片手で捻りつぶしてやるわ

夕暮れ時の姫路駅前を我々は全力で走った

もちろん、神戸人であることがバレてはならぬ

今度は、暴走族に兄ちゃんならぬ一般市民が敵に回るやも知れぬ

会話は極力すくなく、どうしても喋らなくてはならない時は播州弁を使う

小生「ごっつい しんどいな」

本森「さぶいけど べっちょないで」

小生「あほんだら せんどぶりで走ったら 体がめげるわ」てな具合である

そうこうしている内に目的の焼鳥屋さんに到着した

保険の説明と契約を10分で済ませ

先ずは命があったことに感謝し乾杯をする

ビールが美味い、ビビりながら商店街を走って来た二人には正しく命水

ヒップと塩皮。その他にも色々と頼む

怖さを忘れるために、追加でビールをぐびぐびと飲む

本森もぐびぐびとビールを呑む、我ら二人まさに牛飲馬食である

二人でビールを10本も空けたころ、二人に怖いものなど無くなった

姫路市の一つや二つ、片手で捻りつぶしてやるわ

ただ、勘定書を貰った時だけは本当に怖かった

何しろ、経理にお金を借りてきたほどの財布の中身やからね

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP