるオオイヌノフグリの例もあるけれどね
可哀そうな名前の豚菜だけれど、花言葉は「最後の恋」
夏の花だけに情熱的な花言葉やね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
いつものやつ 2017.06.15

先日、おっさんと二人で外食をしたんよ
年に二回は顔出しをする勝手に馴染みと思っている小料理屋へ行きました
お店の若い娘に「何になさいますか」って聞かれたから
テレビのコマーシャルみたく「いつものやつ」って言ってみたんよ
「滅多に来ないくせに、いつものやつって何やねん」という突っ込みを待ってたんよね
すると、離れたところに居た美人の女将さんが
「〇〇ちゃん、横田さんには日本酒を並べてあげて」と一言
そう返されると常連ぶった自分が恥ずかしくってね
穴があったら入りたい。穴が無かったので、トイレに駆け込 んだよ
しかし、何やねぇ。おっさんの二人連れって
嫌やねぇ。特に店が満席になって
御詰め合わせ願いますー状態の時に、連れのおっさんが椅子を
ガタゴトとこちらに寄せてきた時には悍(おぞ)ましくって身震いするよね
仕方が無いのでその時は酒に溺れさせて頂きました。はい!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
煙草
2017.06.14

煙がもくもく。入り口付近は煙でバリヤー状態、虫コナーズならぬ、人コナーズ
小生、コロンと煙草の煙が大の苦手で、止む無く息を止めて店に突入
帰りにセブンイレブンの前を通るのだけど、煙草ありますの旗が何本もはためいている始末
国を挙げて、禁煙しようと叫びながら、国策としてのたばこ販売・・・・
「もりそば」「かけそば 」問題と同様に、政府の二枚舌をひしひしと感じるよ
2店のコンビニ以外の対応を調べたわけじゃないけれど
ローソンさん、そこまでして煙草を売りたいなら駐車場の片隅に
完全密閉式の喫煙ボックスを作ってくんないかなぁ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
「夕顔」は平安の香り、「昼顔」は背徳の香り
2017.06.13

邦画「昼顔」がヒットしているらしい
むかし、むかし、そのむかし、洋画で「昼顔」がセンセーショナルな話題をさらった
カトリーヌ・ドヌーヴ主演で映像化
ドヌーヴの役どころは貞淑な人妻と妖艶な娼婦
夫に森の木に縛りつけられ、ムチで体を激しく打たれる
と言う、当時まだ多感な少年であった小生にはポスターだけでも鼻血だ出た
もちろん、観てはいない
邦画の「昼顔」はそんな作品ではないようだが
背徳の臭いがふんぷんとする
これは一食抜いても見ねばなるまい
欲を言えば、妙齢のご婦人と観 ねばなるまい
四季劇場でキャッツを観るより刺激的かも知れない
次の休みに突入しよう。報告を乞う!ご期待
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
父の日
2017.06.12

全国のお父さん「父の日」って何ですか
恐らく、日本に住む大半のお父さんは「父の日」を正しく理解していないと思います
理解をしないことにより、「父の日」に過大な期待をし傷つき打ちひしがれる
小生も「父の日」の本当の意味を知らない間は6月は梅雨とも重なり
最も、辛くも悲しい月でありました
全国のお父さんにお教えしましょう
「父の日」とは子供達からからプレゼントを貰う日に非ず
子供達より感謝の言葉を貰う日には非ず
「父の日」とは「ああ、僕(私)にも父親なんてものが居たな」と確認をしてもらう日なのでありま す
と言うわけで、世界のどこかに居るかもしれない小生の息子達(娘達)に告ぐ
「父はここに居ますよ(There is father here)」
出来りゃ、「父の日」より「乳の日」の方が嬉しい
その方が楽しいことがいっぱいありそうに思うよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
出ませんよ そんなもの
2017.06.09

雨に祟られたこの二日間
時速6kmウォーキングに出掛けることが適わなかったお陰で分かったこと
事務所の女性職員達は毎日、コーヒーと共に朝のひと時を過ごしているってこと
こちとらは『行』を行う身の上、そんなことは何とも思わない
ただ、カンカン照りの単調な道を小生がひたすら歩いている時に
涼しい事務所で、あやつらは談笑しながらコーヒーを飲んでいやがることが判明した
どうってことは無いのですよ。珈琲ぐらいね
談笑も、コミュニケーションを高めるには欠かせないことだからね
『行』だから辛いこともあるさ。熱射病に 掛かりそうになったり、虫が目に入ったり
その瞬間にも鬼女たちがコーヒーで盛り上がっていたというだけの事
歩き終わり、着替えた後にアイスコーヒーが出るのじゃないかって
出ませんよ。そんなもの
「あなたお疲れ様」の一言すら、誰からもでませんよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
今朝も雨
2017.06.08

今日こそは晴れて呉れよとの願ったものの、朝の天気はどんよりとした空模様
「いや、このような天気こそ、我が覇気で蹴散らせて見せる」と
トレーニングウェアに着替え、金魚にエサをやりに庭に出る
何と、ポツリポツリと降って来たでは無いか
お天気お姉さんの井田寛子さんは神戸は今日は降らないって言っていたのに・・・
「この世に神仏はいないのか!」天を仰いでため息を漏らす
足が鈍る、体が鈍る。歩きたい、歩き続けたい
小生にとって歩くことは行である。決してダイエットが目的ではない
些か、神仏を恐れぬ言い方をすれば 「千日回峰行」を行う行者の心持である
しかし、出勤の時間は刻々と近づいてくる
トレーニングウェアを仕事着に着替えねばなるまい
渋々と部屋に戻り、鼻歌を歌いながら着替えた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
今日は朝から雨
2017.06.07

雨の日はウォーキングを休むんよね
毎日、毎日、雨が降らない限り速足でのウォーキングを続けている小生にとって
連勝を阻まれた広島カープの如く、残念ではあるのだけれど
何故か、翌日は確実に雨だと気象予報士の杉山セリナさんが断言すると
連敗を脱出したジャイアンツの選手のようにホッとするのは何でやろう
ウォーキングを休むことが悔しくてならないのに、朝から鼻歌が出る
「雨の日も歩けば良いじゃないか」とのたまう庶民の皆さん
生憎、小生はナメクジじゃないのでね
そりゃ、性格はじめじめとしてナメクジっぽいけどね
歩いた後にはてかてかと模様を残したりしないからね
それに、雨に当たって風邪でも引いた日にゃ
多くのファンの皆様を心配させちゃうからね
改めて表明するよ。気象予報士の西村まどかさんが傘を持って出かけてねって
言った日は絶対に歩かないからね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ファイト~ 一発!
2017.06.06

朝のウォーキング時に貯水池にカルガモの親子が居た
鳥の中には、オスとメスの姿かたちが大きく違うものもおおいが
カルガモはオスがメスより大きいと言うだけで
並んでもらわなきやわからない
ただ、子育てはメスのみがするので親子連れはお母さんと子供達である
動物界では雌雄一緒に子育てをするもの、雄だけが子育てをするもの
雌だけで子育てをするもの、子育てなど一切しないものがある。
圧倒的に多いのは子育てなど一切しないグループなのだ
次が雌だけが子育てをするグループ
最も、少数派は雄だけが子育て をするグループ
話を戻そう。その子ガモを狙ってトビが襲い掛かってきた
猛然と立ち向かう母鳥。幾度もの攻撃を凌ぐ
その内、トビは去っていった。母は強し
男ども、負けずに頑張ろうでは無いか!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
奮闘努力の甲斐もなく
2017.06.05

バトミントン教室に通ってるんよね
物凄く庶民的でしょ
いゃぁ、庶民の皆さんの生活ぶりをのぞき見したくってね
何しろ、普段お誘いを受けるのは、やれ舞踏会だ
やれ、フェンシングだとハイソなスポーツばかりなんよね
たまには庶民の皆さんと交わらないとね
教室には男は小生を含め二人だけ
その他は全~部女性なんよね
一人の男はちんちくりんの黒豚なので喋りかけてもやんないの
まぁ、小生の頭の中では抹消済みなわけ
女性の年齢は10代が一人(抹消済み)50代が一人(抹消済み)
後は、全員20代から40代前半と云うところでしょか
力が入りますよね。力と言っても消臭力じゃないよ
男としての力ね。ところが、力が入るとね
空振りをしちゃうんですよね
ブンブンと空振りをして、失笑を誘うわけ
益々力が入り、体はカチンコチン
男って何歳になっても女性にかっこよく思われたいんやね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
かかって来たまえ
2017.06.02

会社に居ると色々な営業職の方が来る
時間の許す限り話を聞くようにしている、だが心に響く話は聞けない
今後、当社との取引を求めて来る諸君の為に、無料で「べからず集」を伝授しよう
・「様」付けでしゃべる男:残念!「さん」ではあるが「様」って柄じゃない
・得体の知れぬ臭いを発する男:どこのコロン?匂いに敏感なんよ。ごめんね
・会社に言われた通りのセールストークで迫る男:あんたの心は何処にある
・やたら横文字を使いたがる男:ワタシハニホンジンデース
・早口な男:あんたは黒柳徹子か?
・己の会社名を知らない とビックリする男:知ったことか!
・何を云っても大仰に感心する男:あんたの頭の中は!!!!!しか詰まってないのか
・小さいタブレット画面を見せようとする男:矯正視力0.6且つ極度の乱視です
・とにかく男:きみが男である時点で、門は9割がたしまっている
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
内緒にしてね
2017.06.01

最近、出会い系バーなる店が我が街神戸にもある
女性は飲み食いが無料で男性は有料と言う、男女差別の著しい店と聞く
保険を扱う者として貧困の実態及び性差別につき調査せねばならぬ
固く心に誓っていた矢先に前川喜平・前文部科学事務次官に先を越されてしまった
悔しいし、羨ましい。読売新聞によると、前川氏は文科審議官だった2年前から
この店の実態調査をしていたらしい。研究熱心な方だ
小生は5年間の長期計画で、女性の貧困と性差別に於ける医療保険の販売手法を
調べる予定であった
あまりに世の中が騒ぐので、行き辛いったらありゃしない
小生のような真面目な目的で、足しげく通おうとする男もいることを知って頂きたい
これだけは声を大にして言う。「家族には内緒にしてね」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
日本人の喫煙率 男29.7% 女9.7%
2017.05.31

今日は「世界禁煙デー」である
詳しくは知らぬが、推測するに地球から煙草を抹殺しようと言う日に違いない
世界のいたるところで禁煙に関するイベントが開かれるらしい
北朝鮮では喫煙者をロケットランチャーで撃破
おっと、北朝鮮のあのお方は喫煙者らしい
アメリカでは喫煙者の移民禁止
お隣の韓国では喫煙者の鼻にキムチを詰め込み反省を促す
日本人は穏やかだから、禁煙区域を増やすぐらいしか出来ないかも
・私道、公道を問わず道路での喫煙は禁止
・公共の建物内外での喫煙の禁止
・ベランダ、 自宅の庭での喫煙の禁止
・煙草は80になってから
こんなところであろうか・・・・
昨日、ネットで週末に行くレストランを予約しようと思ったんよ
大概の店は誇らしげに「タバコ吸えます」って書いてあるんよ
誰が行くかっ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
摩訶不思議
2017.05.30

最近であった摩訶不思議な出来事
蚊のシーズンになって来たね。
小生はもう既に刺されてしまったのだけれど
蚊どもに、これ以上の献血はごめん被りたいので
庭用には蚊取り線香、室内は電子蚊取り、窓にはぶら下げるタイプの虫よけを購入
万全を期しました。が、説明書に目を通すと蚊取り線香には
「蚊成虫の駆除」と頼もしい文言が書いてあるのですが
電子蚊取りと、ぶら下げるタイプには
適用害虫:ユスリカ、チョウバエと書いてあるではありませんか!
日本の本州で人を刺すのは、 アカイエカ; チカイエカ; ヒトスジシマカの3種類だけなのです
そもそも、ユスリカは成虫になると、物を食べず蚊柱を作り、交尾の後産卵をして死んで行くのです
チョウバエは台所や風呂場に沸く、ハート形をした小型の虫で、やはり人を刺しません
つまり、放っておいても人を攻撃しない奴らには効力があるが
人を刺す蚊には、目をつぶるって算段なわけですね
何だかお役人に似ていますね
政治家には弱いが納税者には強い
それにしても不思議です
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
友に囲まれて
2017.05.29

以前にもお話しましたが、小生の家族は小生をとても大切にしてくれます
休みの日などは、小生に安息を与えようと誰も近付いてきません
誰も話しかけて来ない事すらあります
本当に優しい家族です
小生は休みの日も早起きです
午前5時には目覚めることが多いのです
そこからウォーキングに出掛けます
アップダウンの激しい道を速足で60分は歩きます
帰宅後はシャワーを浴び、服を着替え
拝命している家事を、てきぱきとこなします
午前10時には全ての用事が終わることになります
後は何もすることがありません
小生の住む住宅街はとても静 かですが、家の中はもっと静かです
自分のくしゃみに驚くほどです
仕方が無いのでビールとの会話を楽しみます
ビール君が退場した後はワインとの会話を楽しみます
酔うほどに会話が弾みます。これってどうよ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
悪循環
2017.05.26

英語を喋れない。もちろん、韓国語もロシア語も喋れない
日本語だって下手な方だと思う
無理をして、喋ろうと努力をした事も有る
もちろん、英語をね
レベルで言うなら、発達の遅い米国人3歳児レベルの会話力であろう
英語圏の人が働くお店に行ったと思いねぇ
そこで働く人は日本語も達者に喋れる
敢えて、英語で話しかけてみた 小生「ぼくちんは、にぽん人です。あなたは何人あるか」
外人「Oh.ペラペ~ラ.ペラペーラ」
小生「ぼくちん、何もわかりゃないでちゅ」
外人「Kiss my anus ペラペラ.ペラペーラ」
小生「・・・・・・・・・・・・」
それ以来、英語は使っていない。海外に行く予定も無い。文句あるか!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
如意棒 異聞
2017.05.25

火曜日のブログを読み返してみるに、違和感を覚えた個所がある
己の名誉の為にも訂正せねばなるまい
その件(くだり)が以下の一文である
『事の次第を解説すると「私は漏らしたことがある」と言う女の子が多数』云々
はっきりと申し上げよう。小生は漏らしていない
露、一滴(ひとしずく)すら漏らしていない
小生、断固として言う
1歳8か月の誕生日以来、小便を漏らしたことは一度も無い
反論がるならば、証人を立てて頂きたい
その点が彼女たち3人(20代2人に30代1人)とは全くもって違う
計らずしも彼女たちは目的の場所以外で目的を達成したのである
尿意棒の有る無しは、勝者と敗者を明確にする
『親近感を覚えた』のは限界まで我慢した
その苦しみと心の葛藤に対しての共感である
最近は超薄型軽快パンツも発売されたと聞く。
彼女たちに幸多からんことを祈る
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
如意棒 外伝
2017.05.24

小生の朝は早い。平日はいつだって5時には起きる
そのため、たまの息抜きの三宮も23時には撤収する
尿意棒事件のあった、その日も例外ではない
「さて、夜も遅い。そろそろ引き上げるとしよう」
「おっと、お手洗いを忘れちゃなんねぇ」
「これで良し。万全の体勢である」
「今日は一つ、庶民の方々の主食である松屋の豚丼でも食べてみるか」
呑んだ後に〆の、炭水化物は実に旨いのである
豚丼を食べたとて、ほんの10分。翌日に禍根を残すこともあるまい
ところが、ところが、松屋まで後、100mと云うところ で
突然の尿意。いきなり内股になるほどの尿意
止む無く、地下鉄の改札口に滑り込む
ここでもまた、大量の放水
尿意棒に言うてやった
「愛い奴じゃ、飲酒後の炭水化物はデブの基と知って必死で止めよったわ」
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
如意棒
2017.05.23

外食を終え、店を出た途端に「ああ、手洗いを済ますのを忘れた」
そんな呟きを漏らした諸君は多いと思う
小生の場合は、次に向かう店が決まっていたので
余裕のよっちゃんやったんよ
ところが、目的のお店が入るビルまで来ると尿意はかなり逼迫して来てね
エレベータに乗った時には秒読み段階になったんよ
お店に飛び込み、爽やかな吐息をもらそうと、店のドアを押したり、引いたり
なっ、何と、休業日・・・・・
絶望の淵に立たされた小生は思わず非常階段を睨みつける
「いや、イカン、小生にもプライドがある」
少し値は張るが、目的の店の姉妹店に進路をとったの
もう、歩くのは内股しか無理、尻を振り振り姉妹店に向かったの
ドアを開け、「いらっしゃいませ」の「いらっ」の部分で手洗いに飛び込む
尿意棒に一言「よう、頑張ったな」と礼を言い長時間の放水を開始
何事も無かったように紳士の顔で席に着く
事の次第を解説すると「私は漏らしたことがある」と言う女の子が多数
尿意棒を持たぬだけに、殊更緊急時には弱かろう
彼女たちに殊更親近感を覚えた夜でありました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
勝手に はぜとけ
2017.05.22

初代「はぜる」での二品目はきびなごの造り
地元だけあって、鮮度抜群!
木桶に入ってやってきた。きびなごの色が青っぽい
青魚だけに流石に青いと思ってよく見ると一面にネギ
小生の怒り桜島の如く爆発しそうになる
ならぬ堪忍、するが堪忍
小生「あんな~、兄ちゃん、この席の注文は全てネギ抜きでお願いするね」
兄ちゃん「あっ、すみません。気を付けます」
と、作り直しに奥に入っていった
入れ違いで次なる品を持ってきたお姉ちゃん
ネギのどっさり入った肴を置くでは無いか
「戦争じゃ~、戦争でごわす。」西南の役以来、火山との戦いは続いておったが
ここに「西神の役」勃発じゃ。おいどん、どげんかせんといかん
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ばってん
2017.05.19

鹿児島での仕事を終えた小生は帰りの新幹線を待つ間に
腹ごしらえをしようと思ったんよね
出来れば駅に近い店が好ましい
駅と繋がったAMUという名のビルに上がることにしたんよ
何か、鹿児島らしくない名前のビルなんよね
小生なら「おいどんビル」とか「南洲公ビル」とかセンスのある名前を使うばってん
6階の飲食店フロアで炭焼き初代「はぜる」という看板の横に「昼飲み」の補記が・・・
別に昼から呑みたいわけじゃないけれど
何だかはぜたい気分だし、一人でも入り易そうな店なので突入したんよ
座ると同時 に「瓶ビール。キンキンに冷えた奴」と叫び
取り敢えず「薩摩黒豚の角煮」とすかさず付け加える
もちろん、大きな声で「全てネギ抜きで!」この言葉も忘れない
ビールは好きなサッポロ黒ラベル。「旨いっ!」
兄ちゃん。「熱いから気を付けて下さいよ~」と運ばれて来た豚の角煮には山盛りのネギ
紳士な小生「兄ちゃん、ネギ抜き言うたやろ」
その後も、地元産のあれこれを追加注文したんよ
旨いか不味いかは月曜日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
指定席番号は6Bやったよ
2017.05.18

事件は九州新幹線「みずほ」5号車6Bで起こった
大柄な男が寝ておった
昼飯にビールでも飲んだのだろうか
赤ら顔をして熟睡状態じゃった
その男は顔を6Aの方に向けて熟睡しておった
諸君!そこまでは許そうでは無いか
その男は、仕事で出張でもしておったのであろう
疲れた身体に鞭打って頑張って来たのであろう
熟睡しようが爆睡しようが鼾をかこうが許そうでは無いか
その男の顔を見ると、右の口元からキラッと光るのもが垂れてきたでは無いか
釈迦がカンダタめがけて投げ落とした一本のクモ の糸か
彼を地獄から救い出してやろうとする慈悲の糸なのか・・・・
否、そうではない。男の口から垂れているのは一本の涎である
よだれ鶏なら腹も立つまい。むしろ腹が鳴る
男の口から出た涎である。もはやこれは事件である
釈迦よ、この男を6Aの男の視線より救い給え
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
玉の助
2017.05.17

玉子掛けご飯専門店「玉に助」へ行ってきたよ
玉子掛け定食(大)520円とタココロッケ1個200円を頼んだよ
定食には沢庵とネギと味噌汁が付いていたよ
肝心の卵は平地飼いの鶏が生んだその朝の卵らしいよ
卵は篭に盛って出てきてね、自由に選べるんよね
壁の張り紙には生卵はお一人様5個まで
黄身のみ食べる方は3個までって書いてあったんよね
醤油は全部で5種類あって、迷いに迷い選ぶまでが一苦労
何しろ、醤油と卵の組み合わせで全てが決まってしまうからね
卵の量も難しい。ご飯の量と卵の黄金比率を考 えないとね
よそわれたご飯の量から推定すると、卵の量は2.5個~3個
でも、卵を1個食べても5個食べても料金は一緒
小生、太い腹やし決してケチではないけど
気が付いたら5個の卵を2種類の醤油で溶いていたよ
卵の海に沈むご飯の山
ズルズルすする玉子掛けご飯
ゲップと共に溢れ出る白身
諸君!黄金比率は守り給え!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
初蚊
2017.05.16

