桑原和男

次男が大学に合格した

まぁ、小生の血を引いているからには不合格は無かろう

一般入試が終わったその日に「浪人は認めん」と申し付けた

本当は、不合格の際は切腹を申し付けると云いたかったが

実際に切腹されても困るので「浪人は認めん」に留め置いた

入学金を払込に行く際には、次男を同行した

別に銀行に行く途中に引ったくりに用心してでは無いんよね

引ったくり犯の四人や五人、軽く片手で成敗してやるわ

次男を同行する真意は・・・・ズバリ

君にはこれだけの金が掛かっているので勉学に励みなさい

良い友人を作りなさい。これが言いたかったのである

何しろ、勉学は未来への投資

良友は現在の財産だからね向かった先はりそな銀行

銀行に入れば、振込用紙とお金は次男に渡し

小生はソファーで待機する

暫くして、次男が慈父(小生のこと)の元へ戻ってきたので

慈父、右手をすっと差し出し、何百円かのおつりを要求

次男曰く「1,300円足りなかったよ。自分の財布を持って来てホンマ良かったよ」

小生「いや、1,300円はかえす」と言うと

次男「これぐらいは自分で出すよ」と宣う

ここで、1,300円を返さねば、将来何かの折に

「入学金の共同負担者」と言われるやも知れぬ。断乎として受取らせる

クワバラ、クワバラ、桑原和男である

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP