再来、アベノマスク

先日、仕事で電車を利用した

車内は7割の混みようで立っている人もそこそこ居た

小生も座れず立っていた。何気なく立っている人たちを見回すと

何とアベノマスクを付けているオジサンが居るではないか

しかもその御仁、そこそこ顔がでかい

いやいや、でかい顔をしているのではなく物理的に顔がでかいのである

当然、アベノマスクは極めて小さい

小学校の給食当番が付けるマスクのサイズである

その御仁の口元と鼻の下半分が、ようよう隠れる程度である

喋れば絶対にマスクの下の部分が口の中に入るであろう

思わず吹き出しそうになるのを必死で堪える

人を笑わせるためにアベノマスクを着用しているのか?

世の中に笑顔を振りまくために着用しているのか?

ひょっとして度胸試し!

もし、そうであるならば、この御仁肝が据わっている

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

抵抗の詩(うた)
2022年3月1日
新店視察③
2022年2月28日
新店視察②
2022年2月25日
新店視察①
2022年2月24日
断酒中毒
2022年2月18日
HAPPY VALENTINE ②
2022年2月17日
HAPPY VALENTINE ①
2022年2月16日
魚べい
2022年2月15日
TOP