初ガツオ 初詣 初日の出 初デート
初が付く言葉には胸躍らされるものが多いよね
今朝、蚊に刺されたんよ。しかも顔をね
今年に入って初めてだから、初蚊とでも言おうかね
どうも蚊の唾液に免疫が無い様で思いっ切り腫れるんよね
頬っぺたを刺された場合、ほっぺに一円玉大の土俵が出来るわけ
痒くて痒くて、相撲ごっこをしている暇はないんだけどね
毎年、蚊のシーズンになると多くの蚊が寄って来るんよ
人を刺すのはメスの蚊だけって知っていた?
と云うことは、小生、モテてるわけやね
人間の メスは小生に一顧だにしないのにね
蚊にモテたってしょうが無いよ
ほんとにね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
涙、涙、涙
2017.05.15

とある学校の学園祭に潜入した
天気は生憎の雨
昼からは晴れるとの天気予報を裏切り午後も雨
生徒たちの期待を裏切る涙雨
小雨降るなか生徒たちはグラウンドで露店の準備
小生は、雨を避けホールで生徒たちの演技を見学
ダンスも演奏も素晴らしい
木管楽器の演奏には心を突き動かす感動に
涙がこぼれた
午後より、露店の散策にぶらり、ぶらり
保護者会のブースを見ると
小生が、清水の舞台から飛び下りる気持ちで寄贈した
骨伝導式の最新式電話機定価23,000円があるではないか
バザーでの値札を見ると300円
涌き出る涙、涙、涙
一年分の涙を出し尽くし肩を落とし家路についたのでありました
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
肥後モッコリ
2017.05.12

久しぶりにお昼ご飯を外食で済ませました
今夜は私用で、激しい運動の一種を控えており
スタミナをつけようと固く決心をした結果です
行ったお店は「モッコリ」じゃなかった「モッコリーす」でもなく
そうそう神戸の中華そば「もっこす」に行きました
最近、どうも神戸という名前に弱くなり
神戸と書かれているだけで誘蛾灯に誘われる蛾の如く飛び込んでしまいます
ここの中華そばは、チャーシューが極端に多く
チャーシュー麺などを頼んだ日にゃ
箸が麺に辿り着くまで時間がかかり、麺が伸びてしまうと言う代物です
チェーン店展開をしているのですが、今日訪れた店は初めてでした
食べ終わった感想は・・・・感想を喋ろうにも
口の中が油まみれで「女殺油地獄」状態なのであります
珈琲を所望じゃ。珈琲を所望じゃ。珈琲を所望じゃ・・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ヘリコプタ
2017.05.11

ヘリコプターは人畜の重みなど一顧だにせず、大空へと旅立つ
ギュウギュウ詰めの客室にも、新鮮な空気だけは広がって来た
飛び上がった時には「神様お願い」って、何をお願いするかも決めずに
呟いたが、飛び上がってみると快適である
但し、両横の二人には横を向けば窓がある
正面の二人も横を向けば窓がある
最も最低な席の中でも飛び抜けて最低な席の吾輩は
前を向けば爺とおっさんの顔、右を向けば青年の横顔
左を向けば、げげげ、婆あは、落ち着きなく右や左とキョロキョロしているでは無いか
最初にも言ったよ うにギュウギュウ詰めの機内である
うっかり左を向けば、接吻と言うニアミスも起こりかねない
ここでまた呟く「神様お願い」
得てして、初体験は上手く行かぬものだが
小生のヘリコプター初乗りも散々な目にあったよ。トホホ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ヘリコ豚
2017.05.10

