続・桃彩花

何故、小生の鞄の中に椎茸が入っているのか

勿論、スーパーのパックに入った色黒の椎茸ではない

1時間ほど前に、自宅のベランダで初収穫を終えた菌床栽培の椎茸なのだ

椎茸ちゃんたちは皆、色白である。しかも柔らかい。頬擦りしたくなるほど柔らかい

そりゃ、そうであろう。丹精込めて育てた椎茸ちゃんである

その数8枚。店側が公示していた「持ち込み禁止」とは

まさか、椎茸の事ではあるまい

推察するに、肉やアルコール類の事と考える

あるいは覚せい剤やヒロポンの事と思われる

肉やアルコール飲料は店の売り上げに大きく影響をするので当然であろう

そのような物を持ち込む輩は、即、退店願うが宜しかろう

否、未来永劫入店禁止の処置を取ることが賢明であろう

もう一度言う。小生の鞄の中には自家栽培の椎茸が8枚だけである

これならば、許されても然るべきではあるまいか

思い切って店員さんに尋ねてみようか?

でも、店員さんが大きな声で『困ります!』なんて言った日にゃ

満員の客の前で恥をかかされた横田ファミリー

自死すらも決断せねばならぬかもしれない

取り敢えずは、半額になっていた生中を頼むことにした

その後の事は、明日のココロだ!

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP