串乃家

串カツの専門店、神戸「串乃家」へ行った

創業が昭和54年だから、老舗と言って良いだろう

予約無しで行ったので、良い席は取れなかったが

それも又、一興である

当日は小柄な女性と二人で行った

「騒めくではない」皆の衆。告げ口も無用である

これは家族公認の食事会なのだ

最近知ったのだが、家族はこのブログをちょいちょい読んでいるらしい

そりゃそうであろう。一家の大黒柱の会社名は家族の誰もが知るところである

この事を考えてみれば、諸君が騒めく必要など皆無であることはお判りいただけよう

「串乃家」にはルールがある

最初に苦手な具材を申告する。後は勝手に運ばれてくる串カツを食するだけ

もう一つ知っておかねばならないことに、「ストップ」を言わない限り

延々と色々な種類の串カツが出続ける事だ

勿論、食べ放題では無いので料金は上がり続ける

この日は、小柄な女性と同伴であった為、店側の配慮だろう

圧倒的に小生の前の皿に串カツが運ばれる

女性の皿には小生の半分の量。しかし、この女性小生の倍量は食べる

何と気まずいことか・・・

人は見かけによらぬとは当にこの事であろう

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

牛飲馬食
2022年1月21日
電気チョッキ
2022年1月20日
医学的な話をしよう
2022年1月18日
血液検査
2022年1月17日
大雪とオミクロン
2022年1月14日
神戸街中死の彷徨
2022年1月13日
お年玉
2022年1月12日
くらしき「白壁」
2022年1月11日
TOP