さて、この度搭乗できるヘリコプターは操縦士を含め7人乗りである
助手席は、少年に取られたため我々大人5人は後ろの座席に足を運んだ
座席は向かい合わせのベンチシートで物凄く狭い
前向きが二人、爺と中年のおっさんが座った
後ろ向きという最も最低な席には、吾輩と青年と婆が乗る羽目になった
後ろ向きの奥の席は反対ドアより乗って来た婆に取られてしまった
最も最低な席の中でも飛び抜けて最低な席に前途ある青年を座らせるには忍びない
吾輩が最も最低な席の中でも飛び抜けて最低な席に座ることになった
何しろ、吾輩は少 しばかりブタである
吾輩が最も最低な席の中でも飛び抜けて最低な席に座ることにより
ヘリコプターはヘリコ豚となり、より安全性が増すやも知れぬ
尊い犠牲心と読んでも問題なかろう
やがてヘリコ豚は地上を離れタケコプターの世界へと飛び立った
続きは明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ヘリコプター
2017.05.09

イベリコ豚ではなく、ヘリコ豚でもなく
ヘリコプターに乗りました
船にも、飛行機にも、オートバイにも、馬にも、乳母車にもアレにも
乗って来た吾輩だが、ヘリコプターには未だに乗ったことが無い
10年前、信州の山奥で遭難し、無線で救助要請をしたところ
「今年は、あんた達が遭難している場所は、熊が多くて誰も行きたがらんのよ」
自分たちで頑張ってね。と救助要請を断られた際に
それならば、ヘリコプターの出動をお願いしたいと言ったところ
誰かが動けなくなったら連絡を頂戴ね。と断られ
それ以来、ヘリ コプターにはとんとご縁が無くなっていた
霊柩車に乗る前に一度はヘリコプターに乗りたくて
神戸の街を空の上から散歩することにしたんよね
紙面が尽きた。その顛末は明日のココロだ!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
5月8日月曜日
2017.05.08

今日は5月8日、誰が何と言おうと5月8日月曜日
長かったゴールディンウィークも明け
溜った仕事に忙殺されている皆さん
ゴールデンウィークこそ書き入れ時と
クタクタの状態で今日を迎えた皆さん
皆~んなお疲れさまでした
小生は、神戸市内へ一泊旅行に行って来ました
片道20分の道のりです
車でホテルに乗り付け即、乾杯!
「今日は泊るけん、車で来てもビールを飲めるけんね~」
一人、優越感に浸ってきました
映画館にも行って来ました。もちろん、2本立てです
2本で1000円。館内の饐(す)えた臭いが気になりますが
1本目を観終わったころには、鼻も麻痺して平気です
さぁ、休みは終わりだ。働くぞー
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
イソヒヨドリ
2017.05.02

電信柱の上とか、高い木の上で
綺麗な声で囀る、美しい鳥を見かけたら
それはイソヒヨドリかも知れないよ
大きさはヒヨドリぐらいでカラフルな羽根模様
昔は、海辺にしかいなかったのだけれど
最近では、街中でも姿を見かけることが多くなったみたい
そういや、キジバトは今では何処にでもいるけど
昔は山鳩と呼ばれていて、山深くにしかいなかったんだよ
この前は、海から離れた貯水池でワシタカの仲間のミサゴも見つけた
いったい、どうなっちゃうんだろうね
まぁ、イソヒヨドリのように声も姿も 美しい鳥は大歓迎だけどね
明日からいよいよ5連休
皆さんにとって良い連休でありますように
お仕事の人はお疲れ様。頑張って下さい
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
無駄な殺生をしてしまった
2017.05.01

毎朝、明石の水がめ野々池貯水池の外周を歩いている話は以前にも書いた
会社を出て、貯水池を2周して戻ると、ちょうど5.3㎞になる
ちょうどなら、5㎞では無いかなどと言うあ・な・た
君の意見などは聞いてはいない
速足で歩くには目標が居る。目標が無いとトロトロと歩いてしまい
仕事に支障を来すのだ。幸いなことに貯水池の周りを歩いている人は老人が多い
そこで、小生は速足で追いつき、10m手前でロック・オンする
そう、撃墜準備だ。毎朝、4~5名はロック・オンしている
気の毒だが、朝の小生は非情である
今朝も、幾人かのパイロットをあの世に送った
普段、女性に「罪深い男ね」って言われるが
実は、ご老人たちにも罪深いのである
また、無駄な殺生をしてしまった
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。