神戸市西区|生保・損保など安心の無料相談、明石市ほど近くのオフィスほけんや。損害保険ジャパンや三井住友海上の取り扱いも。

勧誘方針プライバシーポリシー
神戸市西区|生保・損保など保険のことなら、明石市からもほど近くのオフィスほけんやへ。安心の無料相談もございます。 【フリーダイヤル】 0120-252-889(じこにはやく) 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
オフィスほけんやの独り言つ
2020年8.9.10月の記事はこちら

2020年5.6.7月の記事はこちら

2020年2.3.4月の記事はこちら

2019年11.12月.2020年1月の記事はこちら

東京日帰り弾丸出張①
2020.12.04
とても重要な会議の為、武漢ウィルスの蔓延する東京へと
同じく、武漢ウィルス増殖中の兵庫から武漢ウィルス拡大中の大阪を抜け行ってきた
武漢ウィルスは基本的に「鼻」と「口」から感染する
呼吸を止めるという事が最も有効な手段である
政府はマスクマスクと叫ぶ前に、無呼吸、無呼吸と呼びかけるべきである
無呼吸は有効だが、しかし今回の会議終了後にランチミーティングがある
呼吸をせずして食物の摂取は可能であろうか
小生、必死で考えた。そうだ!金魚に学べ
あの可愛い金魚たちは水中で餌を食べるではないか
金魚に出来て人間に出来ぬわけがない
「分かった。口で呼吸をするのではなくエラで呼吸をすれば良いのだ!」
しかし、齢50をとっくに超えた小生に未だにエラが生えてこぬ
対策については、新幹線の中で考えることにし、車中の人となった
新幹線はガラガラである。ゆっくりとビールでも飲みながら
東京に向かいたいが、仕事の前の飲酒は厳禁である
珈琲を啜りながら、会議の事、無呼吸の事に考えを巡らせる
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
愛燦燦
2020.12.03
誰もが普通に経験することだと思うが、出張に行く度に忘れ物をする
そして、独り密かに落ち込む。トイレの中で涙ぐんだりもする
そこでポジティブな小生は考えた。出張に満点を求めるな
忘れ物も30点を超えなければ合格点だ。自分を責めるのは止めよう
トイレで泣くこともやめよう
例えば、今回の東京出張を評価してみよう
忘れたものは携帯電話と万歩計
携帯電話は、非常に重要な物であるから-20点
万歩計は、無くても困らないので-10点
100-20-10=70 そう、70点、合格点なのだ
誰に後ろ指を指される必要もない立派な点だ
因みに、減点対象物をお知らせしよう
ハンカチ-1点 ポケットテイッシュ-1点 ポケットウィスキー-20点
靴下-2点 パンツ-2点 シャツ-1点 避妊具-20点
会議で使う資料-30点 財布-30点 時計-10点 鉄道系カード-20点
ざっと、こんなところだ。避妊具????馬鹿だな
人生、どんなところに「愛」が落ちているのか分からないのだ
「愛」は燦燦でなければならぬ。散々では困るのである
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
かき小屋
2020.12.02
11月最後の土曜日に、市中見回りを実行に移した
17時前より、JR三ノ宮駅をスタート
武漢ウィルスが蔓延する中、何と人出が多いことか
節操の無い人々を見るにつけ、小生の中で怒りがふつふつと湧いて来る
こんな時こそ、市民は力を合わせ自宅待機をすべきではないか
怒りを冷ますために、取り敢えずビールを呑むことに決めた
肴は季節的には〘フグ〙だが、考えただけで財布が警報を鳴らす
近くに「かき小屋」がオープンしたことを思い出したので
「かき小屋」も視察する。
かきは牡蠣と書くが難しすぎて覚えることが出来ない
怒りで沸き立つ血を鎮めるには、一杯、二杯のビールでは追いつくまい
飲み放題付きのかきのフルコースを頼んだ
瓶ビールの3本も呑んだ頃、怒りの血も治まり
今回だけは外出している馬鹿どもを許してやることにした
かきで腹を満たした後は、jazz・liveを楽しむために
ソネに向かう
jazzの余韻に酔いしれながら、やっぱり夜の神戸って最高と呟いた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
甘いマスク
2020.12.01
以前のブログにも書いたが、最近は布製のマスクにはまっている
洗えて繰り返し使えるし、何よりもお肌に優しい
白一色ではなく、出来れなワンポイントが欲しい
小生は疫病退散にご利益があるといわれている妖怪アマビエのマスクを愛用している
何も妖怪アマビエが好きな訳では無い。アマエビならば大好物ではあるが・・・
これも、日本から、否、世界から武漢ウィルスの撲滅を願っての事なのだ
恥も外聞もなく、ひたすら世界の人々の安寧を願ってのワンポイントです
マスクによってアマビエの刺繍や、印刷が違っていますので
どのアマビエに御利益があるかは分かりません
そこで小生は、私財を投じありとあらゆるアマビエのマスクを買求めています
既に何種類かのマスクは着荷したのですが
どのマスクも小さいのです。Lサイズと書かれていても小さいのです
小生、若い頃は甘いマスクともてはやされていたのですが
どうやら、甘いマスクは勘違いで「でかいマスク」であったようです
昔から、態度がでかいと云われることが多かったのですが
態度も顔もでかいことが判明しました。大いに反省することしきりです
小顔の次男の手元には、各種アマビエのマスクが沢山たまっています
彼のあだ名が「アマビエ」にならぬことを心から願って止みません。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
184はイヤヨ
2020.11.30
「184」我が郷土神戸市のある兵庫県内の武漢ウィルス感染者数である
累計ではなく昨日の新規感染者である
一昨日よりも84人も増えた。この調子だと年内にも大阪を超えるのではないか
来年には東京越えも夢ではない
街へ出ると、多くの若者が繁華街を闊歩しているし
老人たちはアゴマスクでヨタヨタと歩いている
酒を提供するお店では千客万来で万全のシフトである
県民が力を合わせて新記録に挑もうと涙ぐましい努力をしている
井戸知事も鼻高々であろう
兵庫県に籍を置く当社も、日本一を目指して積極的に協力したいが
謙虚な社員が多いため、なかなか協力体制が取れない
事務所二階の会議用テーブルには、大きなアクリル板のパーテーションも
設置してしまった。しかも3枚もだ。困ったことに隙間が無いのである
しかも、しかもだ。除菌用のオゾン発生器迄設置してしまった
お客様がお帰りになると、オゾンで除菌する
臆病者の集団で本当に申し訳ない
はっちゃけた若者の皆さんや、アゴマスクのご老人の健闘を祈る
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
マスクについてのプラス思考②
2020.11.27
武漢ウィルス感染者が増加し始めたころ街から使い捨てマスクが消えた
暫くすると、50枚入りの中国製のマスクが4,000円、5,000円で
全く異業種の店頭に並び始めた。マスクを売るために武漢ウィルスを撒いたのか!!!
疑いの気持ちがあったことも否めない
しかし、マスク販売の利益だけでは、北朝鮮なら兎にも角にも
大国家中華人民共和国の国家戦略としては弱い
幸か不幸か、花粉症で苦しんだ過去を持つ小生は
市中に普通にマスクが流通していた頃に、1箱580円でマスクを
段ボールケース1箱丸ごと王侯貴族買いをしていた
それから使い捨てマスクを二日、三日も使い続ける日々が続いた
ところがどうであろう。兵庫県も武漢ウィルス大圏になった今日
マスク市場の様変わりは目まぐるしい変遷を遂げた
各種多機能使い捨てマスクに、色々なデザインを施したマスク
世は今やマスクの大輪が咲き乱れている様である
小生などは、アマビエがデザインされた水着素材で作られたマスクを愛用している
凄いではないか! 小生が口にしているのは
本来、グラマラスの美女が身に着けていた水着であるかも知れない
誰や、オッサンの水着の股間部分になる予定やったやつかも知れないなんて言うのは
それをマイナス思考と言う。小生は、プラス思考だから
このグラマラスな美女が着用予定であったであろうマスクにキャサリンと名付けた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
マスクについてのプラス思考①
2020.11.26
外出するにもマスク、会社内でもマスク、家の中でもマスク
食事中にもマスク、トイレに行くにもマスク
マスク、マスク、マスク、鬱陶しいことである
しかし、利点もあるのではないか?
今日は、マスクの利点について真面目に考察したい
阿保のマスク・・・失礼!アベノマスク以来、小さなマスクは失笑を買う
このことを日本中に知らしめた安倍前首相の功績は大きい
それらの歴史を経て、最近のマスクは大判である
大判であるからして、顔の2/3が隠れる
先日、〇〇で有名な大阪の街を歩いた。勿論、商用である
美人が多い。驚くほど美人が多いではないか?4~5人に恋をする程であった
神戸人、京都人は大阪の女性は〇〇多いと言う
昔から言う。未だに言う。必ず言う。小生は言わない
理由は解らない・・・・
男性一般にもメリットはある。余程に髭が濃くない限り
毎日の髭剃りから解放された。小生などはお肌が乳飲み子のように
すべすべな敏感肌なので大いに助かっている
本当か?と疑うならば若い女性に限り触らしてあげるのでお電話をどうぞ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
やればできる
2020.11.25
先日、武漢ウィルス感染者数で大阪が東京を抜いた
やればできることが分かり、諦めないことの大切さを今更ながら学んだ
人口に於いて約1400万人の東京と、約880万人の大阪の差があってもだ
520万にの差を跳ね返す快挙だ。やればできる!
人口密度、日本1の大東京、人口密度日本2位の商都大阪
それでも勝つのだ。我が街神戸を擁する兵庫県
人口こそ全国都道府県で7位と後れを取っているが
最近の患者数の増加を見ると、捨てたもんじゃない
井戸知事も若年者の吉村知事への怨念が素晴らしい
その言動の一つ一つを見ても解る
大いに期待が持てるではないか、頑張れ井戸知事
この三連休の結果を待ちたい
いつつの小など、最早古い。今からは「やればできる」を声高に叫ぼう
因みに、小生の一族はこの三連休家に籠ってしまった
この過酷な競争に加担できず残念な気持ちで一杯である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
校門周辺の林の話②
2020.11.24
校門周辺の林の話を続けよう
伐採には「思いっきり」と言う言葉が重要なポイントになる
ベリッと一気に捲ることが肝要である
家族のいらっしゃる方は家族の協力を求めることが一番である
パンツを引き下ろした状態で、ベッドに横たわるので
「妻」は不適である。何やら、他の事を求められかねない
又は、意地悪な「妻」であるならば、ゆっくり、ゆっくりと
湿布を剥がされ、地獄のような時間を味合わされることになる
SM趣味のある御仁は試すが良かろうが、小生にその性癖は無い
「娘」も、かなりリスクが高い。
二度と口をきいてくれなくなること間違いなし
やはり「息子」である。出来れば中学生以上の「息子」が理想である
通常、彼奴らは力が有り余っている。しかも、情け容赦がない
小生も、高校生の「息子」に命じてみた
遠慮なく、思いっきり、校門右周辺の湿布を剥がした
「ベリッ」と音がしそうなほどの衝撃があった
剥がした湿布をしげしげと見たが、無い、何も無い。
毛の一本すらも抜けていない
流石に、小生の血を引く林どもだ。頑固で強固である
何だか愛おしくって、校門周辺の林をいつまでも撫で続けた
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
校門周辺の林の話①
2020.11.20
尻に湿布を張っていることは先日告白した
告白したからには、去る去らぬは貴女のお心次第であると申し上げよう
湿布を剥がすときには尻毛が邪魔をして猛烈に痛いことも告白した
一部の方々から尻毛と言う表現は下品であるとのご指摘も頂いた
尻毛が下品であるならば、ケツ毛はどうであろうか
何だかもっと下品になったように思われる
少し回りくどいが、肛門周りの林と言う表現は如何であろうか
詩的な表現をするならば、校門周辺の林でも良い
この校門右側の林を全て引っこ抜いても・・・
引っこ抜くなど、またまた下品な表現を使ってしまった
改めよう、校門右側の林を残らず伐採しても良いと考えていた
あっ、「またまた」などとまたもや下品な表現を使ってしまった
全国の女性の皆さんごめんなさい🙇
「たまたま」あっ!最も使ってはならぬ単語を使ってしまった
そうだ、「予期せぬことに」この表現なら間違いも誤解もあるまい
いっそのこと、校門右側の林を全て伐採してみようと決心をした
結果はどうであったか?諸君、連休明けの火曜日を待たれよ(*_*)
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
我らの勝利
2020.11.19
久しぶりに、庶民の社交場お好み焼き屋さんに行ってきた
以前に行ったのは、かれこれ2週間も前の事だろうか
懐かしさが込み上げて思わず鉄板に頬ずりをしたくなる
メニューを見れば「呑み放題1,500円」の文字が目に飛び込んできた
この店の生ビールは1杯500円だから頑張って3杯呑めば損はない
飲み放題だの、食べ放題だの、下賤なことは好まぬが
これも勉強、庶民の暮らしを知るには良い機会と思い頼むことにした
幸いなことにハンドルキーパーも向かいの席に鎮座している
肝心のお好み焼きは、牡蠣いりお好み焼き
我々、通の間では「カキオコ」と呼んでいる
冬場はコレ! ビールに合うのはカキオコ
カキオコが来る前に、生中を2杯空ける
「どんなもんだい!」と心の中で雄たけびを上げる
カキオコが運ばれてきた。大きい、実に大きい
上品にむしゃぶりつく。旨い、実に旨い
しかし、なかなか牡蠣には辿り着かない
牡蠣が少ない、少なすぎる。牡蠣が少なすぎるが旨い
悔しいので、立て続けに生中を4杯空ける
少しでも、店にダメージを与えねば・・・・
意味不明な事を考え、その他の焼き物も頂いている内にお開きの時間となる
勝った!我らの勝利である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
姦と言う字を考える
2020.11.18
「漢」と書いて「おとこ」と読むことは以前にも書いた
では「姦」と書いて「かしいましい」と読むことはご存知だろうか
女が三人で「かしましい」とはよく言ったものだ
昔々、かしまし娘と言う「音曲漫才トリオ」が活躍していたらしい
このことは、小生の記憶ではなく父から聞いたと付け加えておく
姦しいとは、うるさい様。明らかに差別用語的な漢字である
因みに、男が三人では「たばかる」というらしい
「姦」を色々な単語に置き換えて意味をこじつけてみた
姦事(幹事):先ず、場所が決まらない。呼ぶメンバーが決まらない
姦単(簡単):難しい
姦嘆(感嘆):溢れ出る涙
姦心(感心):褒めちぎること褒めちぎること・・・
瞬姦(瞬間):この恨み消えると思わんといてや
これ以上書くと、恨みを買いそうなのでそろそろ終わるが
最後っ屁を一つ
和姦(和姦):責任はきちっと取って下さいね。絶対にね
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
尻と湿布と私と尻毛
2020.11.17
梨状筋と言う筋肉があることをご存じだろうか
そう、尻の筋肉である
テニスのプレーでその右梨状筋を痛めてしまった
私ほどのプレーヤーになるとよくあることらしい
そういえば、錦織圭もケガには悩まされている
同じ、男性として、否、ケガ仲間として親近感が持てる
長年通うテニススクールで上から4番目のクラスを維持している
因みにクラス分けは5クラスもある
中高生の多いクラスで彼らと張り合って頑張っているのだから
尻の二つや三つ、痛めても致し方あるまい
あっ、尻は人類平等に一つだった
歩くと物凄く痛いのである
どのぐらい痛いのかと言うと、まるで尻が二つに割れるように痛いのだ
つい、手で擦ってしまうが若い女性の尻なら兎にも角にも
自分の尻を擦っても、面白くもなんともない
擦りようによっては、何かを漏らしたのか勘違いするのが関の山だ
仕方が無いので、尻から右モモに掛けて大きな湿布薬を3枚貼っている
尻毛のお陰で剥がす際の痛みが尋常でない
どなたか助けて下さらんか!
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
名前は忘れてしまったが・・・・
2020.11.16
先週の金曜日には胃カメラを突っ込まれた話を書いた
今日はその時の医療体制について述べてみよう
そのクリニックは胃腸科専門である。伊調薫ではない
そこんとこは誤解せぬように頼んます
某、有名大病院出身の先生が数カ月前に新築開業した
ピカピカのクリニックである。ピカピカと言っても小峠英二ではない
広いクリニック内部はピカピカに磨き上げられてるという事だ
鼻から胃カメラを突っ込む際には前処置がある
胃の中を奇麗にするための薬を飲み干し
鼻の穴に麻酔薬を流し込まれる
それら一連の儀式(前処置とも言う)は、緊張感を否がおうにも高める
この関羽よりも豪胆だと評された小生にしてもだ
ベッドに横たわり、男性医師の到着を待つ
まるで、男の到着を待つ処女のような心境だ
残念ながら、小生の鼻はこの時すでに処女では無かったが・・・・
ベッドには小柄な、凛とした美しい看護士さんが誘ってくれた
検査が始まった・・・何と!小柄で凛とした看護士さん
小生の背後に回り、優しく背中をよしよしヾ(・ω・`)とするではないか
小生はたちまち夢心地。不安など雲散霧消
ベッドを降りる際に、この看護師さんの名前だけは覚えておこうと
名札を睨み、脳裏に書きつけたのであった
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
胃カメラ
2020.11.13
「胃カメラを呑む。」「胃カメラを呑んできた」という表現を人はする
でもあれは、「胃カメラを突っ込まれた」と言う表現が正しいと思う
つい2時間前に「胃カメラを突っ込まれた」本人が書いているのだから間違いない
もちろん、同意の上の行為であるからして「和姦」である
まぁ、「和姦」と言っても、医者に散々脅されての上での行為ではあるが
諸君が最も理解しやすい男と女で例えるならば
「お前(♀)が不倫をしていることをバラされたくないならば、1回させろ」
と言うようものである。小生の場合、飲料の嚥下困難な状況が数回続き
「癌であるかも知れないから、1回させろ」とこう言われたのさ
鼻の穴から、カメラを出し入れしたのだけれど
医師の技術が優れているのか、小生の穴がでかいのか
カメラはするすると胃迄は入っちゃたという訳さ
今回は、検査結果に問題が無かったので医師の技術が優れていることに
しといてあげる
鼻からカメラを入れると検査中に喋ることも出来るし画像を見ることもできる
美しい胃ではないか! 小生も医者も感嘆する
医者曰く「若くて、美しい胃と食道ですね。何の問題もないです」
あぁ、美しい胃を持った男に生まれてきて良かったぁ~~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
前門の虎後門の狼 獅子身中の虫
2020.11.12
東京出張が決まったんよね
東京だけには行きたくなかったんよ
ハッキリ言って東京と大阪には足を運びたくないの
まさに前門の虎後門の狼
何でかは言わずもがなやね。そう、御明算
武漢ウィルスのせいやね。武漢ウィルスの発生前は東京出張と言えば
直ぐに済む仕事でも、前泊して「スカイツリーに昇ろう」
「登ろう」じゃないよ。キングコングじゃないからね
ちゃんとお金を払ってエレベーターで昇るよ
「皇居に行こう」国賓としてじゃないよ。単なるお上りさん
「夕飯は歌舞伎町だ!」あっ、知らない方の為に言っておくよ
歌舞伎町と云ったってエッチな店ばかりじゃないからね
料理の美味しい店や、お酒の美味しい店も沢山あるからね
今やね、絶対に行きたく無い都市な訳
でもね、仕事だからね。パッパッと会議を済ませてとんぼ返り
でも最近では、神戸市を置いてあげている兵庫県でもね
過去最高の感染者を出しているからね。まさに獅子身中の虫
仕方が無いよね。仕事やから
独りで感染するのは淋しいので、本森社員(仮名)も同行させるね
8時間も息を止めていられるかな・・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
オホホ
2020.11.11
過去に何度も書いたことではあるが、早朝のウォーキングを続けている
ドラキュラ伯爵の如く、直射日光を嫌う小生は朝日が昇る前に歩く
春先から歩き始めて、だんだんと日の出が早くなってきたので
気が付けば、午前4時半起きの5時スタート
何故、直射日光が嫌いかって? あのねぇ、直射日光は美容の大敵なの
オネェじゃないので化粧とかに関心は無いけれど
皺だらけ、シミだらけの顔は断固として拒否したいんよ
だ・か・ら 早朝に歩くんよ。歩く距離も少し増やして6km
丁度、1時間で帰着。冬の早朝散歩の良い所はね
誰にも会わないってこと。つまりね、マスクも要らないってこと
思春期の少女の如く、はにかみ屋の小生は誰にも会いたくないんよね
 くしゃみも咳も、し放題。武漢ウィルス蔓延の最中、贅沢なことやねぇ
そうそう、お尻で咳をしても無問題(モウマンタイ)
ウォーキングから帰ってきて、熱々のお風呂に入るのも至極のひと時
