続・続・続 桃彩花

秘策とはこうだ。エリンギ茸に紛れて椎茸を焼く

小生はキノコ愛好歴20余年

キノコ愛好家での知識序列は極めて低いが、素人衆よりは格段に高い

何しろ、一人で山に入り幾種類かのキノコを採取し食べるが、未だに生きている

そう豪語する小生が判断するに、焼肉専門店の野郎ども

肉は詳しくともキノコの見分けはつくまい

例え、椎茸とエリンギ茸と雖ももだ

しかも、小生の生産した椎茸、実に色白なのだ。色白美人なのだ

万が一、野郎どもが「それは、エリンギで無いのではないか」と主張しても

素人衆をねじ伏すことなどわけも無いこと

早速、20%引きの特上肉盛りセットを頼んだ

ついでに半額以下の極上ユッケも家族全員分を頼んだ

長男が極上ユッケに難色を示したが、家長の権限で頼んだ

もう一度言っておく、極上ユッケは半額以下だから頼んだのではない

どうしても食べたかったから頼んだのである

藁牛の極上ユッケは直ぐに出てきた。大方、作り置きであろう

まぁ、作り置きでないと、今から作られても困るが・・・

一口食べてみた。「う、うっ、旨い」無茶苦茶に旨い

家族全員が顔を見合わす。声も出ない

恐るべし、藁牛! イカン、紙面が尽きた 続きは明日のココロだ!

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP