お年玉

訳あって、店の名前は明かせぬ

我が家の男どもでお好み焼きを食べに行った

正月であるからして、ゴウジャスな注文をした

メニューの名前は書けぬ

書くと、店の人に感づかれるやも知れぬ

ゴウジャスなお好み焼きと言う事は、一枚1,000円以上はした

ゴウジャスなだけあってデリシャスであった

ハンドル・キーパーも居たのでビールも呑んだ

瓶ビールを3本も呑んだのじゃよ

どうよ、このゴージャスな事

支払いはクレジットカードを利用した

レジで何やらもたもたとしていたが、鷹揚に待っていてあげたのじゃよ

最後にはベテランの店員がレジを替わって支払いを済ませた

家に帰ってレシートをチェックすると

ビールが1本しかついていないではないか!

次男の頼んだ一番高いお好み焼きも付いていないではないか!

こりゃいかん、ハンドルキーパーと共に店に戻り

再度清算をしようと立ちかけたが

待てよ、今戻ると注文を受けた若く可愛い娘さんが店長に叱られるやも知れぬ

ここは、我らだけが我慢をすれば済む話ではないか

正月から叱られて、さめざめと泣く娘の姿など見とうは無い

今回は、お店からのお年玉としておこう

慌ててレシートを捨てた

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

牛飲馬食
2022年1月21日
電気チョッキ
2022年1月20日
医学的な話をしよう
2022年1月18日
血液検査
2022年1月17日
大雪とオミクロン
2022年1月14日
神戸街中死の彷徨
2022年1月13日
お年玉
2022年1月12日
くらしき「白壁」
2022年1月11日
TOP