バラの香りのするボディソープでお手入れもするの
段々と、オネェぽくなって来ちゃったわね。どうしましょオホホ
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
屁屋
2020.11.10
事務所2階の上がり框の部屋が臭い
壁紙を全て張り替えても、毎日、空気を入れ替えても臭い
小生、聴覚と視力は駄目駄目だが、嗅覚と性格は素晴らしい
犬のような嗅覚は、狗神一族の末裔ではないかと思っている
性格の良さもよく訓練されたゴールデンレトリバーのようだ
誰だ!ピットブルという奴は・・・
小生、凶暴性はゼロである
他人は絶対に評価してくれぬが、自分ではそのように評価している
臭いについては従業員もそのように感じているらしい
消臭剤もいくつも置いたが解決しない
これでは、部屋ではなく屁屋と言われてしまうのではないかと心配した
従業員一同は、事務所2階の事をヘブン(天国)と呼んでいるのに
屁ブンでは、イメージが台無しである
そこで、とんでもない臭いに挑戦する大阪の会社「メモリーズ」に
依頼することにした。臭いと真面目に戦う会社である
朝の9時から、今も作業の音が聞こえる
オゾン臭の消える明朝が楽しみな事務所2階にヘブンを戴く小生である
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
グッピーのメスとカダヤシのメスは似ている
2020.11.09
先週、近所の公園にある小さく汚い池で採ってきた小魚の話をした
メスの魚を見て、グッピーと判断したが
どうにも。腑に落ちないので再度詳細に観察をした
結果、グッピーではなく特定外来生物の「カダヤシ(蚊絶やし)」と同定した
その名の通り、自然状態ではボウフラをよく食べるため放流された経緯もあるが
グッピーとは違い、日本の冬にも耐性があるため東北、北海道を除くあらゆる所で増え
肉食性が強く、他の小魚の稚魚等も食べるので特定外来生物に指定されている
肉食というところからもお分かりのように、アメリカ原産の魚なんよね
現在、本種の無許可の飼育・譲渡・運搬・放流等は外来生物法で禁止されている
無許可で飼ってしまったのだけれど、絶対に譲渡・放流等はしないので許してね
このカダヤシは、グッピーと同じように卵胎生なので卵じゃなく子供を産みます
しかも、一度に百匹もの子供を産むのです
いゃぁアメリカのパワーは凄いですね。日本のメダカには出来ない芸当です
増えすぎた、稚魚はどうするのかって・・・
心配ご無用、我が家に暮す7匹の士ならぬ7匹の金魚たち
口に入る物は何だってパックンチョ。エサ代が助かるんよねぇ~
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
松の廊下
2020.11.06
パジャマを買った。長らくパジャマを着てはいなかった
いや何、小生が寝る時にはシャネルN°5 よなんて
古くて気持ち悪いことを言うつもりはない
実は、女性で言うところのネグリジェ
男性用のネグリジェで寝ていたのです
女性諸氏に告ぐ
そう言うギラギラと飢えたオオカミのような目つきは止めて貰いたい
小生は家族持ちである。なぜ男性用のネグリジェを使うのかって
そりゃ、お腹にパジャマゴムが食い込まず楽だからよ
まぁ、欠点は二つあるよ。一つは女性に襲われた際に防御が困難であること
もう一つは、朝起きると男性用のネグリジェがおへそ迄捲り上がり寒いこと
しかもこの度、右の乳首の部分が破れ小生の可愛い乳首を
いつでも観察できるようになってしまったこと
そこで、この度は通販でパジャマを買うことにした
サイズは勿論LL。届いたパジャマを着て驚いたよ
上着のサイズはちょうどよかったのだけれど、ズボンの裾の長いこと長いこと
「おのおの方、お出合いそうらえ、浅野殿、刃傷にござるぞ」
で使えそうな長さなんよ。
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
雑魚
2020.11.05
小生の住む街中の公園に水深10㎝程の汚く小さな池がある
最近、何気なくその汚い池を覗いて見ると、小魚がウジャウジャと居る
普通の大人ならば「ほほう!小魚がウジャウジャと居ますな」で
済むのであるが
我が家のリビングにメダカ専用の水槽を置いてある小生の事
捨て置くことは出来ない。しかし、小さな公園には
小さな子供と、お母さんたちがウジャウジャと居る
エエ歳をしたおっさんが。
バケツ片手に走っていくのはチト(*ノωノ)恥かしい
高校生の次男に、命ずることにした
次男曰く、小さな子供と、お母さんたちがウジャウジャと居る公園に
エエ歳をした高校生が片手にバケツ、片手に網を握り公園に行くのは
恥かしいと宣う
その考えには納得できる。が、納得しないのが父親である
今日まで育てた恩を忘れたのか、今からは一人で生きて行くのかと
恫喝する
渋々、息子は池へと向かう。やがて、持ち帰ったバケツには
大量の小魚と、ヤマトヌマエビそしてスジエビ
それらをメダカの水槽に入れて観察すると、小魚はメダカではなく
グッピーじゃあ~りませんか!
誰かが、増え過ぎたグッピーを汚く小さな池に放流したのでしょうな
グッピーが日本の冬を池で越冬することは出来ないでしょうから
多くのグッピーたちの命を救ったことになりますな
どなたか、表彰をして下さらぬか・・・
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
トンボが苦手になりました
2020.11.04
年下の女性友人とドン・キホーテに買い物に行った
もちろん不倫などではない
何しろ、このブログは小生の家族が愛読している
という訳で、不倫など有り得る訳が無い
これは、神仏に誓って本当の事だ
もし、小生が嘘をついたなら神様、どうか嘘つきな私を天国へと召して下さい
もし、小生が嘘をついたなら仏様、どうか嘘つきな私を極楽へと召して下さい
その友人は化粧水とクリームが切れたので買求めたいらしい
店内でカゴを手に取り、慣れた動きで品物をカゴに入れる
そして、レジの前の「ここで待てテープ」が貼られたラインへと進む
「ここで待てテープ」まで進んだ友人、さっとカゴを小生に渡し
トンボのように素早く小生の後ろに回る
呆然自失な小生、唖然としていると「お次の方、どうぞ」の店員の声
素早く後ろに回った友人、トンと軽やかに小生の右肩甲骨を押す
フラフラと左前のレジに進む小生、仕方なく財布を取り出す
店の出口で待つ友人に、お金を返して貰おうと歩み寄るが
満面の笑みで蝶のようにふんわりとお辞儀をする
小生思わず有料のレジ袋ごと友人に化粧品を差し出す
トンボや蝶ではなく、蝶のように舞い蜂のように刺すが正しいかも知れない
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
ラスカル(イラストにアライグマが登場しませんように)
2020.11.02
時刻は午前5時20分、恒例ウォーキングの途中の事
面積が17.3ha(ヘクタール)もある大きな公園の周りを
(;゚∀゚)=3ハァハァゼイゼイと変質者の如く歩いていた時の事
あっ、そうか。17.3haと言っても諸君には見当もつかないよね
小生の自宅の庭の2倍と言えば分かるかな
えっ!お呼ばれしたことが無いって・・・・それもそうやね
じゃあ、甲子園球場のグラウンドの13倍強と言えばわかるよね
話を元に戻すね。その公園には大池と言って大きく陰気な池があるんよ
そこに差し掛かった時に何かが動いている
犬かな、タヌキかなと思って近づくと、なんと巨大なツキノワグマ
の子どもかと見間違うほどのアライグマの成獣が居るじゃありませんか
奴は逃げもせずに小生を睨みつけてきます
若い頃の小生ならば売られた喧嘩は必ず買うのですが
如何せん、爺の領域に片足をどっぷりと突っ込んでいる小生
無謀と云うものです。
しかし、メンチだけはしっかりと切ってその場を去りました
タヌキとアライグマの違いが、何故分かるのかって
小さなころから、学校の勉強より動物学に励んできた小生
例えて言うならば
全裸の若い日本女性と全裸の金髪碧眼のウクライナ女性を
見分けるようなものなのです
もちろん、服を着ていても見分けは付くのですが、全裸の方が好きです
拈華微笑(ねんげみしょう) = 言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。