容疑者

倒れている女性を発見し、119番に通報した

どうでぃ!良心的だろ?

救急車が到着するまで、延々と救急隊員が質問をしてくる

救急車が到着し、立ち去ろうとすると何故だか、パトカーも到着した

どうやら、救急隊員が伝えたらしい。若者の言葉で言うチクリと言うやつだ

警察官が事情を聴きたいとパトカーの後部座席に乗れと言う

「えっ!何で・・・」と拒否しようと思ったが

抵抗しても勝てそうにないし、いつの間にか警官の数も6人に増えているし

何よりも、パトカーには犯罪者や痴呆症の徘徊老人としてではなく

一般市民として一度乗ってみたかったので乗ることにした

乗ってみると、後部座席は厚手のビニールシートが敷かれている

痴呆症の徘徊老人や薬中も乗せるので汚れ防止なのだろう

住所と名前と生年月日そして職業を言えと云う

まさか、交際を迫るのではないかいな

小生、男性警察官と付き合うつもりはない

婦人警官ならLINEの交換もするけれど・・・・

発見時の詳細も余すことなく言えと云う

「協力をお願いします」と言われたので協力をした

全部、ゲロした・・・ゲロじゃなく自白

自白じゃなく、伝え終わったところで警官が車を降り

大声で無線を使う声が窓越しに聞こえた。

「解放しても良いですか?」・・・なんでぃ、小生は容疑者か

驚きの詳細については、既顧客だけに郵送される

「ほけんやニュース」をお読みいただきたい。客じゃない諸君にはここまでだ!

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP